2007年 04月 30日 ( 1 )

いろんな人がいて・・・・・

まあ、いろんな人がいて、世の中はソレナリに楽しくなっているのだろうか?
人間模様のゴブラン織り(笑) どれが中心って事もなく、どれがダサイって事もなく。
ぜーんぶ、模様の一種(笑) そんな気がしている。

かつて、執着を手放す事に非常に惹かれた時期があった。 しかし、手放してしまうと、なんか無気力になってしまうんじゃないか、と心配したりして(笑)
でも、手放し方が分らなくて、「諦め」「無気力」という、見覚えのある(爆)行為に走った。しかし、ソレは執着からの解放、とは違うのであった。

D・チョプラ博士曰く、「結果に固執しない。結果を気にしない。」と本で語っておられた。確かに、そうすれば、「今」の行為に集中できるようである。
一方で、「結果に固執しない」事に固執していた(笑) なかなか一筋縄でいかない私であった(笑)

この頃、そう言う事を、全部考えなくなった(笑) 同居人との日々で忙しいから?静かな思索の時間が、無くなったから?(笑)
とにかく、考えなくなった。 そして、「はた?」っと考えてみれば、執着を手放す事に、ある程度成功した?よーな気がしてきた(笑)

それは何か。
それは、「ああ、そう言う事もアリですかね。」と、

「全てOK!!!!」 「どんなOut Comeもおっけい!」 


という姿勢になったのである。寛容、になった?(笑)とも言うべきか。
あ、そう、そーなの。と受け入れる。
来るものは全て、受け入れる。判断せずに受け入れる。「あ、っそー。」

そして一方で、宇宙へのオーダーも継続するのだ。
時折、とんでもないものが届いたりする(爆) が、「こんなん、頼んでないよ!」とケチつけたりせずに、「あ、そー。」と受け入れ、送ってくれた事に、深く感謝するのだ。
そして、ホントに欲しいものをあらためて、オーダーする。
そんな感じかな?

雅子先生が教えてくれた「The Secret」。
本も良かったです。そして、おなすちゃん、が日本語字幕のサイトを紹介してくれました。とても面白かったです。

これをどう受け取るか、活用するか、展開していくかは、人それぞれ(笑)
これが、真実と思えば真実だし、そうでないと思えば、それもアリ。
そう、なんでもアリではないのかなと思うのであった。

ちょっと同じ年代の専業主婦の方に会う機会があった。同じ日本人、同じ年代だけど、その意識や日々向う事って全然違っていたりする。
その御婦人は、成人したお子さんがいらっしゃるが、一般的なサラリーマンでない事で「安定」をとても気にしていた。
大企業に入ったら入ったで、出世競争やイロイロあって、会社は規模が大きく安定してるかも知れないが、本人、というかこの場合、母親である彼女は、また気にする材料が出現するのでは、と思った。
私は夢があって、夢を追いかけることにロマンを感じるけど。 人それぞれ、である。
その彼女、「子供達には独立した精神で居て欲しい。私は主人の世話で手一杯で、子供に注ぐ時間もエネルギーもありません。」とおっしゃっていた。

その御主人は出張が大変多いので、留守がちである。世話、って事は、物理的な世話、食事作りとか、ではなくて、モラルサポートの事を指しているのだろうか?

滅多に会わない専業主婦の方だったため、何か刺激されてしまった(笑) 同居人に、あなたはどんなサポートを求めてるの?と聞いたら、「サポートして貰おうと思った事が無いので、想像つかない。」というお答え(笑)
人は、ほんと、それぞれである。

そして正解ってのはなくて、自分がイイ!と思えば、結局、それでいいんである。
[PR]
by almarai | 2007-04-30 22:23 | 修行日記