お誕生日おめでとう!素晴らしい贈り物を本当にありがとう。

わーい!誕生日だ。いつになく、ウレシイ!

昨日、早朝に会社の駐車場ビルに車を入れる際に、あり得ない切り返しで、車を柱にぶつける。降りてみてみると、結構なダメージ。
わお!厄落とし?(笑)がっかりするどころか、妙に安心した。保険会社に連絡し、警察呼んでリポート貰って、車を見積もりに出して、、、とメンドクサイ事が山盛りになるのに、なぜか、安心した。

昨日、当地の邦人社会の一大イベント「天皇誕生日レセプション」が大使館主催で開催された。今の大使になってから、私のようなシモジモの者にも「在留期間が長い」だけで招待状が来る。駐在員は、GMクラスのみ、らしい。
私の事務所ではGMの所長と私だけに招待状が来た。事情を知らない所長は、事務員の私が招待されて、優秀な駐在員(爆)に来なかったのが納得いかなかったらしい。
暗に、「パーティに行かんでくれんかのぅ。」と言われた。

ジジイ、何言ってんだよ、という言う代わりに、「私は在留期間が長い人リストで選択されただけであって、事務所の代表ではございませんで。駐在員、夏にきたばかりでリストに載ってないだけでは?大使館に照会してみたらいいんでないの?」と親切なアドバイス(爆)

午後になって大使館から駐在員あてに電話があって、丁寧な詫びと招待が来た。駐在員、嬉しそうだった。
私は所長の傲慢な態度にちっとばっかし気分を害していた。疑問に思うんだったら、何で直接聞かないの?って。私に行くな、という権利はジジイには無いで(爆)

そんな矢先に、知人から電話。私が前働いてた会社の駐在員妻のブログの内容が日本人村で話題になってるが、知ってるかと。
知らん(爆) 
ヒマだったのでブログを覗いてみたけど、なんのこたない日常雑記。電話でそれを報告したら、「ビジネスクラスで赴任とか、連れの幼児にもビジネス座席があったとか書いてあるじゃん。そういうのって商社しかしないから、それがイケナイのよ。書いてある内容で個人特定できるから、みんな知ってるのよ、誰が書いてるか、って。」

へ?

だって、ブログに写真公開してるし、子供の名前、実名だし、個人特定されてもいい前提で公開してる感じじゃないのー?
嫌なら、見なきゃいいだけの話じゃん???

と言ったら「そういう問題じゃないのよっ!!」と憤慨されてしまった。
あのねえ。。ま、いっか。朝の所長のフトドキな発言といい、駐在員妻のブログといい、日本人村って不思議よねえ(笑)関係ないからいいや。

大使館主催のパーティには、日本から寿司職人が材料持参で寿司コーナーを展開。私はコレが食いたいだけだった(笑)
知人はいないし、場が持たないのでフツーは日本人がらみの寄り合いには参加しない。

行ってみたら、前の会社の元上司が来ていた。いい人だったんだよなあ。一緒にいた同僚に紹介してあげた。同僚もとても喜んでくれた。
私はさっさと寿司の行列に並び、テンコ盛りに寿司を皿にとって、ガツガツと食っていた。古い知人が元上司と一緒だったので、「どもども」と話し出した。元上司はどっかへ行き、知人と「寿司がうまくてねえ。」と。「あなた、一個ちょうだいね。」って寿司を食ってたら、所長が接近してきた。なんか話しかけてきたので、「あ、所長。こちらは当地に35年住んでるXXさんです。何でも知ってますから、何でも質問してください。」と紹介。
二人の会話は一瞬にして盛り上がり、紹介した私も気分がようございました。

その後、日本食屋のオヤジに会い、「久しぶりやねえ。」と。オヤジは最近不動産で痛い目にあって、なんて話をしていた。私は「ねえねえ、オーガニックレストラン、出店しない?日本食系のヤツ。マクロビみたいなヤツ。ああいうのにこだわるのってお金持ちが多いから、差別化さえちゃんとやれば儲かるよ!」と話を持ち込むと「ええ!Almaraiちゃん、そういうのに興味あるのー?店出すのなんて簡単よー!一緒にやろーぜえ!」

「あのね、それ、私の夢なのよね。ほら、ここの田舎の方に農場あるじゃん?あのへんでさ、パキスタン人指導して野菜作らせるのよ。日本の技術指導、って銘打ってね。で、レストランに『このキャベツは、ハッサンが作りました。』って写真載せるのね。作ってる人の顔が見えるわけね。」と構想の一部を紹介(笑)
オヤジは、「それ、それいいよー!これからそういう時代になるよー!」と乗り気。
盛りあがるか、と思った矢先に、他の古タヌキ(爆)が入り込んできたので会話終了。

しかし。私はこのオヤジにチャンスがあったら話てみたい、って思ってたんで、夢が叶ったような気がした。

2皿目の寿司も食い終わった頃(笑)友人から電話。パーティの後に、夜のお出掛けプランがあったのだ。会場のホテルの外に出てみたら、ぬあんと!

雨!

友人の運転で走り出したが、雨足は強くなり視界が限りなくゼロに!ワイパーの最速が間に合わないほど。滅多に雨の降らないこの国、排水設備が無い(爆)ので、街はあっという間に水びたし!
友人は息子がボクシング教室に行っているが、これじゃタクシーつかまらないよね、って心配するので、「そら、息子迎えにいかなあきまへんで!」と説得。
教室に着いた頃、道路は川のようになっていた。

雨は容赦なく降り注ぎ、稲妻が夜空を瞬間に照らして、とーっても不思議な光景!
私は浄化の雨だなあ~と心から感動。友人にテキストメッセージを送りまくっていた。
これは、宇宙からの私への最高の贈り物、なのだ。

星占いによると、今日の新月で、いて座に13年居座っていた冥王星が抜けるのだそうだ。いろいろな不安定要素は、この冥王星の仕業だったそうな。
私はホント、その通りだと思っていたので、冥王星最後の夜を、嵐で終えてくれたことに、深い感謝の気持ちが湧き上がった。
宇宙は、素晴らしく秩序だっている、のである。

息子を連れて家に帰る途中、道路は川のようになっていた。車に乗っている、というより、ボートに乗っているようであった。
大きな4駆が脇をゴーっと通ると、水面の水がどっと押されて、ドスンと車にあたるので、まるで船の行き来のようであった。

一夜明けて、雨できれいに洗われた町並みを見ていたら、とても感慨深い気持ちになった。
「誕生日おめでとう!」
自分で自分にそういうと、涙が溢れそうになった。
こんな誕生日は初めて、かも(笑)

今夜はタイレストランで誕生日夕食会。
楽しく過ごそう♪っと!
[PR]
by almarai | 2008-11-27 14:55 | 修行日記
<< 今日のカバラ お待ちしておりました、カバラの... >>