<   2009年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

願望の向こう側にあるもの

3月。
怒涛の仕事スケジュールと、急展開していくPとの関係に、なんだか何も考えられなくなっている昨今。
皆様、お元気でしょうか?(笑)

仕事はピークが今日、明日。これは、どうにかなる、というか、ある程度、予測して用意周到に準備しておけば、どうにかなる、ような気がする。

Pとの関係。ワカラナイ!(笑)
わからないけど、なんだかな、この関係を通して、私が体験していくものは、きっと私が必要な事なんだろうと思うようにしている。

友人には、「こうするな」「ああするな」とたくさんの指示を頂いている(笑)
ほぼ守ってきたけど、先週、ちょっとした意識の変容があって「もう、ゲームは止めよう」と思ったのである。
いいじゃない、自分がしたくてするなら。
それによって発生するOut Comeを全て受領する心の準備はあるし。責任、というか。
昔から、私は原因を他人に押し付けない。全て私の責任、って思ってるから。

確かに、それで傷つく事だってある。
ものすごく、ある(笑)
しかしながら、私は「こうしたい」と思う気持ちと、「こうしたらこなって、最悪、自分が傷つく」という気持ちでは、「こうしたい」気持ちが絶対的に大きいのだ。
「こうしたい」と思ってしないと、「こうしたい気持ち」が昇天せずに、いつまでもウロウロするのである(笑)

そして、自発的に「こうしたい」なんて滅多に私は思わないのだ。なので、そんな気持ちを大切にしたい、と思う。
私が責任とってあげるから、好きなことしていいよ、自分!そんな感じ。

それに、人は傷つかない。傷ついているように見えるけど、ハートは傷つかないのだ。
傷つく、痛みというか焦燥感というか、ジレンマというか、「平安でない精神状態」。
それは、何かのメッセージ、ではないかと思うのだ。
そして多くの場合、「自分で自分を愛する」で、傷は癒える。これは本当です。

他者からの愛、ではありません。自分が自分自身へ向ける愛。慈しみ、思いやり、許容、そんなの。
これって、自分へ向けるのが一番難しいように思うけど、一度やってみると、難しいけど、スルスルと深いところから、変容が起きるのを感じます。

私の願望。
私はこの願望の周りで、グルグル廻っている。もう、何年も。
諦めてもいいんだけど、人生への情熱も失くしそうで(爆)、相変わらずこだわっている。

カバラは断言する。デザイアーがその人自身である、と。
私もそう思う。

人はいろんなデザイアーを持つ。経済的な、つまり金銭に対して、地位に対して、名誉に対して、
恋愛に関して。
なぜか。
そういうデザイアーを通じて、人が手に入れたいものは、結局のところ「心の平安」「安らぎ」「満足感」なのである。

お金持ちになって、大きな家を買って、愛する人と住みたい。なぜ?そういう状態がハピネスと思うから。
どういう状態?心配事が無い状態・・・・・。

魂が求めるものは、成功でもお金でも大きな家でも無い。
「自分自身を愛する事」これに尽きるような気がする。

成功や富や異性との関係は、単にツールに過ぎない。が、このツールがないと、そこに到達しないのかも知れないので、とりあえず、デザイアーを追求していくのが吉、のような気がする。


随分昔、コア・トランスフォーメーションという本を読んで、衝撃を受けた。
自分自身の心のふかーい場所、コアな部分は、静かな慈悲の湖、みたいだったから。
それが私自身の本質である、と確信できたのである。
確信したからといって、日常生活は何も変わらない(爆)が、出来事に右往左往しても、最終的に帰結するのは、慈悲の湖、なので、傷つくことも恐れる事もない、ような気がしている。

そして、日常の体験を通して、私は慈悲の湖へ向かっているのかな、とか思っている。

とても気になっているPのことも、Pがどう思うかというより、私がどうしたいか、が大切なのである。
どうしたいのかなあ、よくワカラナイ。
もう全て手放して、宇宙に任せようや!
[PR]
by almarai | 2009-03-09 12:38 | 修行日記