<   2008年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

魔術師の9月


9月1日から、イスラム教の1大イベント、断食が始まる。日の出から日没まで飲まず食わずの1ヶ月。
イスラム教徒は、イフターという日没のお祈り後、ガツガツと一晩中食ってるらしい。日の出前のお祈り前に、ガツガツと朝飯を食って、日没まで飲まず食わず。国教がイスラム教ですので、期間中、会社は6時間労働。街中の飲食店は全て閉鎖。
断食は宗教的な理由だけれど、実際は、お祭り。なので、悲壮感も何も無く、日中、ダラーっと過ごして夜を待つ、という感じ。ショッピングセンターなんか12時まで開いてます。
[PR]
by almarai | 2008-08-28 00:41

酵素効果

まあね、こういうのは比較対照が無い以上、「と思う」でしかないけど。私は酵素効果を実感した、のである。

先週の週末、隣国との国境近くのリゾートで過ごした。 リゾートですから、当然、海の側。いつものなめらかで静かなペルシャ湾と違って、ここはインド洋に面しているため、波のパワーも全然違います。
ドドーン!と波が打ち寄せるし、あの、「磯の香り」がするのである。なぜかだか知らんが、ペルシャ湾では、「磯の香り」は全然しないのである。

思えば。一昔前は、この辺、なーんにも無かったんだよねえ。それが今じゃ、隙間が無いほどリゾートホテルが林立しています。
あのJALホテルだってあるんですから。 JALホテル、友人間では人気が無く、今回の週末リゾートの候補に上がりませんでした。JALホテル、部屋は大きくてGoodなんだけど、庭がね。
無いのよね。プールも狭いし。
だいたい、プールの周りを取り囲んだデッキチェアで1日中寝そべる、がリゾートホテルのあり方、なのだが(当社比)それが無いって。。。
まあ、うなぎの寝床みたいな土地の形状、という条件もあるんだろうけど。今ひとつですなあ。

ので、Rotana リゾートというホテルチェーンを選択。このホテルは、このリゾート最大の高級ホテル、メリディアンに隣接。 広大な敷地、大きなプール。芝生の庭、そしてプライベートビーチ、というリゾートの基本に忠実なホテルであった。

しかし。
一昔前は(笑)、夏なんて閑散としていて、ホテルのレストランは8月休業、なんてとこも多かった。
5つ星ホテルも客引きプロモーション、あの手この手、でなんとか客を引きよせようと必死だったものだ。例えば、レストランで二人でコースで夕食(約3万円)を取ると、ホテルの宿泊がセットでくっついてくる、とか。
宿泊費50%オフでディナー券つきとか。

今はそういうのが無くなり、なんと週末は満室!びっくりしたなあ。ガラガラじゃないか、と思って行ったから。

私はなんかコテージの方が有難い気がして、コテージを頼んだ。これが大きな間違い。
インド洋に面するリゾート地は、私の住んでる砂漠の街よか、多少、涼しい。
が。
湿度が凄い。
ホテルの部屋の大理石(タイルだけど)の床がビショビショ。最初は、掃除したばっか、なのかと思った。
ベッドもじとー、クロゼットに入れたシャツもべたー。
窓ガラス、鏡は水滴がたくさんついて、汗が噴出したかのごとく。

最初、エアコンは22度に設定してあった。
私はこの湿度対策のため、エアコンを17度!!!に設定してみた。
これは効果絶大!!お部屋はカラカラ! でも寒い。すんごく寒い。
夜はTシャツの上にバスローブをはおって、寝た。
隣の同居人、自宅だったら背中丸出しで寝てるのに、この17度の室温では、みのむしのように首までキチっと布団にくるまっていた。

しかし。
寝ていても呼吸はしなければいけない。
どうやら私は口呼吸で寝てるらしく、朝起きたら、ノドが「イガイガ!」これって、風邪の最初の症状じゃん??

しかし、その後、大した事もなく、ちょっとしたイガイガ感のみであった。2泊して自宅に戻る車の中で、熱が出たかな、という感じ。
熱が出た、といっても大したことない熱。私は滅多に風邪引かないけど、引けば、かならず高熱でピークを迎える。40℃くらい?
なので、こんな熱、微熱である。
その夜。
ノドが痛くて数回目が覚める。ああ、これは本格化するかな?と寝ながら思った。

そして朝。ノドが痛い。
洗面所でうがいをしたら、ごっそりとノドの奥から・・・。なにやらカタマリが!お肉のような感じ。
そして、それがヒョッコリ取れたら、ノドの痛みもすっきり消えていた!!

おお!!酵素効果!

私はそう思ったのである。

さて、あと1週間余りで9月。
今年のラマダンは9月1日から、らしい。
私も今回は酒断ちして断食3週間に取り組む予定、である。楽しみ!
[PR]
by almarai | 2008-08-21 21:22 | 修行日記

北京五輪!開会式で満足、っす。

いやはや、凄かった!
私は家にTVのアンテナが無いのでDVDしか観れない、のでTVはヨソでしか見れない。
ので、欧州カップ(サッカー)とか、スポーツバーに出撃している。

今日は北京五輪の開会式。当地は金曜で休日。丁度、金曜ブランチ(食い放題、飲み放題)の会合があった。開会式は当地時間午後4時から。
ブランチ会場はパブだったのでTVがいっぱい。ブランチは12時開始なので、4時までの長かったこと。酒は飲むは、普段食べないもんを詰め込んで満腹状態・・・・。でやっと開会式!
結構な人ごみがTVの前へ。

いやはや、さすが中国つうかなんつうか。あの人海戦術というか。一糸乱れぬ動きに、コンピューターグラフィックじゃないのー、って冗談が出ていた。
花火も凄かった。現地でみたら、さぞかし感動的であったろう。

そして入場行進。
アルファベットでない順番での入場。知らない国がいっぱい!パブでは美人選手にフォーカスがあたると、やんやの喝采!!

もちろん、私はニワカ愛国者になり、日本入場に喝采をささやかに送ったのであった。
日本選手団の入場の際に、VIP席が映った。イメルダ・マルコスのような髪型をしたおばさんが声援を送っていたので、あれれ?と思ったら、首相の奥さん? あの髪型、ちょっと。。。

私の住む国の入場行進、も盛り上がったが、何せ7人しか選手を送ってないので、TVに映る時間が短かった(涙)
旗手は湾岸の空手チャンピオンの女性。彼女は王様の娘、である。スポーツが全然盛んでないこの国、五輪選手は殆どが王族!

4年前のアテネで、王族の一人が射撃で金メダル獲得。当地で大ニュースになったものだ。金メダルを取ってから、そんな王族が五輪に参加していたと誰もが知った、のである。
今回もこの王族は選手として参加。
民族衣装の上に、黒いガウン(王族スタイル)で参加していた。

カナダの選手団に、赤いターバンをしたインド系カナダ人が数名いて、喝采を受けていた。
毎回思うが、インドも人口多い割に、クリケット以外のスポーツをしないので参加者が少ない。
インドでオリンピック開催、なんて当分なさそうです。

英国の入場で当然盛り上がり、米国の大選手団。男女とも征服が一緒であった。
そこで友人たちは、場所を変えてヨソのパブへ行くと言い出した。
私はもう食えない、飲めない状態だったので、タクシーで家路に。
家に帰ってネットで開会式をチェック。

日本の選手団の旗手が卓球の選手、と知った。でヤワラちゃん、まだオリンピックに出ている、事を知った。すげえ。

家にTVはないし、時差の関係で仕事を終えてスポーツバーに行っても、現地時間の午後10時過ぎなので、実況中継は見れないだろう。
なので、私の五輪観戦は、開会式で終わりかな。
ヤワラちゃんの柔道は明日?スポーツバーに行っても、放映されるかどうか疑問。
[PR]
by almarai | 2008-08-09 07:45

実録!酵素のある食生活とそうでない食生活の相違?

酵素、ってどうなんだろうか?

ずっと気になって、ネットで情報収集しているが、なんかハッキリしない感じ。
食養に関しては、いろんな人がいろいろな説を唱えるので、もう試して実体験で「自分に合うもの」をゲットしていくが吉、なのかも。

ずっと昔、この地に偉大なるヒーラーというか、食養アドバイザー、キネシオロジー治療家がいた。昔の日記に書いた事あるけど、彼女は凄かったなあ。 治癒率、95%だそうで、信者も多かった。その彼女、講演会で言っていた。 卵伝説。卵のコレステロールは、人間のコレストロール値を押し上げない、と。
事実、彼女は高血圧症の人達に、1日4個の卵摂取を勧めていた。で、みんな何十年も患っていた高血圧症から、普通の血圧に戻ったんだよねえ。

だから、カラダに入れた養分、食物が、そのまんま、取り込まれるのではなく、何か作用が働く、ように私は思うのである。

さて、私の酵素食(笑)も順調である。今、ちょうど「グアバ」が旬。この辺は、エジプト、インド産のグアバが主流で、東南アジアとかの大きくて、切り口ピンク色のではなく、小ぶりの洋ナシ、って感じのやつである。非常に芳香を放ち、さすが、ビタミンC含有量レモンの3倍、だけはある存在感。
ええ、私はドカンと箱買いしましたがな。って、600円くらいね。30個ほど入ってたかな。

しょうが(指1本分くらい、結構な量です。)、パセリひとつかみ(結構な量です。料理ではこんなに使いません、てな量)、りんご1個(この辺のりんごは小さい)、レモン1個、これが基本。
これに、セロリを足したり、ビーツとか今はグアバ、を足している。
当然、水も入れるので結構な量になります。が、しょうがとレモンの絶妙なコンビネーションで、美味しく飲める(食べる?)

ランチは、適当。適当に野菜を刻んだり、たまに茹でたりしてランチ。今日は茹でオクラ納豆入り。こんだけ。

何でもスクラッチから作るので、市販のソース類は滅多に使わない。私個人はパン、パスタの小麦粉製品も滅多に食べない。

さて、私の同居人。私がこんなにクリーンな食生活であっても、彼は相変わらず私からすれば、「悪い事だらけの食べもの」を止める気配が無い(爆) まあ、ディナーは私が作ったものを食べてるけど。
朝食はシリアルとか、パンにバターたっぷり、ジャム。そして彼はチーズが大好きでよくサンドイッチにしてる模様。
そしてわざわざスコットランドから買ってきた「チーズソース」。茹でたカリフラワーやブロッコリーにかけて食べる。当然のようにまずい(笑)
一度彼が作ってくれたけど、塩茹で野菜だけで食したほうがどんなに美味しいか!(爆)
ってなシロモノ。でも彼は大好きみたいで、しょっちゅう「チーズソース、晩ご飯に作ろうかな?」って言われるので、慌てて自分で晩ご飯を作っている。あんなもの、私は食べない。
そして、DVD鑑賞中、いつのまに買ったのかチップスやスナックをバリバリ食べている。私はそういうジャンクは食べないので買わない。私と買い物に行くと、ジャンクやチーズは買わないので、彼は自分用の買出しをコッソリ実施しているのである。

アルコールに関しても、私はビールとワイン以外飲まない、が彼はジン&トニックとか、ラム&コークとかシャンディ、とか、いわゆる炭酸飲料を良く飲んでいる。ので冷蔵庫にいつもいっぱい入っていて、私の怒りを買うのである(笑)
私は清涼飲料水、炭酸飲料、全く飲まない。

ってなくらい、同居人は汚染されているのである(爆) つうか、酵素の欠乏した食生活の人なのである。

そんな彼が風邪をひいた。
ノドが痛いとかなんだとか不調を訴えて、仕事を休んで自宅で養生。月曜の午後相対して、ずっと自宅療養だった彼。暖かい紅茶とかを飲んではいたが、食事は食欲が無いと食べない彼。無理強いしても仕方ないのでほっておいた(笑) そして3日目。彼は高熱を出してヒーヒーしていた。 4日目から徐々に快方に向かい始めた。

酵素生活者の私は「風邪なんかひかない、かも?」と期待したが、残念ながら、彼が高熱を出した翌日に、風邪の症状が顕著に現れた。
その夕方、木曜日で預言者昇天際で休みだった、高熱が来た。ソファでだらーっとしてた私はそのままウタタ寝。 夜に目覚めた時は、既に快方に向かっていた。
もちろん、食事もしていたし、酒も飲んでいた(笑) 高熱は出たけど、あっという間にひいたし。
風邪を引くと、高熱の後、ノドをやられるのが常であったが、今回、それも無い。風邪のウィルスの違いか何か知らないが、咳も出なかった。同居人は、いまだに咳をしています(笑)

という事で、酵素生活の私と、まったく酵素無し(笑)の同居人で、おそらくは同じ風邪ウィルスにやられたのだろうけど、酵素生活の私の方が、はるかに治癒率が良かったみたいです。

まあ、風邪ウィルスを寄せ付けない、が理想ですがね(爆)

9月になったら、また、断食しよーっと!
ちょうどイスラム暦の断食月も始まるし、いいかも。
[PR]
by almarai | 2008-08-06 15:30