<   2008年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

浄化、してもしなくても

断食は、結局11日で終了。
最後の4日は酒も飲まず、大変に快適であった。次回の断食は、最初から酒無しで!と固く決意した。

んで、何が変わったかというと、特には無い(爆)
まあ、断食で世界が変わるなら、そらー、いいけどもねえ。 実際、世の中は、もうちょっと複雑にできてるみたいだ。
が。
私の食生活は変わった。

断食の最中にいろいろ情報収集してたら、「ゲルソン療法」に辿り着いた。 どっかで聞いた事がある名前・・・。
そうそう、ケン・ウィルバーの名著「Grace And  Grid」で、ガンに侵された妻が試みていた代替療法の一つ、だった。

この療法は、にんじんジュースを多量に摂取し、塩分を取らず、生野菜だけを食べる、という現代栄養学からみたら、「非常に偏った」食養であるが、基本コンセプトは、「酵素を多量に摂取し、がん細胞と戦う」という感じであった。

酵素に関しては、未知な部分も多い。果たして、口腔から摂取した生鮮食品(野菜、果物)に含まれる酵素が、そのまま体内で活躍(?)するのか、とかね。

酵素に関しては、ずっと気になっていたし、ベジタリアンな食生活傾向の強い私でも、他の部分でストレスフルな毎日(笑)なので、酵素、足りないんじゃないか?って思っていたので、このゲルソン療法から、にんじんジュース摂取の部分だけをマネっこしている。

朝食はにんじんジュースのみ。 朝食抜きが良い、という説もあったが、仕事場でにんじんジュース作ってランチとするわけもいかず、朝食は摂取する事に。
このにんじんジュースには、
りんご1個、しょうがヒけカケ、レモン絞り汁、パセリたくさん、にんじん1本、が基本。これに、その日によっていろんな野菜を足している。今日は、グアバ(野菜じゃないけど)。セロリや大根、ビーツなどを使用。

何を入れても、「しょうが」「れもん」風味で、結構イケル。 朝になると、「わーい!ジュースが飲める!」と思うほどである。
美味い!ってんでもないのだが、なんだろう、ジュースを飲み終わった際の、この安心感にも似た満足感。

ひょっとして、にんじんジュース、中毒性があるのか?(笑)と思ったほど。

治療のために開始したのではないから、何か変化とか改善した点とかはワカラナイのだが、調子はいいかな、という感じ。
とりあえず、この「妙な満足感」を信頼して、しばらく継続してみようと思う。

次の断食は9月!次回は3週間目標!!

浄化なんか、してもしなくてもいい(笑) したければすればいいし、しなくても別にOK.
私はしたいから、する!
[PR]
by almarai | 2008-07-27 13:55 | 修行日記