<   2007年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

いろんな人がいて・・・・・

まあ、いろんな人がいて、世の中はソレナリに楽しくなっているのだろうか?
人間模様のゴブラン織り(笑) どれが中心って事もなく、どれがダサイって事もなく。
ぜーんぶ、模様の一種(笑) そんな気がしている。

かつて、執着を手放す事に非常に惹かれた時期があった。 しかし、手放してしまうと、なんか無気力になってしまうんじゃないか、と心配したりして(笑)
でも、手放し方が分らなくて、「諦め」「無気力」という、見覚えのある(爆)行為に走った。しかし、ソレは執着からの解放、とは違うのであった。

D・チョプラ博士曰く、「結果に固執しない。結果を気にしない。」と本で語っておられた。確かに、そうすれば、「今」の行為に集中できるようである。
一方で、「結果に固執しない」事に固執していた(笑) なかなか一筋縄でいかない私であった(笑)

この頃、そう言う事を、全部考えなくなった(笑) 同居人との日々で忙しいから?静かな思索の時間が、無くなったから?(笑)
とにかく、考えなくなった。 そして、「はた?」っと考えてみれば、執着を手放す事に、ある程度成功した?よーな気がしてきた(笑)

それは何か。
それは、「ああ、そう言う事もアリですかね。」と、

「全てOK!!!!」 「どんなOut Comeもおっけい!」 


という姿勢になったのである。寛容、になった?(笑)とも言うべきか。
あ、そう、そーなの。と受け入れる。
来るものは全て、受け入れる。判断せずに受け入れる。「あ、っそー。」

そして一方で、宇宙へのオーダーも継続するのだ。
時折、とんでもないものが届いたりする(爆) が、「こんなん、頼んでないよ!」とケチつけたりせずに、「あ、そー。」と受け入れ、送ってくれた事に、深く感謝するのだ。
そして、ホントに欲しいものをあらためて、オーダーする。
そんな感じかな?

雅子先生が教えてくれた「The Secret」。
本も良かったです。そして、おなすちゃん、が日本語字幕のサイトを紹介してくれました。とても面白かったです。

これをどう受け取るか、活用するか、展開していくかは、人それぞれ(笑)
これが、真実と思えば真実だし、そうでないと思えば、それもアリ。
そう、なんでもアリではないのかなと思うのであった。

ちょっと同じ年代の専業主婦の方に会う機会があった。同じ日本人、同じ年代だけど、その意識や日々向う事って全然違っていたりする。
その御婦人は、成人したお子さんがいらっしゃるが、一般的なサラリーマンでない事で「安定」をとても気にしていた。
大企業に入ったら入ったで、出世競争やイロイロあって、会社は規模が大きく安定してるかも知れないが、本人、というかこの場合、母親である彼女は、また気にする材料が出現するのでは、と思った。
私は夢があって、夢を追いかけることにロマンを感じるけど。 人それぞれ、である。
その彼女、「子供達には独立した精神で居て欲しい。私は主人の世話で手一杯で、子供に注ぐ時間もエネルギーもありません。」とおっしゃっていた。

その御主人は出張が大変多いので、留守がちである。世話、って事は、物理的な世話、食事作りとか、ではなくて、モラルサポートの事を指しているのだろうか?

滅多に会わない専業主婦の方だったため、何か刺激されてしまった(笑) 同居人に、あなたはどんなサポートを求めてるの?と聞いたら、「サポートして貰おうと思った事が無いので、想像つかない。」というお答え(笑)
人は、ほんと、それぞれである。

そして正解ってのはなくて、自分がイイ!と思えば、結局、それでいいんである。
[PR]
by almarai | 2007-04-30 22:23 | 修行日記

休暇はどうしますか?

私は毎年5月で契約更新。なので、5月に「30日の有給休暇+日本までの往復チケット」が支給される。
この辺のExpatsの間では、アタリマエ。 景気のいい会社だと、8週間だとか、2ヶ月とか、そんなとこもあると聞きます。

さて、長期休暇を一度も取った事が無い私。 30日の休暇はバラで取得し、日本行きの往復チケット分は、現金にて頂いていたのであった(笑)
出かけたのは一昨年のネパール行き、昨年のスコットランドくらい。どっちもほんの10日間だった。

休暇に出ない、旅をしない私が、久しぶりにホリデー!
それは、会社がこのあたりでのオペレーションに力を入れ、人材も投入するって事で、偉い人を寄越してくるのだ。
どれくらい偉いかちゅうと、今仕えてるボスより、7倍のバジェットがある、そんな感じ。
私もトコロテン式に、その偉い人に仕える事になった。

既に面通しも済んでいて、なかなか、感じのヨサゲな人で一安心。今仕えてるボスは定年で、役職はそのままだが、彼より偉い人がくるので、求心力は無くなる。
と、そんな感じ。

転職したいと思って8年もいる会社。
最近は、どーでもいいやって思ってる。 期待もしないけど、失望もしない(笑)
そんな感じになってから、なんか、清々しい気持で仕事が出来るようになった。

「イヤだな、コイツ」と思った人は、全員、退職or帰国!してしまったし、もう、イヤだな、って思う事自体が無くなった気がする。

ええっと休暇。
今、候補に上がってるのは、
・コサムイ
・トルコ
・ギリシャ
・エジプト
6月なので、スリランカやネパールは雨季となりパス!雨の無い国に住んでいると、休暇先で雨が降ると、得した気分になる。
そんな私でも、雨季のビーチリゾートはパス!(笑)

いつか。
東西を隔てる分岐点という、ボスポラス海峡を見る! それが私の夢の一つでもあった。だから、トルコかな?ネットでちらりと見たら、「6月が最高!」ってありました。

ギリシャ。イワシが美味しいんだって。是非、イワシ食べ放題@ギリシャ、なんてのも実行してみたい。

エジプトは紅海でシュノーケリング。あまり気が進まない。なんか、暑そうな気がして。

という感じかな。
彼に「フィンドホーン」を提案したら、「ぜーったい行かない!」と拒否されてしまいました。
ああいうのって、二人で行くから!面白いと思うんだけどなあ。。。。


さて、これは私のお気に入りのJude Law。最近、彼の出演作、「Breaking & Entering」を見た。いやー、カッコイイ!! 私が思いを寄せる俳優は英国人ばかり。あの、妙に神経質そうで、それでいて優しそうな、そんな雰囲気がとても好き(^^)

d0025733_2155362.jpg

[PR]
by almarai | 2007-04-26 21:59 | ヨガ-私の祈り

ベン先生、再び??

ヨガ再開の兆しもなく、その気もなく(笑)、淡々とした毎日を送っていたら!今さら(笑)ベン先生の記事が、当地の新聞の週末特別付録に出ていた!3ページにわたるインタビュー記事と、うるわしいお写真(涙)
ベン先生、元気かなあ~。
記念なので、ここに掲載してしまおっと。

Bikram yoga exponent and former elite swimming coach Benn Lees tells Aryeman Raj of his life-changing experience when he took up Bikram yoga.

Success leaves clues. Read biographies of famous people and you'll figure out what works in life. Most successes have a common thread. A story of someone who had a dream, faced a struggle, and finally tasted victory.

What made those people different from others is that they went all out to realise their dreams. If the dream was a call to action, an inner longing to strike out on an adventure, they chose to heed the call and take the journey.

Like Benn Lees, a 35-year-old Bikram Yoga trainer who was with Club Stretch fitness centre in Satwa till some time ago. (He is now in Hong Kong and is a trainer and teacher with a Bikram Yoga studio there.)

Lees loved swimming and even as young boy in Australia, where he was born and grew up, he was keen to represent his country in the Olympics in water polo. That was the dream.

"I surrounded myself with my dream," says Lees. "The walls in my house were completely covered with Olympic memorabilia. I read about the Olympics all the time, watched the events with great enthusiasm.''

However, he missed the bus by "being involved in the University party life. There were things more important to me than water polo during university which meant that I did not spend the appropriate amount of time on training to maximise my potential as an athlete," says Lees.

But he did not give up. If he could not be on the team, he was keen to be in some way associated with the team which was preparing for the Olympics.

Lees's talents in the water had already been recognised.
"When I was 20 years old, Queensland State's body offered me to coach the under-16s water polo boys team. The coaching scholarship which came in 1994 gave me an opportunity to work under the tutelage of the seniors men's coaches at the time,'' he says.

This held him in good stead and he was soon an assistant coach to the Australian water polo team.

Personally, too, he was growing as he 'learned something new from the amateur and seasoned athletes' he had to train.

Though momentarily disillusioned that his team was unable to win a medal for Australia in the last Athens Olympics, he bounced back and took charge of his life.

Someone who gave elite athletes hope and strength, he is now a certified Bikram Yoga trainer coaching people to commitment and action for their fitness needs.

His tenacity, commitment to his goals and his enthusiasm is enough to inspire even the most disillusioned person to begin a plan of action. Lees is sure that ordinary people can achieve extraordinary things if they follow a few simple steps.

The turning point
"You always win by taking the journey. The journey transforms you," says Lees. "Something life-changing happens when you decide to take the journey. If you refuse to quit, you will inevitably find you have hidden resources and abilities within you.''

For Lees, that crossroads moment came when his team returned from the Olympic Games in 2004. "We hadn't achieved what we wanted to. I realised that my priorities in life changed."

It was sometime in early January 2005 that Lees was introduced to Bikram Yoga (in Brisbane) courtesy his girlfriend. At the time he was in the doldrums, his life was going through a trough.

"I wasn't happy in my job, my partner was living in Dubai while I was in Brisbane. I had no idea where I was going in my life," he remarks.

The unhappiness led to stress and his mind lacked peace and tranquillity. "(But) driving home from my first class of Bikram Yoga I knew that I had stumbled on to something special.

"My body and mind felt more relaxed than they had in years. I was filled with a positive energy. I love it because every time you practise a class of Bikram Yoga you learn something new about your body and mind.

"It is an immensely challenging and enriching experience which has led to positive changes in thousands of people's lives around the world. Seeing the changes that it made to my life, I decided to quit my job as an elite water polo coach," says Lees.

What followed was six months of practising the art in Montreal, New York, Amsterdam, London and Hong Kong. He finally mastered the technique with nine weeks of intensive training with the Bikram Yoga Centre centre in Los Angeles. He got back to his first love - coaching - but this time with a different dimension to it.

"I get a high seeing the improvement in body and mind that a student gets with consistent practice ... Knowing that I am playing a part in helping someone make a positive change in their life is the ultimate reward.''

An intense workout
Bikram Yoga is a sequence of 26 classic yoga postures and two breathing exercises designed to scientifically warm and stretch your muscles, ligaments and tendons in the order in which they should be stretched.

It is a challenging, exciting and vigorous 90-minute series created for everyone, regardless of their fitness level, body type or experience. The series systematically moves fresh, oxygenated blood through your body, restoring and maintaining a healthy system.

Coaches are normally sportsmen who are fulfilling their dreams through others. How did you take up this career?
As a young Aussie kid, I had a passion for swimming. An association with water polo became an instant attraction.
Although I always dreamt of going to the Olympics, I missed the boat as an athlete during my university life. At the age of 20, I made a decision that I would pursue a career in coaching.

I was in a good position to do so as I was nearing the end of a Human Movement Studies degree, and was coaching a number of junior teams while still playing.

I decided to leave University and was offered a full-time Coaching Scholarship at the Australian Institute of Sport in 1994 (at the age of 22).

I was fortunate to spend a year in Canberra, with the Australian Senior Men's water polo team coaches as my mentors. It was a real fast track in my coaching career. I returned to Brisbane in 1995 and was immediately employed as an elite coach.

In 1996, I was appointed assistant coach to the Australian junior men's water polo team, including a fourth placing at the Junior World Championships in Havana, Cuba in 1997. Things just kept moving forward from there.

Wasn't it an intimidating experience being a young coach to senior or more experienced athletes?
When I was 20 years old, Queensland State's body offered me to coach the under-16s water polo boys team. The coaching scholarship which came in 1994 gave me an opportunity to work under the tutelage of the seniors men's coaches at the time.

As a 22-year-old, it was quite intimidating since I had not achieved what they had achieved. Second, I was quite younger than them. I managed to develop a strong working relationship with the athletes.

We developed a mutual respect and passion for the sport and the goal we had in common. Work hard, listen and always be willing to learn were my paradigms. I realised that you never know everything, there is always something new to learn from everyone you meet.

Any physical techniques...?
Making the athletes physically prepared for competition, I would try anything to get them fitter, faster, stronger and tougher.

If I were to get back into elite coaching I would make it compulsory for the athletes to do Bikram Yoga at least twice per week. It is physically and mentally one of the most challenging forms of exercise that I have seen, with far-reaching benefits for total athletic improvement.

For me, it is very important for an athlete to be a well-rounded and balanced individual. Stay focused on your sport, achieving your goals but also try your hand at other
dimensions which life has to offer.

Do not get so carried away with your goals, that you completely disown and sacrifice your family. They will always be around for you, even after the event of your life.

Bikram Yoga: Some postures
Although all of the postures are equally important, here's a brief outline on three:

Balancing Stick Posture (Tulandandasana)
A balancing posture performed on one leg. With the arms locked against the ears, one leg is raised to create a straight line with the upper torso. In this posture, torso, leg and hands are parallel to the floor.

Benefits:
It increases cardiovascular circulation, especially to heart blood vessels. It may help clear blocked arteries and may prevent future cardiac problems. Since it creates a total spine stretch, it relieves stress from spine. This pose exercises the pancreas, spleen, liver, nervous, circulatory system and builds strength in the legs.

Floor Bow Pose (Dhanurasana)
Lying on the stomach, bend the legs up and grab both feet from behind. Kick the feet up and back towards the ceiling and squeeze the shoulder blades back together.

Benefits:
It increases circulation to the heart and lungs and subsequently improves oxygen intake by opening the diaphragm and expands the chest region. It also opens the shoulder joint and helps frozen shoulder conditions. It increases spinal strength and flexibility and tone of spinal muscles.

This revitalises spinal nerves by increasing circulation to spine. It reduces abdominal fat and strengthens abdominal muscles.

It helps cure or relieve lumbago, rheumatism, arthritis and menstrual problems. It also strengthens concentration and mental determination, helping develop internal balance and harmony.

Half Tortoise Pose (Ardha Kurmasana)
Sit on your heels, with knees together. Arms come up over the head and palms glued together. With a straight spine the body is bent forward from the waist until the forehead and little fingers are touching the floor. The arms are stretched forward and hips back to the heels.

Benefits:
Basically a rejuvenation pose providing maximum relaxation, it also assists in relieving digestion problems and constipation. While it stretches the lower part of the lungs, it increases lung capacity and is excellent for respiratory conditions.

It firms the abdomen and thighs, increases flexibility of hip joints. Also, it relieves stress and migraines, helps with insomnia.


d0025733_17375544.jpg

[PR]
by almarai | 2007-04-24 17:38 | ヨガ-私の祈り

フィンドホーン!に行ってみようか?

次の休暇。どこに行こう?
季節柄、ネパールは雨季。雨ばかりでは、なあ。

スリランカ、も候補に上がっている。物価は安いし、辛い食べ物も大好き。でも、何しよう?(笑)
知人達のコメントで、一番人気があったのが、ミャンマー。いつか行ってみたいけど、触手が動かないんだなあ、全然。

インドでヨガ修行。これが一番現実的かと思った。どっかのアシュラムでヨガ三昧。私はインディアン・ベジタリアンは毎日でもOKなので、近安のインド、かなと思っていた。
今朝も顔を洗いながら、考えた。
でも、ヨガ修行に行く前に、ヨガ再開して、鍛錬しておかないと、なんて考えだした。「準備」が好きなのね、私(笑)

スコットランド産の彼に、「フィンドホーン知ってる?」と聞くと、聞いた事無い、と。ネットで検索して見せる。スコットランドの北部、らしい。
「ねえ、フィンドホーンに行こうよ。スコットランドの聖地らしいよ。」
「で、何なの、フィンドホーン。」
「ターニップ(西洋カブ)のでっかいのが採れるらしい。寒い場所なのに。」
「ええ?」
「それから、巨大キャベツも。」
「君は農業をしたいのか?」
「いや、そうじゃなくてさー。巨大なターニップが収穫できるほどの『聖地』って事よ。」
「ゲラゲラゲラ~」(大笑い)
「何で可笑しいの?」
「だってー。ゲラゲラ~。ターニップのでかいのが採れたら、聖地なの?げらげら~」
「そういうのを奇跡、っていうんじゃないの?」
「あのさー。スコットランドでは、ハロウィンにカボチャの代わりにターニップ使うんだよ。
それくらい、ターニップ、でかいんだけど?」
「う・・・」

というわけで、未だに彼を説得できていない(笑) なんか、胡散臭そうだな、って言う態度なので、そうでないことを説明し、英語のサイトの印刷したのをあげたけど、全然、興味無いみたい(涙)

でも、こういうのに全然関心を見せない人ほど、ワークショップとかに連行すると、激しい変化を見せたりするんだよな。
ま、人によるけど(笑)

という事で、今は、フィンドホーンに気持が高まっている。寒いのは困るので(笑)、冬の前に行きたいなあ。
良く考えると、私は「聖地」と呼ばれる場所に行った事が無い。せいぜい、日本の神社程度である。

うーん、巡礼?(笑)
[PR]
by almarai | 2007-04-16 21:44 | ヨガ-私の祈り

魔術師に会って、魔法にかかる!

魔法使いに会っちゃった!!

パウロ・コエーリョのサイン会♪ 2時間並んでサインしてもらったけど、もう、大ファンだし、大魔術師として尊敬しているので、時間とエネルギーを費やした甲斐がありました。

サイン会のお知らせは、先週、新聞紙上で発見!絶対に行くぞ~と、ココロに誓った!
そうです!思えば叶う!思う事が、現実への第一歩!

こういうのって地域性が如実に出るわけでして、新聞発表のサイン会の内用と、主催者に電話して直接聞いた内容も、かなーり違う。
同居人と「どうしたもんかなー。」と話会っていたが、私は、なんとなーく、敬愛するパウロ・コエーリョに会って、魔術師のエネルギーを分けてもらおう!って思っていた。

サイン会は月曜午後。私は仕事がどんなに忙しくても!早退する事を決心していた。
パウロ自身の著作にも何でも出てくる、「前兆」。そして流れに従う事。それを見事に表現するかの如く、私のボスは私が早退するというメモを出した直後に、出かけていった。

無口な人だが(私と話さないという点で)、月曜に限って、出かける前に、私のデスクの前に突っ立ていた(笑) 感じは良かったので(まあ、いつも感じのイイ人ではある。)「世界的に有名な作家のサイン会に行こうと思いまして。てへへへ。」と言うと、「あー、そー、いいよ、いいよ、んじゃ!」と言って去っていった。
12時過ぎ。
私はボスが出かけてすぐ、帰宅した。渋滞していて、事務所の近くの自宅についたら1時。
サイン会は5時からだけど、4時半から書店で新刊本が発売されるというので、ランチがてら早めに開催場所のモールへ。

モールの書店の位置を確認、書店の人にも内容を確認、安心してランチを食べに行く。書店の人は、「混雑が予想されますので、3時半頃に来て行列して下さい。
ランチを終えて、書店の前を通りかかったので、何気に覗いてみたら、3時前なのに30人くらいの行列が!サイン会は「先着200名様」なので、私はアタフタと列に並んだのであった。

思えば、このサイン会の第一報の時点で、同居人は「僕は行かない。興味無いし。」と言っていた。が、最近の意見の食い違い等で、彼なりに私に親切にしようと思ったらしく、「サイン会、僕が午後早い時間に行って、引き換え券ゲットしてあげるよ。」と言っていたのである。
が、結局、二人揃って出かける事になった。

2時間近くが経過し、行列もかなり長くなってきたせいか、予定の時間より早く、書店をOpenしパウロ本の販売を開始した。
彼は「僕は要らないから、君の友達にあげれば?」とか消極的な事を言っていた。二人の間に欠けている「決定的な何か」に注力してしまえば、あっけなく結果は出るだろうなぁー、と思いつつ、でも、どうでもイイや!(爆)という気もしていた自分。
なーんとなく、小骨がノドに刺さった状態?
同居人は、「なんて書いてもらおうか?」と盛んに聞いてくる。 私は「メリー・クリスマス!」とか「ハッピー・イースター」とか言って笑っていた。

「ごめん。正直に言えば、僕は君を大好きだけど、愛してない。」 そう言った彼。「そうだよね。そんな気はしていた。だって1回もそう言われた事ないもんね。」と思った私。
感じてはいたけど、言葉はパワーで現実なので(笑)、言われた後、かなり気になっていたのも、一方で事実。

君は僕を愛してるの?という問いに、即答できなかった私(爆)
愛してない、って言い切る人に、もったいなくて言えないわ!(爆)と思ったのが正直な気持。

そんな彼は何度も、「I love you、From Paulo Coelho」と言って笑っていた。
そして順番が近ずくと、そういう長いコメントでなく名前だけ、そして一人2冊まで、と。
じゃあ、私は私の名前を、あなたはあなたの名前を書いてもらおうよ、って事になった。

大作家は、黙々とサインし、握手し、次の人にサインしていく。大作家は、写真で見るのと同じだけど、もっと年取ってる感じ。無地のTシャツにジーンズ。どこにでもいそうな人、という印象であった。

どんどんと人が流れていく。地元のマスコミか何かTVカメラや写真マンが大勢来ていた。やはり、絵になるからか何か、民族衣装を来た人の番になると、フラッシュの量がとても増えた。

私と大作家の距離が縮まった時、一瞬、パウロ・コエーリョがゆっくりと私の方に顔を向けた。
そして私と一瞬目が会った!そして、すぐ、ナニゴトも無かったかのように、サインを続行していた。

魔術師!


その後、私の番が来た。私の名前を告げる。だいたいスペルを聞かれるけど、彼は何も言わずに私の名前を書く。私は聞かれてもいないのに(爆)「日本から来ました。」と。
大作家は来てくれてありがとう、といって力強く握手してくれた。

私の直後は同居人。
なんか談笑しているではないか!
後で聞いたら、大作家は、彼の順番になったら、「ちょっとここで休憩。水が飲みたい。」といってテーブルの上の水を飲んだそいうだ。
彼が(新作はThe Witch Of Portbello)「僕はエジンバラの出身なんだけど、Portbelloは近くですよ。」というと、大作家、「あ、そう。来週、グラスゴーにサイン会に行くんですよ~。」

大作家の隣に、主催者側と思しき女性が立っていた。私は直感的に、「あ、この人、スコティッシュ!」と思った。なんでだか、そう思ったのだ。

その女性が、同居人と大作家との会話に「私、グラスゴー出身なんです!あそこは、いつも雨なんですよね。」と談笑に参加したそうだ。
私が見ていた限りでは、大作家は黙々とサインをしていて、会話はしていなかったので、同居人はとてもラッキー?だったのだろう。

そして同居人にはパウロ・コエーリョ直筆サインにLOVEという文字が添えられていた。同居人が求めたものではなく、パウロ自身が書いてくれたそうだ。

その後、二人でブラブラしながら、また意見の食い違いを経験し、なんかイヤーな気分のまま、時間が過ぎていった。
こりゃ、気分転換が必要!と、二人でスポーツバーに出かけ、クリケットのワールドカップを観て、プール(玉突き)をして、ただ、ひたすらビールを飲んでいた。

結構飲んだ。どうやって寝たか記憶に無いほどだ(笑)
朝、目覚めて、ぼーっとアルコールの抜けない頭で考える。
「彼が私を愛していなくてもいいじゃない。それは彼の問題だわ。」という発想が起きて、彼を揺すり起こす。
二日酔いだ、という。
私は静かに彼に話した。

私は私の世界をとても愛している。
私の人生を愛している。
私の人生に登場してくれた人達を愛している。
だから、あなたの事も愛してる。
I LOVE YOU, I LOVE YOU、 I LOVE YOU,


彼は「だって、君は愛してないって言ったじゃない?」
「え?ワカラナイ、って言ったのよ。」というトボケタ会話をしていたが、彼がなんか嬉そうだったので、ま、いいかと思った。


なんだか知らないけど、サッパリとすっきりした気分だった。
そして、これが大魔術師パウロ・コエーリョの魔法なのか、と思ったのでした。


d0025733_17393390.jpg

[PR]
by almarai | 2007-04-10 23:26 | 修行日記

パウロ・コエーリョのサイン会は、明日!

本日はイースターSunday!
趣味の会の開催日ですが、セクレタリー嬢2名ともクリスチャンで、「教会に行きたいので、早退したいけど。」と言われ、うーん、仕方ないよね~。
二人とも早退しちゃうと、私が電話番?(笑) 最近は、みんな携帯に電話するので、会社の電話なんて滅多にかかってこないが。
私が早退して趣味の会に出かけたところで、別に、2時間程度の事なので、業務に支障とかないけど(笑)
要は「イメージ」。その辺の関係で、今日は趣味の会への参加は見送って、定時まで会社でネットサーフィン、じゃなかった(爆)、仕事、しよう。

そして、明日、私は午後休んで、

パウロ・コエーリョのサイン会に行く!!

嬉しい!私が一番好きな作家!以前はリオデジャネイロに住んでたらしいが、今は南フランス在だそうだ。
この前、エッセイ集みたいのが発売されていて、それに出ていたのだ。同時に、インタビュー本も買って読んだけど、エッセイとシンクロしていて面白かったです。

パウロ・コエーリョもなかなか、面白い人生を送ってる方のようで。名作アルケミスト、あの本の前に出た「The  Pilgrimage」は、パウロの魔術団員としての経験を元書かれていて、大変に面白かった。
スペインの巡礼地、サンチャゴを巡礼するお話なんである。 巡礼は聖地に行く事より、その巡礼の過程が大切みたい。
人生みたいね。生まれて、死を迎えるまでの「期間」に、何をするか、であって、死ぬ事は目的ではないものね。

私は昨夜、同居人と意見の食い違いによる、「争い」を経験した。私は争いとは全然思ってないけど、相手は「どうして、こんなになっちゃうの?君はどうして僕をUpsetさせるの?」と言われてしまった(苦笑)
「そんな気は全く無いよ。Up setさせようなんてインテンションは全然ありません。そう思うのだったら、やっぱり、Misunderstandingだと思う。」

ゲームしていて(バックギャモン)、初心者の私にセオリーを教える彼だけど、私がそのセオリーを無視しようとした(笑)事が発端。

こんな話題はしたくないけど、しなきゃいけない時もあるのよね!と思った私は、冷蔵庫に長い事保管してあった「日本酒」をドボドボと注いで、思い切り飲んでしまった。
そして赤ワイン、ビール(笑)

こんな話しても無駄かなと思いつつ、まあ、ココロに留めておくより、放出した方がいいかと思い、言いたい事を言ってしまった(笑)

「アナタは私を愛してないから、そういうココロの深い所を象徴して、こういう事が起きるのだと思う。結局、アナタはいつか出て行く、私はそんな気がする。だから私は、自分自身が傷つかないように、アナタの存在に執着しないように心がけているの。いいのよ。どこへ行こうが、何をしようが、それはアナタの勝手。」

「君は僕を愛してるの?」

「・・・・ワカラナイ」(爆)

「正直な気持。すまないと思うけど、愛してない。でも、君がとても好き。すんごく好きだ。」そう言っていた。

「今、愛してないなら、この先も愛する事無いと思うよ。だって、そういう感情って、何もないとこから努力で育てるものじゃないじゃない。工場で何かを生産してるのとは違うし。」

「それは君のセオリーか?」

「そう。愛してない人と一緒にいると、いろんな感情のクズを相手にぶつけたりするもんだと思うよ。愛してないと、それに耐えられない。愛があれば、耐えられるのだろうけど。だから、あなたは私の言動にUpsetしてるんだと思う。」

そのうち私は酔っ払って(爆)、まあ、どうぬでもなれ!という気持で寝てしまいました。
翌朝、彼に「昨晩はすまなかった。」というと、今、話したくない、と(笑)
「あ、そう。じゃ、私は会社に行くから。」

会社に行く途中、年上の友人に電話する。
「愛してない!なんて言われちゃった。こりゃ、長く続きそうもないわ。」なんて報告がてらに、状況説明。彼女は「私くらいの年齢になると、LoveよりLikeの方が大切だって感じるの。彼があなたを好きなら、それでいいんじゃないかと思うけど。Loveがなきゃダメだって思うなら、それもそれ。アナタが決める事よ。」というまっとうなお答え。

そうだろうな、そりゃ(笑)

会社で仕事しながら、彼に電話してみる。もの凄く落ち込んだ声で電話に出てきた。
話の続きをしようとしたら、「その話はしたくない。仕事に戻って。」と。

あ、そうですか(笑)

今日は趣味の会で、一緒に行くかどうかって話をしてたけど、会社に来て見たら、秘書がイースターで早退するというので、私は定時までオフィスに残るので、趣味の会には参加できない。
そうか、そういうことか~。

そうなるのかな?
このまま解消してしまうのか?
それとも、これを乗り超えて妥協点を見出していのか?
どうなんだろう?

まあ、どうでもいいのかも知れない(爆)
その割に、贔屓の占い師に電話してみたり(爆)でも、留守みたいで電話が繋がらなかった。
自分で答えを出せ、って事?かな。

また一人暮らしに戻ったら(爆)また、ヨガ三昧の日々でも過ごそうかな!
以前みたいに、他者の言動でシドロモドロにならない自分に、へえ、と思ったり。というか、執着してない、のかな?

ま、どうでもいいや!!
個人的な事だけど、まあ、人生はみんな個人的な出来事の集大成だもんね。
あー、スッキリした♪
[PR]
by Almarai | 2007-04-08 20:04 | 雑感-できごと

なんですかね、これ?

なんか、コメントにへんなのが?イタズラですかね。
どうしたら消せるのかな?

と思いながら、こういう事する人の心理を推察してみる(笑)
わかんねーよなー(笑)

閑なんでしょうかね??
世の中、いろんな人がいるもんです。
[PR]
by almarai | 2007-04-05 21:28 | 雑感-できごと