<   2007年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ヨガを休止、再開未定。野生のイルカに癒される旅!

わーい♪ イルカは可愛い

本当に可愛い。なんか、笑っているように感じるよねえ。
海に住んでるので、魚みたいに思ってたけど、存在感は「犬」に近いかなと思う(笑)
犬って、笑うし、尻尾なんか振ってヨロコビを現してくれるけど、あんな感じ。

私は永らくダイビングをしていたので、海中の魚を、群れで、単独で何度も見かけているが、「気持が通じた!」と感じた事は無い。 魚、なんである(笑) 
でも、イルカは、感情が伝わってくるんだよねぇ~。

私は隣国で野生のイルカを見るまで、野生のイルカを見た事がなかった。TVではいっぱい見た事あるけど。
最初に出会ったその瞬間から、私はイルカが大好きになった! いやー、かーわいい!

d0025733_1515429.jpg


今回は、ダウ船(笑)の「イルカの住む湾」の滞在期間が長く、たくさんのイルカの群れを見ることが出来た。大きなファミリーだった。
もう、スイスイ!という表現がピッタリ!のおよぎっぷり。もう、感動しまくり。
水面にイルカの姿が見えると、話し掛けたくなる♪不思議(笑) 

イルカは尾ひれをビンビン振ってる様子もないのに、ダウ船を追いかけて、猛烈なスピードで泳ぐ。時々、軽いジャンプなんかもしながら。
猛烈なスピードで船を追いかけてくるのも単独ではなく、2匹とか3匹。この時、船体に凄く接近してくるので、イルカの「笑顔」が見えるのである。

イルカの笑顔は、笑顔のホテイ様に似ていた!(笑

そして、しばらく追いかけっこしたら、スーっと視界から消えるのである。船上の人間達は、キョロキョロ辺りを見回すが、まったく、どこかに消えてしまう。
そして、しばらくすると、ずーっと離れた場所の他のダウ船から人間の歓声が上がる。
イルカ達は、他の船の乗客をもてなしていたのである(笑)

この辺は、「アラビアのノルウェー」(笑)←言いたい放題やね!と呼ばれ、フヨッルドみたいな地形で岩山が続いている。
そんな岩山の小さな湾に張り付くように、漁村、村と言うより、集落があるのだが、何にも見るものが無いので、そんな集落が観光スポットになっている(笑)

d0025733_15301211.jpg


これで3回目!今回が一番、イルカとの遭遇が多かった。
なんだか、1日中でもこの湾で、イルカ達の側にいたいな、という気がした。 たくさんの湾があるが、イルカはここにしか住んでいないらしい。
いや、案外、他に住んでるけど、『人間を歓待する場所』として、この湾を利用してるのかも?(笑)

北米辺りでは、イルカと泳ぐヒーリングセッション、みたいのがあるらしいが、この湾では、人が泳いでるのを見た事が無い。何か理由があるのかな???

そして。
こういう場面にいると、必ず聞かれる事。

「あなたがた日本人は、こんな可愛いイルカを食べちゃうってホント?」おう。来たか(笑)  で、私はキッパリ!と答えるのだ。





ホント!だよ。 We eat them!


だいたい、ここで会話終了(笑)
「それがどうした?」という態度が相手を黙らせてしまうみたいね。 いや、私だって、何が理由か知らないけど、「こんな可愛いイルカさんを食べちゃうのお?」って思いますけどね。
私に質問するヤカラは、そういうんじゃなくて、「日本人としてのワタクシ個人へのチャレンジ」なんである(笑)
だから、明確に、ハッキリ、キッパリとした態度が必要なのである。

「それがどうした?」


相手が環境保護団体とか(笑)だったら、私は何も言わないでしょう。「それ相当の機構、機関をあたってくれ。」と。
個人的には、私は食べた事も無いし、食べようとも思わないので、返答のしようが無い、です。

まあ、世の中イロイロだわな(笑)


そして、私は ヨガレッスンを更新していない。
つまり、ヨガ教室に行っていない。
行きたいとさえ思わない(笑)
嫌いになったわけではない。
が。
自分がヨガしていた?のが、はるか昔の事のよう??にさえ思える。

いつか復活するのだろうか?
どうして?
あんなに好きだったのに?
インド・ヨガ修行は?

自分への質問は、尽きない。
答えは、無い(笑) ワカラナイ。
再開したくなったらするし、その気がしなければ、しない。

そういう事である。

d0025733_16403139.jpg


今回の旅は、岩山と海!でも透明度が悪くて、クラゲがいっぱい浮いてました(涙) シュノーケルセットを買ったので、強引にシュノーケルしたけど。いまひとつだったなあ。
[PR]
by almarai | 2007-03-27 16:37 | 修行日記

ヨガをせずして、ヨガに邁進??

ヨガ熱もすっかり引いてしまった(笑) なぜだろう??飽きたのかな?(爆)
以前のような楽しさや、満ち足りた感じはあまりない。ベン先生がいた頃は、「どうしようか?」と迷う事はなく、行ける時間には必ず行っていた。
ヨガが全てに優先していた。人にも会わなかった。会ったとしてもヨガ後。
ランチタイムのヨガも熱心に通っていた。
朝ヨガに行った日は、夕方も行くようにして、1日2回という感じだった。
行っても行っても、もっと行きたくなる感じだった。ヨガ底なし沼?(笑)

どうしたのかな?
行きたくない!(笑) Alex先生のせい?いや、違う。BF?いや違う。絶対に違う(笑) 去年、知り合って熱心にデートをしてた時期でも、私はヨガを優先していた。デートする日は、ランチでヨガができる曜日限定だった。
デートのために、ヨガを「犠牲」にする事は、一度もなかった。というか、選択肢になかった。
まずは、ヨガありき、であった。

いつのまにか、行かない理由を捜してる自分がいる。
そんなときもあるかな?
来週、3ヶ月パッケージが終わる。
ヨガを始めて、足掛け5年。疾走してきたヨガ街道(笑) ここらで一休みかな?と思ったりしている。
彼には「僕の存在のために、何かを始めたり、辞めたりしないで。」と言われている。うーん、チョット違うな。
彼の存在は、多分、キカッケに過ぎない。
彼がいなかったら、きっと別な事由で、私はヨガに休息を与えたであろう。そんな気がする。

刺激が足りなくなったかな?(笑)
やっぱ、先生によるよな~。。。インド?インドへ修行に行く前に、もっと修行しようと思ってるのだが。
ま、いいか。せっかく近所なんだし。ちょくちょく行けばいいか。

と、独り言でした。
[PR]
by almarai | 2007-03-19 19:07 | 修行日記

キャンピングウィークエンドで自然に触れる

先週は、毎年恒例の友人の「ファーム」でキャンプ!
この辺の人は、郊外にファームを持ち、そこで緑に囲まれながら週末を過ごす、がお金持ちのステイタスの一つになっている。
ファーム、農場と言うだけあって、敷地内に山羊、ニワトリ等を飼い、ひろーーーい庭のはじっこでは、孔雀が長い尻尾(?)を邪魔くさそうに歩いてたりする。

デーツ(なつめやし)のプランテーションはファーム必須アイテム。そして、デーツの根本には、昔からこの辺に伝わる「水の道」で、水遣りが行われている。
デーツのプランテーションには、小川のような遣り水の水路が巡らされ、木漏れ日が小川の水を反射して、キラキラ輝いて、それはそれは美しい風景、なんである。
小川のせせらぎ、そしてデーツに集まってくる小鳥達のさえずり・・・・自然って、いいなあぁ~!(笑)

もっとお金持ちはファームも豪邸で小さなパレスの如き、である。そこに、農場維持のための労働者、家を維持し、かつ、突然の訪問にも対応できる使用人が常駐しているそうだ。
友人はそこまで富豪ではないので(笑)農場維持のために6人くらいは雇ってるが、住宅部分の維持の使用人は家から連れて行くカタチ、らしい。
今回、奥さんと一緒にファームに来た彼は、使用人を2人連れていた。

キャンプ地はオマーン国境付近の山岳地帯。
間違っても、テロリストが潜んで訓練してる、なーんてことは無い(笑) 
不思議なもので、拘置中に胸を病んだ彼は、ずーっとセキが止まらなかったのであるが、田舎に行った途端、ピタリと止まったのである。

彼はスコットランドの結構な田舎(笑)の人なのだけど、スコットランドに戻っても、ずっと咳き込んでいたそうだ。医者に行っても「熱がないなら、それ、そのうち治るから。」と薬も出してもらえず、だったそうで、ずっとストレスの原因になっていた。
が、農場でピタリとセキが止み、なんと15時間も寝ていて、ハイキングも参加せず、農場付近にあるダム見学も、全部参加できなかった程、睡眠を楽しんでいた。

キャンプなんてしたことなかったそうだが、今回の農場でのカラダの反応に気を良くして、またキャンプに行きたいと言い出した。
そして今回、自前のテントを持って行ったが、なぜか!テントの支柱が見つからず、テントが張れなかったのである。
運良く、友人がゲストルームを貸してくれたので助かったが。

彼は参加者のテントの中にマットレスが敷いてあるのに感銘し、値段を聞けば激安で、絶対欲しい!と言い出した。
そして今週末はビーチでキャンピングウィークエンド。
彼はカルフールでテントと空気マットを購入して御満悦(笑)
食事と酒は主催者が用意するので、テントだけ持っていけば良いのでラクチン。

と言う事で、今週はビーチでキャンピング!でございます。

しかし。
どこでも早起きな私は、誰もが寝静まってる午前6時とかに目が覚めて、もう寝れない。。ので、その辺をウロウロしているしかない。
家と違ってキャンプでは、何もする事がないのだ。新聞も来ないし(笑)

そうか、ヨガすればいいんだ!(笑)
マット持っていこうかな?

d0025733_14592634.jpg

[PR]
by almarai | 2007-03-08 14:59 | ヨガ-私の祈り