<   2007年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

引き寄せの法則!こりゃー、面白い!The Secret、ですがな。

雅子先生に教えて貰った本、The Secretを読んでいます!!これは、大変面白い本です。
私はこういう見えない世界が大好きなんですが(笑)そういうのの、集大成と言っても過言ではないかも。
読書が趣味な私は、その分野に関連してはかなり情報収集してるので、最近は、目新しい説(笑)とかにほとんど、出会っていない。既にどこかで語られていたり、何かで読んだり、という事が多い。

というか、私は知識として蓄積はもういいから(爆)、実践の課程に進まないとね!って感じなのだ。
オレンジを見たことも食べた事も無い人に、ああだ、こうだ、と延々説明するよりも、食べて、味わって、感じて貰うのが一番、だと思うが、その際、ある程度の知識は、感じ方を深めるのに役立つ、よーな気がしませんか?(笑)

それで、The Secretなんですが、チョットしたクレンジングの技とか、潜在意識の活性化の方法とかが、さりげなく散りばめられていて、まさに、至言満載の本。
古今東西のトラディションから、数多くの言葉を引用しているのですが、それは聖書の言葉だったり、ヒンズー教に伝わるコトワザだったり、いろいろなんだけど、そういうのを読んでると、古代の賢人たちは、もっと、宇宙の秩序、法則を深い所まで知ってたんでは?なーんて思うのだ。

新しい事は、多分、何も無い。それは既にどこかで語られていたり、受け継がれていたりしていて、誰かが最近発見した!って事は無いのだ。
たとえば、ニュートンが法則を発見する以前から引力は存在したわけで。
宇宙に秩序も法則も厳然とそて存在し、私たちはソレを、見つけていく作業をしてるだけなのかも知れないな、とか思ったり。

秩序や法則は万人にあてはまり、例外は無い。そういう意味で、人はあまねく、法則の影響下である。(と思う)
が、一方で、感じ方、味わい方は各人各様で、おんなじ、ってーのは無いのかも。傾向、はあると思うが。
そこに、個人として存在する意義があるのかな、なーんて思ったり。

最近、主食の雑穀+玄米ご飯に入れてる「押し麦」が切れていて、韓国スーパーに買いに行かなくちゃ、って頭の隅っこで思ってから、「韓国」がやって来た!(笑)感じです。
ありゃりゃ、と思ってたら韓国スーパーのそばに用事ができちゃうし(笑)
彼は韓国スーパーをもの珍しげに見ていた。家に帰ってきてから、「あの、キムチ?ってやつ。冷蔵庫で売ってたあれ、何?」と聞いてきた。
韓国の漬物で発酵食品である、と説明したら、「次、絶対に食べてみたい!食べさせて!」とお願いされてしまった(笑)
そうです。私は「キムチを引き寄せ」ているのです(笑)

彼は私の懸念をヨソに、あっさりと玄米雑穀・ひじき入りご飯を受け入れてくれた。やれやれ(笑)
しかし、スコットランドに戻っていた2週間の間に、拘置所暮らし(笑)で激痩せした体重が戻っていた。戻ったというより、もっと太った?感があった。
「何~?せっかく痩せたと思ったのにぃ!あっという間に戻っちゃったわけ?」と詰め寄ると、「ハギスのせいだ、ハギスの!」とスコットランド伝統料理ハギスに責任転嫁していた。
ちなみに、私はハギスは大嫌い(爆)

オーガニックスーパーで、美味しそうなパンを衝動買いしてしまった。私は滅多にパンは食べないけど、彼はパン好き。なら、少し高くてもカラダにいいものを、と。
しかし。
彼のモンダイ(笑)は肉食ではなかった。バターの摂取量のせい!!
目の前で、彼はバターを1センチくらい切り取って、ちぎったパンに乗せていた。そして、バターはデンマーク産に限る、とか薀蓄を垂れていた!(笑)

「バターって?私は滅多に食べないけど、食べるとしてもうすーく伸ばすから、バターの味なんかしないよ!」って言うと、彼は「ふんふん」と聞いてるフリして、さらにバターに手を伸ばしている。

「ねえ、アナタはパンを食べてるんじゃなくて、バターを食べてるのね?バターにパンを敷いてる?って感じよね。」と言うと、「玄米ご飯もバター乗せたらもっと美味しいよ。」と反論されてしまいました(爆)

その後、彼が咳き込んでると「ほーら、原因はバターの取りすぎよ!」
朝起きれずにホゲホゲしてると、「バター摂取過多で目覚める神経がやられたのよ!」
運転してて道を間違えると、「バターの食べすぎで血管が詰まって脳が動かないからよ!」
と、ネチネチと私に嫌味を言われている(爆)

早くも、「うっとーしー女だな?」なんて思われてたりして?(笑)
イカン、イカン、そんな思いを引き寄せないよーに、ラブラブでいないとね!(笑)
[PR]
by almarai | 2007-02-27 19:29 | 直感コメント

新しい世界?

ヨガ復活後も、順調に、かつ、淡々とヨガに通っている。

気が動転していた数週間が、ウソのよう。 でも、あーんなにクタビレていたのは、ほんの2週間前、だったんだなあ、と感慨深い。

本日、なんとはなしに占い師に会う(笑) 今年は「変化の年」だそうで。たくさんの変化に見舞われるとの事だ。
質問は?と聞かれて、なんとなく思いついた事を質問して、最後に、「これが質問!」というのを質問して、と言われるのだが、その前のカード展開中に占い師が殆ど話てくててるので、聞く事が無い(笑)
なんとか、質問をひねり出している始末。 でも、この彼女、心根が優しくて、とても癒されるので好きだ。占いの確度に関しては、あまり気にしていない(笑)

さて、唐突ではあるが、流れがそんな風になって、間もなく、彼がまたもこの国にやってきて、今回、私達は一緒に暮らすことに決めた。
私は「魔の3週間」のインパクトが強すぎて、その後、何を語ったかあまり記憶に無い(笑)が、なんか、そんな事になった。
魔の3週間の後、彼がもの凄く優しくなった。自分でも「方針を変えた」(笑)と言っていたが、非常に喜ばしい変化では、ある。

最初から大好き!なんて全然思う事もなく(笑)、「まー、デートの練習でもしてみっか。」、という感じで始まった付き合い。彼が昨年5月に出国してからは、私は英語でメールがめんどくさくて、月に2回しか出さない事もあった。自然消滅していくか、に見えた関係であった。
そして、10月。ラマダン明けの休暇に予定していたタイがホテルが取れなくて、急遽、スコットランドに変更。それは単なる、思いつき、だったのだ。予想外に楽しかったスコットランド。24時間一緒にいても「苦にならない人」な彼。
私は気難しいので(爆)人見知りするし、激しく気疲れするタイプなのに、全然、楽な人である。

なんか熱心になった彼に押され気味(笑)だけど、ま、いいかな、っと。
今の心配は、玄米と菜食をどうしようか、と言う事。私は続けるけど玄米食。彼は肉とかチーズとか「体に悪い食品」が大好き(笑)そんな人に、イキナリ玄米雑穀ご飯に味噌汁、切干大根はなあ、、、、とか、真剣に考えてる私(笑) この前、私の大好きな中華レストランに行って、私が大好きで必ずオーダーする、「昆布の千切り中華ドレッシング和え、コリアンダー入り」は、「これ、苦手」って言ってたもんなあ。。。
でも、私の事好きなら、きっと、玄米雑穀で菜食も受け入れるかも?(笑)

こんな転換期に、人は案外、しょうも無い事を心配するもんだ(笑)

そして、8年間仕えたボスが帰国決定。
ボスも定年、かな。役員待遇でも、結局、取締役の席にはありつけなかったみたいだ。上の方は席も少ないしね。
そういえば、8年勤めてるこの会社、私的には最長記録である。
次に来る人も決まっている。なんか、誰が来てもいいや、って感じ(笑)
占い師は、ボスが自分で事業をはじめて、あなたを呼ぶ、と言っていた。それもいいかもな~(笑)

ま、楽しく仲良く暮そう♪
[PR]
by Almarai | 2007-02-20 23:35 | 修行日記

5年目のヨガ!やっとスタートライン?

3週間のブランクを経て、ヨガに復活!
いつもと変らないスタジオ。でも、その光景を見る私自身は、大きく変革していた、よーな気がした(笑)

以前は、すごーく癪に障ったアレックスによる「ダラダラレッスン」(笑)も、以前ほど気にならなくなった。
アレックスったら、口頭で90分リードしていくのがコンセプトのビクラムで、自ら生徒と私語を交わし、それによって、ブツっとレッスンを中断するんである(笑)
以前は、それに腹を立てていた私(笑) そういうアレックスへの不満は、ヨガ教室から私を遠ざけてもいた。

そんなアレックスに、今回、私は何も感じなかった。レッスンが中断されても、私は私の中で、ヨガを続けていた、そんな感じ。
カラダは動かさないけど(指示が無いため)、呼吸を整えたりしていた。大多数の生徒は、私語を交わしてるアレックスを、じーっと見ていたが(笑)

そして、騒音を立てる生徒!(笑) 以前、これにも私は腹を立てていた。非常にディストラクティブだったのだ。
敬愛するベン先生に愚痴ったほどだ。
騒音を立てる生徒がいた。が、そんなものも、もはや、私のココロに雑音を立てなくなっていた。

どうしたんだ、自分?(笑)

この変化には私も不思議だった。ヨガに行けない3週間、私は「我ココロ、ここに在らず」な日々で、ぜーんぜん、学びとか、覚醒とか関係ない、「いったい、ぜんたい、どーなってるのぉ?」な日々、だったんである。

思いついたことを口走るアラブ人オフィサーに翻弄され(笑)心身共にクタビレ果てた日々、であった。 絶望、に近い徒労感に満ち、なんか、もうだめ~~!って感じだった。
その中、私は「徒労」だろうが何だろうが、「私にできること」を全力でした。
アラブ人が、右へ行け!と言えば、それに従い右へ行き、右へ行けば、左の後ろだよ、と言われ、従うしかない(笑) 左の後ろに行って、2時間待ち、やっと面会できたオフィサーは、「ここじゃないよ。」   絶句して卒倒しそうになりながら、「じゃあ、どこなの?」 「知らん」
そうして振り出しに戻る、という不毛の繰り返し、だったのである。

ヨガなんか行ってる場合じゃない(爆)という感じ。

でも、不思議と、そういう「根拠の無い話」をするアラブ人に、腹も立たなかった。それどころか、親切だな、と思った。親切な人も一杯いた。 最近は知らないけど、日本で、ガイジンとして刑事事件の容疑者(笑)として、警察で親切にして貰える、よーな気はあまりしない。
が、ここでは、みんな親切、だった。
あっさりと、超法規的な措置もとってくれた。 って、容疑者で、犯罪者じゃないから。 ま、濡れ衣と、Misunderstandingの積み重ね、だったんですがね。 1ヵ月前に移民法が変ったばっかりだったり、とか。

てな感じで、「いや~ん!」と思う事は多くても、叡智を養うような出来事ではなかったけど。
思えば、私は「目の前の事だけを、一心不乱にしていた。」 もの凄く疲れたけど(笑)
先のこととか、結果、とか考えられなかった。
とにかく、何かしなくっちゃ、どっかで解決のヒントがゲットできるはず!と思って、動いていただけ、なのである。
というか、じっとしていられなかった(笑) のだ。

瞑想でもして、ハートを鎮めて、起きた事を感謝で受け止める、なーんて、ムリムリ!(笑)
瞑想?あと、あとにしてよー!って感じ(笑) 

まあ、いろいろあって解決した時は、何も考えられなかった。
警察に居たので、泣けなかったけど(笑)、安堵の涙が出そうだった。

こんな経験、もう二度とゴメンです!(笑) 

しかし、この「今に生きる」(爆)という経験が、私のヨガを根本的に変えた?かもと思った。
って、まだ数回しかヨガしてないけど。なんか、そう思った。

情報過疎の地にあって、ヨガを発展させるのは、容易ではない。が、不可能でもない。
かろうじて(笑)アドバンテージは、インドに近い事。 徒歩で、ってわけにはいかないけど(笑)、飛行機で2時間半でボンベイ。

なんて、著名な先生や、Goodはアシュラムは、全部、北米に移りました!なーんて事ないよね?
今年は、インドに行く! ヨガに呼ばれてインドに行く!のであります。
[PR]
by almarai | 2007-02-15 22:06 | ヨガ-私の祈り

やっとヨガができるまでに気分が回復!

3週間、ヨガをしなかったって、画期的!
しなかった、というか、する気が起きなかったのだ。

この3週間、いろんな事が起きて、修行の足りない私は、そういう「外側」に思い切り振り回されて、ココロの芯が宙に浮いてしまった。
ヨガすらする気になれず、かといって、鬱ってたわけでも全然無く(笑)、単に、「我がこころ、ここに在らず」状態だったのである。

そういう時に限って、仕事が忙しかったり、滅多に降らない雨が降ったりと。世の中はいろいろ、であはる。

事件も収束した、ような気がする。
もう、どうでも良い事だ(笑) という気もしてきた。あんなに感情が乱れていたけど(笑)

結果、私との関係が、とても深まった?みたいだ。
こんな事を経験しないと固まらない関係?(笑)とか、シニカルになったりしないで、ありのままに受け止めていこうかと思う。

彼にも言ったけど、私はヨガより大切なこと(人)を見つけました。

見つけた、というか在った(居た)のですが。比較できる問題でもないんだけどね。
そして、特筆できる事は、事件の収束に私のEXが大きく貢献してくれた事、である。
すっかり遠のいた関係ではなったが(笑) ふと、「再婚の時、EXは招待すべきか?」(爆)とか心配していたのだが、答えがアッサリと出た。

彼の問題解決に大きくEXが貢献した事で、二人はお互いを知る事になった、のである。
「彼」は初対面で、すぐ私のEXだと分ったそうだ。EXは一言もそういう事言ってなくても。
「え?なんで?」と聞くと、写真で見かけた、とのお答え。そんなハズは無い。私はEXの写真なんか1枚も持ってない。
ま、でもいいか、どうでも(笑)という事で、深く追求はしなかった。

どちらかというと、人にキビシク(笑)批判的なEXだが、彼の事は「いいヤツだ。私は好きだよ、彼。だから解決に力を貸したかった。」と言っていた。

EXと復縁とか、そういう事は全然在り得ない話であるが、違う部分で、小骨みたいにハートに何かが、引っ掛かっていた。
今回の件で、EXが相当に尽力してくれた事で、そんな私の長年の「良く分からないが、憮然とした気分」(笑)が溶解した、気がした。
多分、私と彼とのカルマの環が閉じたのであろう。

EXも、今年は再婚するそうだし。
その後の関係がどうなるか、わからない。 ただ、「あの頃」の私、そしてEXを私は長い長い時間がかかったけど、「許せる。」ような気がした。
そして、本当の意味で、EXとの関係が終結した、とそんな気がしたのでした。

彼にとっても晴天の霹靂な事件。
私にとっては、私自身の人間関係を知る、すんごい経験になり、
私と彼との関係は、一気に深くなった、のである。


ヨガにも行けない3週間、私はこんな事を経験していたのでした。
[PR]
by almarai | 2007-02-12 18:42 | ヨガ-私の祈り

驚愕!!ヨガに行かない(行けない)自分を発見!

なんちゅうか、消耗してしまった。マインド、ボディ、スピリットが繋がってる!って事を激しく自覚した2週間でございました。

この5年近く、ヨガに行けないような事態、病気も含めて、は起きなかった、って事は、案外、ハッピーなのかもなあ、とか思いました。

こんなにヨガにはまってて、いいのだろうか?(笑)
一体、どんなデキゴトが、私にとってヨガ以上に大切なのか?
ってか、そんなもの、無いのかも?

とか思ってたら、モノゴトは突然、嵐のようにやってきて、当然、準備もしてない私はあっけなく、吹き飛ばされたのでした!
自分の弱いとこ、を、つぶさに思い知った感じ。
普段、隠してるのか、出てこないのか、どうだか知らないが、知覚してない自分(あまり素晴らしい!とは思えない部分)を確認する事態が起きたのであった。

いやはや。

何も手につかない、という状態。
私が落ち込んだところで、状況は変らない。そういうのはモノスゴク認識してるにもかかわらず、現実に打ちのめされて、何もできませんでした。
何もする気が起きなかった。
なので、何もしなかった。

いや、正確には、起きた事件の解決には全力を注いだ。
しかし、ココは人知の及ばない事が起きる中東(爆) 砂漠に水を注ぐような行為ってーのに、非常に徒労感を味わいました。
結果、結果、結果がよければ全て善し、という環境にいる私には、自分のしてる事の先(結果)が真っ暗!というのに、すんごく疲労困憊した。

アラブ人は、「知らない」って言葉を知らない(笑)
ので、適当な事を思いつきでモノを言う。公職の立場にある人が、だ。 そら、私だって「ウソ」「ホラ」とは思わないから、その通りに行動してみると・・・・なんの根拠も無い話だった事がわかるのである(笑)

知らないんだったら、知らないって言えよな!

そして、何故か知らないけど、規則を文章にするのを嫌がる傾向が多い。 法的な事も含めて、Procedureってのが無い(笑)
なので、右往左往しなくちゃなんないのである。

こういう事は、私の普段の静かな暮らしに存在しないので、大変疲れたのでした。
やっと事件もトンネルの出口かな、という感じ。

あああああ!!!
[PR]
by almarai | 2007-02-04 16:44 | 修行日記