<   2006年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

そうだ!エジンバラへ行こう!!そしてヨガるのだ!!!

ラマダンの終わりには休暇がある。EIDと呼ばれるソレは,お祭りに近い感じ。回教徒は新品の服に身を包み、親戚や家族と楽しいひと時を過ごすらしい。
祭日が少ないこの地域、EIDは大イベントである。政府は5日間休みになり、民間企業も3日連続の休みになる。
サウジアラビア辺りでは、10日間ほどクローズになる。

言い換えれば、このEID <巡礼の月にもEIDがあります。正確には二つのEIDホリディがあるけど、賑やかさはラマダン明けEIDが上手な気がします。> 以外には、連続した休暇ってもんが無い!(涙)

そんな私に(笑)朗報が!! 趣味の会の世界大会(笑・あるんですよ、マジで。2年に1回!前回はウェールズのCardifでございました。私は2002年のゴア(インド)大会に参加しております。)がチェンマイで開催され、それが、ちょうどラマダン明けEIDと重なったのである。

ヤッタ!^^

EIDはみんな小旅行に出かけたり、近隣国の人は国へ帰ったり、欧米系の学校はミッドターム休暇をぶつけてきてる(笑)ので、当然、飛行機が混雑します。
私は3月から!!予約していたのだ。
この国から出る人も多いけど、バンコク-チェンマイもかなりの混雑が予想される。何しろ、6千人!が、世界大会開催の3日間、チェンマイに集うのだ。

チェンマイダウンタウンに位置するスタジアムがメイン会場という事で、世界から集結した同士達は、チェンマイのダウンタウンにひしめくのである(笑)

何の趣味って、ビールを飲む会。世界中に組織がある(笑)
私の住んでる場所では、毎週日曜に会合が開かれている。 ここからチェンマイには、30名も参加する。

以前に参加したゴア大会も素晴らしく楽しかったので、私はチェンマイ参加を楽しみにしていたけど、事情が変り、行き先を「エジンバラ」に変更。

実は、私は英国に全く関心が無い(笑)行った事も無い。行きたいと思った事もない。そんな時間とお金があったら、大陸欧州、イタリアやフランスに行く!と思ってる。
興味が無いので、頭に地図が浮かばない。そら、世界地図を見れば、欧州大陸にへばりついてる島が「グレート・ブリテイン」というのは知ってる。

けど、ロンドンの位置とか良く知らない(笑) そして今回はエジンバラに行くのだが、ここからダイレクト便はなく、ロンドンとかアムスで乗り換えになる。
知り合いのスコティッシュに聞いたら、「グラスゴーに直行便が出てるから、そこへ行くといい。グラスゴーからエジンバラは電車でもすぐだよ。」とアドバイスを頂き、速攻でグラスゴー行きを予約。

そして、やっと地図を見た。
「へー。」

昨日、Lonly Planetも買った。
冬服も買った^^

そして、今、エジンバラ-アシュタンガヨガ、とかを検索している。 私ははるかエジンバラくんだりまで行ってもヨガしかしないのだろうか?(笑)
[PR]
by almarai | 2006-09-26 19:01 | 雑感-できごと

ヨガ成長記-その2-

今日はヒマなので、ヨガに関して何かUpしようと思ったその瞬間!!ボスの御帰還(涙)
そんなもんなのねー。

えっと。
成長ちゅうか、私は宅ヨガが「どーしても」できなかった。メンドクサかったのである。以前、ハタヨガ教室に通ってた頃、敬愛していた若いシバ先生が、澄んだ瞳で淡々と語っていたのは、

「早朝、日の出の刻に、太陽礼賛を6セットを1時間かけて毎日練習できれば、教室に来る必要は、ありません。ヨガはそれで充分です。」

シバ先生の太陽礼賛は、非常にゆっくりとした動きであった。60分のクラスの半分は太陽礼賛を3セットで消化していた。
残りで立ちポーズと寝ポーズをしていたが、シバ先生は「ゆっくり派」らしく、各々2、3ポーズで制限時間一杯という感じ。60分のレッスンで、シャバアサナ入れないで、4~5ポーズ程度であった。

んで、2、3回は宅ヨガをしたけど、すぐエクスキューズが見つかってしまし(簡単!)途中で放棄してしまった。
シバ先生のお言葉通りに、「日の出の刻に起きる」事自体が、深酒の翌日なんか難しかったし。って酒飲まなきゃいいんだけど(笑)

そして、自宅でできないエクスキューズの一つに

「自宅用ヨガマットが無い!」

があったので、今日、自宅用ヨガマットを購入したぞ!(笑) 
ヨガマットは一つ持っているが、ヨガレッスン専用で、車の座席に置きっ放しで、家に持ち帰らない。
しかし。
ヨガマットを車から持ち出して、家に持って帰って練習すりゃいいじゃん、自分?(笑)
なんて、怠慢なんでしょう。

まあ、良い。ヨガマットは買ったし、どの道、早起きで朝は早く起きてるから、その気になれば!!宅ヨガができるハズだ。
家にはヨガのポーズの本もあるし、なんたって、カラダはカタイとはいえ(笑)ヨガ歴4年。ポーズがワカンナイ!って事はさすがに自分もエクスキューズとして選ばないだろう(^^)
ふふ。どうなるかしら?

と、こんな気になったのは、「雅子先生の自宅でできる3分ヨガ」影響です^^。雅子先生、ありがとうございます!
また、アシュタンガ・ヨガ道を修行しておられるシカゴのMindyさんのブログにも触発されました。ありがとうございます。

なんか、時期が熟したのかな?って、まだ練習開始してないけど。
最近、いつものヨガクラスでちょっとした変容が起きたりして、なんか、もっとヨガに触れたいなあ、なーんて思ってるのであった。
[PR]
by almarai | 2006-09-19 22:12 | ヨガ-私の祈り

ヨガ成長記

来週から、世界的にラマダンに突入となる。ラマダン、とはイスラム世界では大切な行事。「断食」の月なのですね。
日の出から日没まで、飲食をしない、喫煙もしない、セックスもしないんだそうで。

もちろん、非教徒にも断食のオキテが適用され、「ナニビトもラマダン期間中、公共の場での飲食は禁止」になり、街中のレストランは日中営業しないのである。
モールの小売店なども、回教徒の従業員が多いと、夕方まで閉めてる所も多い。
しかし、モールもラマダン期間中は午前1時までOpenし、多くの人で賑わうらしいから、なんともスゴイ。みんな、できるだけ夜は起きていて、沢山食べて、昼間は寝ている、という感じだ。

政府機関等は、勤務時間が短縮され、それでなくても遅い役所仕事が(爆)さらに遅くなる、というか、ストップしてしまうような感じ。
断食が何事より優先もされるので、仕事の能率は考慮されないのである。

というわけで、イスラム教徒も非教徒も、「ラマダン!」が一番影響を受けるイベントであるような気がします。私の会社にイスラム教徒はいないけど、ラマダン期間中は「6時間勤務」が指導されます。ので、ランチブレイク無しに、3時までの勤務となります。
ま、会社でお弁当食べても、誰も何も言わないけど。

なので、ラマダンが来ると、「ああ、1年経ったんだなあ。」としみじみ感じる。日本のお正月みたいな感じ、西洋ではクリスマスかな?一番インパクトが大きいような気がする。

という事で、私はラマダン期間中、仕事が早く終わるので、余裕で6時のヨガクラスに参加できる。毎日、行きたいものだ(笑)

ヨガの成長、というか、ロルフィングのセッションを受けてから、何かが変ったなあと感じる。柔軟性?かな?うーん、カラダとの対話がスムースになった?そんな感じかな?
いずれにせよ、「やっててヨカッタ!」と思うので、まだまだヨガ熱は続きそうな気配です^^
[PR]
by almarai | 2006-09-18 16:33 | 修行日記

納豆自作大作戦で、はじめての失敗!

週末、友人と夏が過ぎる前に納豆自作をしようという事になった。
今年も既に数回作成しており、そのたびに、素晴らしい納豆が出来て、天然の納豆ムロになるこの気候に感謝したものである。

今回は、思い切って「大量生産」してみようという事になり、1キロずつ大豆を持ち寄り、トータル2キロの大豆で納豆を作成。

私はオーガニックスーパーで、ドイツ産の「オーガニック大豆」で挑戦。
友人は、日本の母が送ってきたという、多分、10年くらい前の自家栽培大豆と、フツウのスーパーで買ったインド産大豆。

お互いに1昼夜浸水して、納豆製作に取り掛かった。
この段階から、随分、違いが見えた。友人の大豆は浸水してる間に、随分と「泡を吹いて」いたのだ。
それは浸水していた部屋の気温によるのでは、と思う。友人はキッチンに置いていたが、キッチンにはエアコンが無くファンだけ。使用しない時は、随分暖かい。というか暑い(笑)友人宅は一軒家なので、外気温の影響を受けやすい。

私は自宅のキッチンで浸水しておいた。アパートメントなので、上下の家がエアコンを入れてると、私の部屋も間接的に冷えるらしく、日中、家に誰も居ないのでエアコン切っていても、そんなに室内気温が上昇する事も無い。

ので、私の大豆は浸水中に、少しだけ泡を吹いたにとどまった。

そして、産地によって、茹でる前から随分と見た目も違っていた。 どんな風に違うかと言うと、
・ドイツ産 ⇒ 小ぶりで、黄色い。とーっても黄色かった。
・日本産 ⇒ 水に戻すと、4倍程度に膨らんだ。でかい。そして色は濃いベージュ。既に納豆の色!
・インド産 ⇒ 場所柄?色もサイズもドイツ産と日本産の中間であった。

さて、500グラムずつ、圧力鍋で蒸す事に。まずはドイツ産から蒸す。圧力鍋の素晴らしい点は、たった20分で大豆が柔らかくなる点。ブランド志向だった時代の私(笑)が買ったので、圧力鍋はドイツ・フィスラー社の一番大きいヤツです。

蒸し上がった大豆の状態で、日本産は「?」という感じであった。浸水時点で、水が臭っていた。友人は浸水してる水を取り替えるという発想が無かった様子。

納豆作りは、至って簡単。蒸した大豆に、市販の納豆を加え、納豆菌のエサの砂糖水を少し混ぜて、後は、キッチンペーパー、ラップでくるんで、出来上がり。
コンテナを庭に放置して24時間で、納豆の出来上がり!なんである。

ネットで検索したところ、自家製納豆で一番の難点は、「保温」らしい。納豆菌が繁殖する気温が38℃から45℃という事で、皆さん、いろいろ工夫していた。
ココの素晴らしい点は、夏の間、気温が40℃を下らないという点。保温に苦労しなくても、天然の納豆育成室なのだ。

なので、今回まで一度も失敗した事が無かった。

翌日の夜、納豆の出来具合&完成式典(笑)に友人宅へ。4つのコンテナを庭から回収して、ラップと紙タオルをはがす。
あんなに黄色かったドイツ産の大豆も、立派に納豆色に変化!!

いい感じだ!^^

そして、まずは敬意を表して、日本産の大豆使用の納豆コンテナにトライ。

あああ!糸が引いてない!(涙)

そう。糸が引いてない。味見をすると、少しすえた感じの茹でた大豆の味、であった。愕然!失敗したのだ。
次。インド産大豆の納豆。見た目は、インド産が一番上品(?)で、美味しそうだった。4つのコンテナとも表面の大豆は「膜」がちゃんと張って、納豆菌が上手く繁殖してるかに見えたのである。

ガーン!@@
インド産大豆も、糸が引いていない!!味見してみると、日本産ほどの腐った感じ(笑)は無いが、やはり、茹でた大豆。
なんか、友人も私もショックで無口になっていた(笑)

くらーい気持ちで、最後にドイツ産大豆の納豆を試食。びよーーーーん!糸が立派に引いている!力強い粘り!ああ、納豆だ!納豆である。試食してみる。納豆、である。
蒸した時点では、この黄色いドイツ産大豆は、甘味が非常に強く、いわゆる「大豆」の味があまりしなかったので、私は密かに、やはり納豆作る大豆は国産か、アジア産じゃないとダメなのか?と思ったくらいなんである。
そんな心配をヨソに、ドイツ産大豆は、立派に納豆に変身していた。

ダンケシェーン!な気持ちであった(涙)

結果、2キロ作って、1キロは納豆菌が繁殖せずに失敗に終わった。殆どが同じ条件下だったのに、運命の分かれ道は?と、深夜まで失敗の原因をあれこれと探ったが、今ひとつ、結論が出ていない(笑)
違いは、浸水時の泡と、タネにした納豆くらい。私は夏に家族が日本から持ってきた納豆を使った。友人はココでゲットした冷凍納豆を解凍したものを使ったが、見た目はどっちも同じだったんだよね。

うーむ。シンプルだが奥深い納豆作り!
私はうなだれる友人に、自分の準備したドイツ産大豆使用の納豆を半分あげた。友人は遠慮したが、一緒に作成したんだから、成功も失敗もシェアしよう、と説得(笑)

今回の失敗を糧に、再度、気温が下がる前に、今年最後の納豆作成プロジェクトを実施予定である。
[PR]
by almarai | 2006-09-11 17:34

Self-esteemの欠乏が原因とハイアーセルフは語る

2日間にわたり、滅多にない「コノヤロ」感を味わった。その感情から派生して、呪いだのリベンジだのいろんな思いが浮かんで消えていった。
人はいろんな感情や妄想をココロにしまい込んでるねぇ(笑)

そして気持ちに鞭打って、夜のヨガ教室へと向う。朝7時のクラスにも参加したけど、今日の私はヨガが必要な気分。
朝も休暇から戻った女性の先生。夕方のクラスも彼女だった。

朝のクラス。久しぶりの彼女のクラス。2ヶ月ぶり?は、なんだか心身共に癒されたクラスであった。先生は今妊娠中なので、母なる気分が溢れてる時期なのだろうか?
いつもと同じクラスでも、私の気分が違うだけで、こんなにも感じ方が違うのだなあ、と、ヨガの奥深さにしみじみ、とした。

前日の夜のクラス。精神的に混乱していた私、恐らく、普段抑制していた「怒りの感情の噴出」に、自分自身が困惑したのかも知れない。
とても、苦しくて辛いレッスン(ヨガレッスンが)だったけど、そういえば、いつも態度が変らないない、冷静なベン先生が珍しく感情的であった。

初めての生徒がヨガ中にバディと会話しようとしたのだが、それを制したベン先生。レッスンを中断してヨガ中は、「自分と共に在る」こと、にかんして珍しくレクチャーしていた。

とても疲れたクラスだったのは、自分の中の怒りとベン先生の感情と共鳴した事、なんかも関係あるのかな?と思った。

それに引き換え、朝のクラスの素晴らしさ。「癒される、ってこういう事?」としみじみする。
夜のクラスも彼女だった。
私には彼女の『癒しパワー』が必要だったのだろう。

ビクラムヨガって、先生がポーズの説明を口頭でしながらのヨガ。先生はデモンストレーションを滅多にしない。初めての生徒は、先生の口頭ライブ説明を聞きつつ、他の生徒を見よう見真似でヨガっていく。
26のポーズも順番も決まっている。ホントは先生の口頭インストラクションも「何を言うか」ガイドライン、というか決まってるそうです。でも、英語ネイティブの先生達は、微妙に変えちゃうのだ。

Anyway、そんなヨガ。毎日同じポーズ、同じ順番、同じ言葉、なのに、私のマインドの状態を反映して、苦しかったり、癒されたりして、ヨガが変化してるように感じる。

だから飽きないのかも?

ヨガ中、あお向けに寝そべるポーズがあるが、立ちポーズでさんざん汗を流した後なので、マインドの雑音も相当に消えてる頃に、この、しかばねのポーズ、がある。

私はこのチャンスを利用して(笑)ハイアーセルフと対話するようにしている。
ハイアーセルフはヨガ教室の天井に住んでいるのだ(爆) 
あお向けに横たわる私の視界には、当然、天井しか目に入らない。そこに住んでるハイアーセルフは、何かのリサーチ中だったり、寝てたり、好き勝手にしている(笑)
そのハイアーセルフに、今回の一連の出来事は、「自分への信頼感の欠如が原因」と指摘された。

なるほどね。

セルフエスティーム。相変わらずの課題である。もう、大丈夫かな?と油断すると(笑)今回みたいに、突然、試験があったりするのである。
[PR]
by almarai | 2006-09-06 21:42 | 修行日記

2級市民(爆)のカナシミをシロクマさんで解決?

まあ、何事もそうだろうが、人によりけりで、その人の資質や環境で、モノゴトは大きく左右したりする。その「左右するモノゴト」を受け入れられないと、「ストレス」となって、生体に様々な影響を及ぼす、のではないかと思う。

私の場合、それが、「2級市民」なのであった!(爆)

ま、でも、それも「自分自身がAcceptしないと、発生しない」のが宇宙の法則なのではあるが、何でもすぐ分析・解析したがる性癖のある私は、出来事をあちこちから眺めて、「やっぱり私は2級市民」という客観的な判断を私自身に下してしまったのである。(哀)

私が2級市民なら、誰が1級市民なの?という素朴なギモンが沸く。
何が、1級で2級なんだか?ソロバン教室でもあるまいし(笑)

これは、私も同意しないし、バカバカしいと思う人が多いだろう。
が、私に起きた出来事は、ひとえにこの意識を基準に起きたのである。

1級市民、それは、駐在員様!(爆)

しかし、それは日本人村だけで通用するオキテなんである。 最近は随分様変わりしたが、日本人村にも「村のオキテ」があって、メーカーの人は「身分が低い」のであった(笑) 村人との交際が無いので最近の事情はどうか知らないが、なーーんか、ヒエラルキーがあったんだよねぇ(笑)

全くバカバカしい!ったらありゃしない!プンプン!!

私はそんなヒエラルキーは屁とも思ってないし、メーカーだろうが金融だろうが、どっちもどっちじゃないの?と思うけど。
日系企業で働いてると、そういうわけにも行かないのだ。
何故なら、彼らは自分が1級市民で、私が2級市民だという前提で行動するからだ(爆)
そしてこの辺には「駐在員」「すし職人」「ガイジンと結婚した日本人女性」の3種類しか、日本人は存在しないのだ!

例えば、代議士が視察だかなんだかにこの地に来ると、食事会や催しモノに呼ばれるのは、駐在員のみ。すし職人が呼ばれたとしたら、それは「仕事」で、寿司を握りに呼ばれたのだ。

随分気にしない術を学んだが、駐在員の無知というか観念の無さというか、感覚の違いには、過去には随分傷ついた。
日本人、と十羽一絡げにする私もなんだかな、だけど。

以前、商社の奥様が、平気で「メーカーの奥様とは、やはり、気が合わないと言うか、住む世界が違うというか。」とのたまうのを驚きつつ聞いた事がある。
気が合わないって、私からみたら一緒なんですけど(笑)

以前、専門職で日系エンジニアリング大会社で働いてた時も、それは思った。私が「女性」で「専門職」で「英語が堪能」なのはあまり認められる事は無かったのだ。
私の極端な性質に拠る部分も多いのだろうが(爆)
そんな専門職な女性をいじめて快感に浸るヤツ、によく出くわしていた(涙) 数少ない認めてくれた人のお陰で、契約最期まで奉公したけど。

例えば、駐在員同士の会話に「ああ、セルラシオン駐在のAは、凄く優秀なんですよ。何たって外語大の仏文卒ですから。」とかがある。フランス語が話せれば優秀なのか?という素朴な疑問はおいといて(爆)、そこにフランス語ぺらぺらの人がいても、「優秀な人」にはならない。
優秀な人になるためには、「外語大」と「XX会社」という差別化が必要なんである。

そして、それは日本人の中でしか多分、通用しない。
んで、私は日本人なので、そのキモチは理解できるのだが、それだけで、「はああー」と平伏す気も全く無い(爆)ために、頭が高い!と石を投げられる事が度々あるんです(涙)

人は他人様と自分を比較して、ハッピーになったり、ルーザーな気分になったりする部分がかなりあるのが実情。
も、そんなのからは早く抜け出したいと切に思ってるのだけど、現状は、2級市民扱いに甘んじたまま、である(爆)

昨日は、珍しく気分を深く害した私は、久しぶりにヨガに行った。久しぶりって金、土、日行けなかったんで、4日ぶり?
重たい気分のヨガはとっても苦しかった。涙が出そうになってしまった。何度も途中で帰ろう、とも思った。結局、最期まで続けたけど。

ヨガの途中で、何やら私のハイアーセルフが登場した(爆) 見れば、盛んに祈っている。どうしたかと聞くと、「あなたのために祈ってると。」 どうやら、こんなに深く傷つくとは予想しなかったらしい。ったく、ちゃんと管理して下さいよ?(笑) 一応、早めの解決策をお願いしておいたけど。
でも、苦しくて苦しくて、どうしようかと思った。

いつもなら、終わった後に「ああサッパリ!来て良かった!」という爽快感も無かった。重たい肉体をずるずる引きづりながら家路についた。
こんな気分が優れないヨガ、ってのも、初めての経験であった。

そして、翌日。朝7時のヨガに行く。
なんか、前の晩の落ち込みがウソのように、爽やかな気分に満たされてヨガができた。ハイア-セルフがまだ祈っていたので、「もう、大丈夫だよ。」と告げる。

ヨガの後、シャワーを浴びて着替えていた。靴下を履いていた。私の会社は寒いので、靴下が手放せ無いのだ。この国は暑いから素足の人が大半なのだけど。

シャワーの後、まだヨガの熱がこもる湿ったカラダで、靴下を履きながら思った。

寒いオフィス。
寒い、寒いオフィス。
しろくま君なら喜ぶかな?ちゅうか、シロクマじゃなきゃ、居られないよ、あんな寒いトコ!

しろくま??

そっかー!ヤツら(駐在員)はシロクマだったのか~(笑) なーんだ!そうだったのか。
はっはははは!シロクマ相手に、気分害したりして損した!(爆)

と思ったら、すっかり立ち直った自分がいた!(爆)  単純すぎー。
会社に来たら、しろくま達はもう来ていた(爆)
ココロの中で「ふふふ、シロクマさんよ、おはよ。」とか思ってたら、昨日の黒くて厚い雲みたいなものが、すっかり消えて無くなっていた。

これから、なんかヤな事あったら、「しろくまだもんな。」と思えば、切り抜けられそうな気がした。
[PR]
by almarai | 2006-09-05 16:49 | ヨガ-私の祈り

玄米の魔法!!

もし、玄米食に関心のある方が、コレを読んでいたのなら、そおーっと、でも、チカラ強く背中を押してあげたい!!

いろんな事をしてるので、何が効果的が良くワカラナイ(^^)部分もあるけど、「コレハ!」という確信めいたものが、玄米食にはある。

玄米食してると、自分がホントは嫌な事とかしたくない事をしなくなる!(爆) って、ホントでっせ!

なんていうのかな。イワユル、肝が据わる?状態になると、ココロに余裕なんか生まれて、したく無い事にはっきり、No!といえる心境になるのである。Noといえない理由の殆どは、「相手や他人からの評価」を気にしてる場合が多いから。
なんというか、ココロのコントロールボタンを他人に明渡さなくなるのである。玄米食って凄いんです(笑)

それから、お菓子とかチョコレートとか、「玄米と相性が無いもの」を欲しがらなくなる。私はお菓子は食べないけど、チョコレートは好きだったので、こそっと冷蔵庫に保管しているのだが、全然欲しいと思わないのである。

ああ、これは「主食」として食してる玄米との相性であるな、と勝手に判断した次第(笑)

私は(何度もシツコク書いているが・笑) 玄米+押し麦+キノワ+赤米+黒米+ひじき、という混合ご飯なので、これは玄米以外の穀物の効用かも知れない。
ちなみに玄米は「バスマティライス」というインド米の玄米。だからスターチ分が少ない。日本米系の玄米は、残念ながら入手できない。
いや。
正確には、韓国スーパーで売ってるが、「そんな!」って程高価なので手が出ません(笑)

そして、全ての穀物を24時間以上、水に浸してます。いいんだか悪いんだかワカラ無いけど。キノワとかオーガニック屋で購入してるせいか、24時間経過すると「発芽」するのです。この発芽のエネルギーをいただきましょう、という事で、発芽が始まった時点で炊いてます。
全部の穀物が発芽するわけではないけど。これは全くの自己流で、根拠無いです。

ホントは毎回炊きたてを頂くのがBestらしいが、そんなワケにもいかず、私は沢山炊いて、チョコチョコ食べてます。
今日のお弁当は玄米ご飯+のり+ゴマ+かつお節を何層にもしました。買い物に行ってないのでオカズはなしです。

玄米が私の「食生活のシンプル化促進剤」になっているかも知れない。いや、そうに違いない!(笑)

玄米は「美味しい!」という表現が適切?なのかな。美味しい、というより、「カラダの細胞が歓喜してる」感じ。オオゲサだけど。
味わい、よりも「エネルギー」として、カラダに入っていく感じがする?っていうのかな。不思議な感じです。

そして、玄米はおかずを選ぶのです(笑) 茹でた野菜とか、切干大根の漬物、玉ねぎの酢漬け、なんかが妙にハマルのであった。
玉ねぎの酢漬けは、我ながら美味しくて、ドレッシングとして活用したり色々利用できるので便利です。
薄くスライスした玉ねぎ+酢+醤油+ごま油+すりごま、をざっと合わせて出来上がり。

なんか玄米って、カラダがもともと持っている「元気」を活性化するような気がする。生体としてのカラダが活性化するちゅうか。

まあ、しばらく続けてみよう。
[PR]
by almarai | 2006-09-04 21:30 | 修行日記

さて、9月!

今月は日蝕だか月食だかが2回あるそうで、占星術的にはなんかインパクトのある月みたいです。
さて、私はマジメに目標を設定してみた。


◆9月の目標!!◆


◆水を飲む!

この辺ではいろんなメディアに「水をたくさん飲みましょう!」とある。でも、私は水が苦手だった。そんな私が8月辺りから、積極的水を飲むようになった。何かとっても体調がイイ!ような気がするけど、ヨガのお陰か玄米食のお陰か、良くわからない(笑)けど、多分、たくさん水を飲むって、イイ事に違いない気がします。
ので、今月も積極的に「水を飲む!」



◆玄米食の継続 

私は玄米+押し麦+赤米+黒米+キノワ+ひえ+ひじき、を入れたご飯を毎日食べています。 玄米は25%くらいかな?でも、玄米食、思った以上にパワフルだなと思った。玄米食してると、ホント、もう白いご飯食べたいと思わないです(食べてないけど。)そして、おかずといえば、「玉ねぎの漬物」ですね。スライスした玉ねぎを、酢+醤油+ゴマ油+すりゴマに漬けるのだ。
これを玄米に直接乗っけて食べてもいいし、自家製納豆や、茹でたオクラに混ぜてもイケル!
切干大根の漬物も、ユズの皮を入れたら風味が良くなって大変美味しいです。この切干大根の漬物を刻んで、野菜炒めに混ぜたりしています。美味しい!


◆ヨガ!!

できる限り、クラスに出向く。



◆チェンマイのホテルを取る!

10月末、趣味の会の「世界大会」(笑)がチェンマイで開催。約、6,000人が参加するので、チェンマイのホテルが取れない!全く、もっと早く予約しとけばよかった・・・。どうかホテル取れますように。
[PR]
by almarai | 2006-09-02 16:51 | 修行日記