<   2005年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2005年は「橋」だったのかも。

今年も残り少なくなりました。早々と、「今年の総括」をしてみます。これが、来年、どのように育っていくか、とても楽しみです。

今年の出来事、インパクトの高い順から。

◆第一位 ≪ビクラムヨガとの出会い≫

思えば、2005年1月1日に、滅多に行かない「Mark & Spencer」という英国系のデパートをウロウロしていたら、顔見知りの日本人にバッタリ出会ったのである。
そこで立ち話45分。彼女が「ビクラムヨガ」を紹介してくれたのである。しかし、私はハタヨガで忙しかったので、実際にビクラム教室に行ったのは、この偶然の出会いから、実に6ヶ月後。

ビクラムヨガの「終わった後の爽快感」に中毒になり(笑)、未だに継続している。この間、自分のカラダの硬さに驚くと共に(笑)、柔軟性を取り戻していく快感を発見した。
ヨガは2006年も続ける事だろう。
ちなみに、私にビクラムを教えてくれた彼女は、秋にLAの「ビクラム大学」のティーチャーコースを受講したそうだ。
その彼女、来年早々に、駆け出しイントラとして当地の教室に来るというので、楽しみです。



◆第二位 ≪ネパール山行≫

何の予備知識も無く、ガイドブックも買わず、ゲストハウスをネットで予約しただけ、の旅。私は用意周到なタイプ(爆)なので、こんな旅は始めて。
そして、初めての一人旅。
最高に素晴らしい舞台と人々に出会う事が出来た。イタリアと並んで、ネパールは今後私が何度も訪問する場所となるであろう。



◆第三位 ≪ネットのネットワークに繋がる≫

私はあまりネットに繋いでいない。そんな私でも、今年はネットで素晴らしい出会いがありました。モチベーションを与えて貰ったり、新しい情報を頂いたり、触発される事がとても多かった。
こんな情報過疎な地域に住んでいても、ネットがあれば何とか情報に繋がっていけるのだなと思いました。ネットを通じてであった皆様に、感謝、感謝。



◆第四位 ≪MC(断食みたいなもの)12日間達成!≫

劇的な変化は無かったけど、非常にモノゴトがクリアーになったかな?来年早々、また実践してみたい。MCはなかなか大変だけど、いいことづくめ、です。



◆第五位 ≪素晴らしい本との出会い≫

本当は第一位でもいいくらい。「コア・トランスフォーメーション」は、静かに、しかし、パワフルに私の意識を変化させてくれました。
今年の3月、コアトラを読んで、自分の中に「ひかり」を見出す事が出来ました。秋に出会った、安田隆「波動共鳴の法則」は、それを実践法として、生活の中で生かしていく方策を与えてくれました。
素晴らしい本との出会いは、素晴らしい人生のページをめくったような、そんな感じですね。



◆第6位 ≪人間関係の変化≫

今日はクリスマス。去年のクリスマスを一緒に過ごした人は、全く今年は登場していない。無理に別れたとか、そんなんじゃなくて、私自身の意識の変化に比例して、日常で交わる人々の顔ぶれも変わったのである。
いい感じで変化している、そんな風に思うのであった。


ま、思い出すとキリが無いのでこの辺で。
これを何年か後に読み返すと、案外、順番が入れ替わっているのかも知れないけど、今のとこ、こんな感じです。

では、どちら様にも、メリー・クリスマス& ハッピー・ニューイヤー!!
[PR]
by almarai | 2005-12-25 16:40 | 修行日記

国際フィルムフェスティバルで観た映画!

先週から開催せれているフィルムフェスティバルを覗いてみた。
今年で2回目。
去年は、こじんまりとしていたが、今年は一般の劇場にも波及させて、フェスティバルでは、98本の映画・ドキュメンタリーを紹介している。
ドキュメンタリー、アラブ、アフリカ、サブコンチネント(インド、パキスタン、スリランカ)、アジア、欧州、アメリカ、とバラエティ豊か。
日本からは、Howl's Moving Castle,というマンガが参加。人気あるらしい。私は聞いた事がないけど。

場所柄、WEST BANKを取扱ったものが多いのだが、どうしても、そういうを観る気にはなれず、それ以外、戦争モノ以外から選びました。
時間的制約もあり、また、思った以上に反響が良く、チケット完売も重なり、「売れ残りチケット」で見たものがほとんど。
でも満足できました!

ちょっと感想を書き止めておきます。

◆Peacok(中国)
毛沢東主義の中国の風景。3人の兄弟と両親の家族を兄弟の出来事、成長中心に追ったドラマ。あまり山とかも無く、淡々としながら、透明感のある映画。
食事のシーンがたくさん出てくる。肉まんの皮だけ(アンが入ってないやつ)とか、ご飯をどんぶりからかき込んで食べたが、いわゆる「ラーメン」系は一度も登場しなかったです。案外、麺類って家庭で食べないのかな?
私は映画を良く知らないが、きっと、小津ナントカという日本の監督なんかの影響なんでしょうね。
ベルリン映画祭で銀賞、だそうだ。
http://news.xinhuanet.com/english/2005-02/20/content_2596462.htm

◆The Play(トルコ)
映画というより、ドキュメンタリー。
山村のおばちゃんたちが、突然「女優」になるストーリー。 山肌にへばりつくような村に、劇作家がやってきて、「シアター」で劇を上映(?)する事になる。作家は、おばちゃんたちから「悲劇」の話を聞きだし、それを総合して一つの「劇」を作るという過程を追ったドキュメンタリー。
おばちゃんたちは、毎日農業や牧畜で忙しく、旦那は飲んだくれて何もしない人が多かった(笑)
おばちゃんたちは、それぞれが、「悲劇」を持っていて、喜劇、なんである。
みんなたくましくて、特設会場も、おばちゃんたちが、ドカンドカンと作り上げてしまった。
最後には、どのおばちゃんもキラキラ輝いてみえました(笑)

◆Once Upon A Time The Oued (フランス)
アルジェリア系フランス人と、その友人のフランス人の織り成すコメディ。フレンチのコメディってあんまり見ないが、面白かった。全編ロケみたいな映画で、アルジェリアのOuedってとこが、大都会なのにビックリ。砂漠で土塀でできた家なんてのを想像していたので。
この映画、フランスでは大人気だったそうです。そして、。ぬあんと、プロデューサー、主演男優、脚本家の舞台挨拶あり!
フランス語で何言ってんだかわかりませんでしたが、脚本家のフランス語が一番美しく耳に残りました。
さらに驚いた事に、映画終了後、この映画関係者と観客間の「質疑応答」時間が設定されているので、どんどん、ふるって質問してくれ、との事であった!!
さすが議論好きフランス人!!
このコメディ、フランス人でないと深いところでワカンナイかもです。アラブ系移民のフランスでの感情、とかね。 客席はフランス語を話す人が殆どでした。

http://www.scoops.be/movies/moviedetail.asp?movid=22348

◆Love+Hate(英国)
パキスタンオリジンの女の子と英国白人が恋に落ちるストーリー。主演者の舞台挨拶がありましたが、主演女優が挨拶とスクリーンでは全く別人なのにオドロキ!
ストーリーはありがちで、何の新鮮味も無いですが、主人公が10代なので、「英語が違う」のであった。私の周りの英国人は中年ばっかなので、そんなにFXXK!とか言わないし(笑)
日本でも若い世代の言葉や話し方って「は?」と思うが、どこでも一緒だなと思いました。

◆The Long Night(パキスタン)
映画館がパキスタン人で溢れ、ちょっと嫌な感じ(爆)
なんかイマイチでございました。

◆Nine Lives(カナダ)
9人のそれぞれの女性のショートストーリー。
例えば「ダイアナ」のストーリーの主人公ダイアナが、「Riona」のストーリーの主人公Rionaが入院してる病院の主治医でチラっと出たり。
それがストーリーに何のインパクトも与えないけど、「あれ?」という所で、誰かが誰かと「繋がっている」って感じが自然に出ていました。
最後のストーリー。「ローズ家の戦争」に出ていた美人でない女優が、「お墓参り」に行くストーリーが、一番ヨカッタです。はい。
最後のシーンで、墓地が360℃映し出されて・・・・。
「ハニー、I AM TIRED。」その後に、その意味が。

うーむ。

===================================

パキ映画上映前に、パキスタン人がワンワン雑談していた(笑)みんな、トルコ映画がとてもヨカッタ、と言っていた。
パキ映画にパキ観衆。
うーん。インドの方がいいや(爆)
[PR]
by almarai | 2005-12-16 20:44 | 修行日記

12月の満月!

明日は、満月です。
12月、今年最後の満月の夜、ココでは大使館主催の「天皇誕生日レセプション」が某ホテルで開催されます。
当地は日本人の構成員は駐在員が殆どを占めるのですが、最近は数も増えたため、この恒例行事への招待状は、GMクラス(会社の代表者)のみ、になった模様です。

私が来た当初は、数が少なかったので私にも「菊の御紋付き招待状」が来たものですが、最近、サッパリ。

まあ、あんまし面白いもんでもないし、寿司とかがどっさり出て、タダ!というだけが魅力ですかね(笑)

明日、そのレセプションが開催されます。某ホテル宴会場で。全くの偶然ですが、明日、同じ時刻に同じホテルの、その宴会場のトナリのパブで、私はクリスマスの集いがあります。
短パンにおそろいのTシャツで、ギネスをグビグビ飲む会(笑)

人生いろいろですが、私はタキシードを着た、何故か似合わない口ヒゲを生やした日本人に囲まれて、する事も無く寿司食ってるよか、バカ話で盛り上がりながらギネスを飲む、その方が好きだわ(笑)

自分で言うのもなんですが、私は英国流ジョークが好きで、私自身もその系列で冗談を言っています(笑)ちゃんとオチもあって、我ながらたいしたもんだ!(笑)と自画自賛。
まー、なんちゅうのか、長い間鍛えてきたし、本来、スジがいいのか何か、みんな喜んで聞いています。
こういう飲み会だと、私の周りに輪が出来て、みんなで大爆笑!

先週もそういう機会があって、話題は「いかに妻を喜ばせるか!」(笑)大受けにウケた!
[PR]
by almarai | 2005-12-13 21:53 | ヨガ-私の祈り

素晴らしい占い師と、瞳の関係

占い好きな私だが、最近、知人の女医さんのパーティで、この占い師の話で盛り上がった。
女医さんが「この人は最高だ!あなたも、あなたも、行きなさい!」と絶賛して、その辺にいた女性全員が占い師の携帯番号をゲットしたのである。

この国は、その性格上、こういうのが「禁忌」となってまして、おおっぴらに宣伝出来無いのである。外国人であればなおさら、有無を言わずに「逮捕、数ヶ月の刑務所暮らしの後、国外退去」って感じか。
しかし、ソコは人間。需要があれば供給ありで、口コミでそういうウワサはちゃんと広がっていくのである(笑)
で、私のとこにもグッド・タイミングでやって来た!

誕生日を迎えた事もあって、「エネルギーの流れ」を読んでもらおうかな、と思った。別に悩み事も無く、エネルギーも良い感じで流れてる実感はある。
が、占い好きなので(笑) 行ってみよう!と言う事になり昨日会いました。

電話の声では若い感じでしたが、実際はおっさん(爆) 高級コンドミニアムの高層階で、素晴らしく眺めの良い家にお住まいのアメリカ人でした。
道具はタロット。

まず最初に言われた事は、「私は神様でもなければ、グルでもありません。私の趣味のカードリーディングはあくまで、私の意見です。私に言われた事を本気にしないように。常にあなたの運命を選ぶのはあなた自身だと言う事をお忘れなく。」なんて言われた。
ああ、この人は期待できるな、と思いました。

さて、黙ってカードをめくり、(有名な配列でした)黙々とリーディングをしていくのであった。
私が多少気にかけてた事の答えが、あっけないほど、でも、見事に出てきた。

「うーん。あなたはすぐ退屈しちゃうタイプね。」(爆)そう、そうなんである。
コミュニケーションのあり方をもっと考えてみては?という的確なアドバイスもありました。私もその通りと思ったりして。

その米国人占い師に、「運命はFIXEDだと思う?」と質問すると、「Its Flowing」というお答え。その辺にプカプカ浮いてる、流れてるのかな。そのどれにフォーカスするかが、個人の自由意志なのかな、と思ったり。

何年くらいタロットしてるの?と聞けば、「20年くらいかな。アメリカではこれで食べてたんだよ。」との事。
さすが!滅多にネガティブな事を言わない占い師は、その影響力を熟知しているのだ。だから不要にネガティブな事を言わない。クライアントが言われた事を、「腑に入れて」しまい、結局、それを現実化してしまう可能性が非常に高い事を知ってるのだ。

私は喜ばしい事をたくさん言われて、明るい展望をしっかりと潜在意識にインプットできました!(笑)
昔みたいに、占い師に言われた喜ばしい事に、必死でしがみ付くような状況もなく(爆)、「あー、楽しかった!」という感じで終わり、早速、友人達に「Must See Him!!!」と連絡先を教えたのであった。

その後、ヨガ教室でギコギコ体を動かしながら「瞳」について考えた(笑) 目が笑ってない、とか言われるけど、目は笑わないぞ!(笑)
ずっと考えていたのだが、瞳だけの写真を見て、その目が笑ってるのか、泣いてるのか、は判断できないんじゃないか?と思うのだ。
目の周辺の筋肉の動きで、「表情」が生まれるのだ。瞳、ではない。

しかし、目はココロの窓。
誰かと見詰め合っていて、「瞳の向こうの何か。」に引き込まれた事ないですか?私はあります。強烈な一体感を感じた事があります。
瞳は、ただただ静かに安らかに、「風景」を映しているのです。それを「私」が観ているのです。
瞳が感情を持ったり、何か特定のモノだけを見せようとしたりしません。
目に映る風景はまんべんなく映しています。そこから印象的に何かを特別視したり、見えたものに「意味つけ」したり、感情を発生させるのは、全て「わたし」がしてる事で、「ひとみ」の働きではありません。

さて、瞳は、単にレンズ体でモノを写しているだけ?でしょうか?
私はヨガをしながら、「そうか!」と個人的に納得できる結論に達しました。

目=魂、人間の本質

だから、目だけ見ても「感情」はワカリマセン。魂に感情が無いと言われるように。コア・トランスフォーメーション等を実践してみると、自分のココロの最奥地に「やすらぎ」や「静けさ」を見出す事が出来ます。

コアトラしなくても、「瞳」を見つめていれば、そこに(ココロの最奥地)に同調できるのだな、と思いました。

これから人にあったら、瞳をじっと覗いてみようかと思ってます(笑)

お誕生日に頂いた花束が満開。このユリは「カサブランカ」といいます。とても良い香りが室内に満ちています。どうもありがとう!


d0025733_16261113.jpg

[PR]
by almarai | 2005-12-04 16:21 | 雑感-できごと

12月 新月のお願いと12月の目標設定!

2005年度最後、12月の新月宅配便オーダー一覧!

早いもので、今年も最後の12月。何気に始めた「月報作成」(笑)仕事でもしてますが、「目標」がある場合、進捗状況が把握できて、私は案外気に入っています。
仕事では「経費予算の達成度合い」「営業予算の達成度合い」と二つおの数字がメインです。いくら稼いでも、経費かかっちゃ意味ないですから(笑)これを「魔術」に応用できないかと思案中。
さて、2005年最後のオーダー!(笑)思い切って行こう!!

◆ロマンチックなクリスマス!を迎える!
毎年,誕生日とクリスマスパーティの顔ぶれが、日程が接近しているため、同じになる。しかしながら!諦めずに「ロマンチック」を追求したいな!舞台設定は「砂漠」。砂漠で赤ワインで「清しこの夜」!(爆)
魔術師見習として、私は行動予定をプログラムしたら、後は「何もしない」事しかする事はないと達観したぞ!(笑)

◆楽しいニューイヤーズパーティを迎える!
毎年、サウジアラビアの小富豪(日本基準では大富豪・笑)の知人のパーティに参加。5スターホテルのペントハウスにお泊りの富豪夫妻。シャンペン飲み放題、つまみはベルーガのキャビア!店で買っても高いのに、5スターホテルでの価格って凄いんじゃないか?と庶民の私は感じるのであった。このパーティは賑やかに,楽しく!

◆ヨガ!!
日課になってるヨガ教室。新しい先生も来るという事で、益々精進しましょう。今月の課題も「固い腰まわりを何とかする!」なのであった(笑)毎日行ってると、「調子」の波が良く掴めないという難点がある。が、私は毎回「これが最後のヨガ!」ってな感じで、精一杯やっています!(笑)固いところを柔軟にしたい、その一心で今年もヨガ、頑張ったよなあ~。。

◆仕事
某イラクの仕事が舞い込みますように!私はいつの日か、解放されたバグダッドで、ガヤガヤと仕事をするのだ。それが私の長きに及んだ中東ライフの総決算、なのだ!仕事の内容は何でもいいが(笑)、日本と関係ある事だろうなあ、きっと。ODA?(爆)今年は、ちょっとでもその芽が出るといいな!

◆友人関係/人間関係
タンゴのレッスン再開しよう!タンゴ練習会にも復帰しよう!ヨガの無い日だけね(笑) 趣味の会はとりあえず続行。男友達がとても増えてきた(笑)良い傾向である。既婚者が多いのが難点ではあるが(笑)
新しい友人を開拓したい!
将来の豆腐屋開業関連のための、何かしら布石を打ちたいな!採算も大切だが、私は救済プログラムとして(笑)豆腐屋を開業すると決めている。

と、毎月同じであるな(笑)

そうだ、今月はこんなのも!

◆お金!
何だか知らないけど、現金がどんどんやってくる!(笑) お金の事をあまり深刻に考えないのだけど、是非、どんどん来て頂きたい!(笑)ウェルカムですよ!
[PR]
by almarai | 2005-12-01 16:34 | 直感コメント

さて、11月の総括!

え?11月って今日でおしまいだった?疾風のように過ぎてしまったのう(笑)
では、恒例月末の今月を振り返って&来月の展望、でもしてみましょう。

一体、11月の初め、どんな目標立てたっけ?

◆お誕生日をロマンチックに二人で過ごす!
⇒残念な結果に終わったが(笑)でも、私的に素晴らしい誕生日となりました。いろいろ思う事もあり(いつも思ってばかりいるので、エエ加減止めたいのだが・笑)、結果として、私の周りの皆さんに、いろんな意味で支えられていたり、励まされていたり、愛されていたりして、私は生きてるのだなあ、と感動的に思う事が出来た。男性とロマンティックに過ごすと、そういう事を考えないので(爆)、これでよかったのですね。
いろんな意味で素晴らしい誕生日でした。ここでお祝いのお言葉を頂いた皆さま、ありがとうございます。

◆ヨガ
以前ほどの「気負い」と「気合」は無いが(笑)、優先順位の第一位。ヨガの合間に会社に行ってる感じ(笑)腰周りはしぶとく固いまま!(笑)でも、ワシのポーズが少し変化したかな!

◆仕事
そのまんま。でも、なんか「瞬間を大切に生きよう!」と思うようになってから、効率が良くなったかな。焦りやイライラと無縁になった(笑)会社にいる私は無言なので、悟りの境地にいるみたいだ!(爆)

◆読書
バシャ‐ルとシャリーマクレーンを、前パートナーが突然持って来た。過去の私から、今現在の私への贈りもの!という感じで最高に感動的に読書している(笑)

◆旅行
この地域がベストシーズン突入なので、外に出ることもないやね。私が旅行するとしたら、ヨガ関係かタンゴ関係であろうと思う。来年の1月、巡礼休暇にネパール行きたいなあ。

◆健康
外食が激減。人参ジュース朝食が復活。これはお腹の活動にとてもイイみたいです。人参+しょうが+りんごが基本で、それに他のフルーツ足してバラエティを楽しんでいる。ざくろを入れた時、最高に美味しかった!

◆その他
人にはあまり会ってないけど(笑)、ずっと趣味と実益で探求(笑)していた願望実現系、自己啓発系でブログなんか思いつきで作ってみたら、なんか楽しいです!(笑)

クリークの向こう側。この辺はダウンタウン。激しい開発の嵐はもっと砂漠側、ペルシャ湾側にて起きている。

d0025733_09186.jpg

[PR]
by almarai | 2005-12-01 00:10 | 修行日記