<   2005年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

9月の総括―トンネルもまもなく終わりなのかもよ?

さて、そういうわけで9月の総括!

月初に掲げた目標は達成できたか?あまり達成してないかも(笑)
確か、瞑想の実施、魔術系の儀式の実施を目標として掲げていたような気がする。
祭壇まで用意したのだが(笑)なんだか出かける機会が多くて、落ち着いて道具の聖別する心のゆとりがもてなかったのである。

が、風景は変わったなあ。周りの風景が変わり、会う人が変わった。すっかり様変わりした。そして、意外にも(笑)、日本人の知人が増えて、日本人と出かける事が増えたのである。

その一方で、距離ができた、というか関係性が変りつつある人もいる。マルガリータとは一歩一歩接近し(笑)、年配の友人はどうも、彼女自身が距離を置きたい様子。マルガリータも同じ事言ってたので、そういう心境なんであろう。
私はそれに関して何も判断せず、そうしたい彼女の気持ちを汲んであげよう、と思うのだ。

ヨガは上達中(笑)
座ポーズで、足を交差させて上体をひねるポーズがあるが、私はどーしてもこれができなかった。ひねりながら、反対の手で反対のヒザを掴む、のだが、「手が短い」のでヒザに手が届かなかったのである。
でも、やーっと、先週あたりから、手が届くようになった!!ヨガ歴3年にしての快挙!!!やったぞ、自分!(^^) プチ感動を味わったのでした。


断食もしようと思ったけど、延長。そのうち、ほんものの断食ラマダンが始まる!

10月4日あたりから、世界的にラマダン開始!という事で、イスラム教至上主義のこの近辺では、年間通しての最大のイベントは、やはりラマダンなんである。私は異教徒なので断食はしないが、それでも「ラマダン波動」に巻き込まれる。何人であれ、この地に住む限り、ラマダンの影響を受けるからだ。

だって、日中、公共の場、つまり外での飲食禁止!見つかれば警察に連行される。つまり「犯罪」と同等!これは回教徒でも異教徒でも同じです。
そして、ラマダン月は「ライブ音楽とダンス」が禁止。パブでCD音楽はOKで酒も飲めるのだが・・・。
役所も勤務時間が短縮され、能率もがた落ちで(笑)、すべての流れが沈滞するのが、ラマダンなんである。

なんで私は断食できなかったのかな?そうだ、冷蔵庫に野菜が残ってたのだ(笑)今年最後になるかな?1週間程度の断食をして心身ともに浄化したいな♪

そして今月の総括で特筆すべき出来事は、「就職先発見!転職決定!」でああろう。
ホッとした、というのが正直な気持ち。営業という新天地で、どこまで行けるか?だけど、なんか、ちょっとしたティップ・・・ヒント?に続々遭遇しています。
今日はネットから「Doではなく、Be!」というのをゲット。売る、という行為をするのがセールスではなく、Be、どんな人になるか、どんな人になって客の前に現れるか、がポイントだそうだ。
妙に納得した。

ヨガも先月ほどではないが、継続中。まあ、ヨガは今後もしばらくは止められない(笑)
あー、Relationship関係も、ちょっとした・・・(笑)まあ、良い。私がこれからパートナーにする人は、多分、女性性の強い、いわゆるソフトな性格の人かも。ゲイとストレートの境界を漂うような(爆)
そういう男性と一緒にいるのが、一番気楽で、話が合うし、楽しいし、私自身でいられる、気を使わなくていい、と感じるのである。

男性性の強い私は、一緒にいるパートナーの決め手は「一緒にいて安らげて、気を使わなくてもいい人。」なんかこれ、良く男性へのアンケートで上位になる「望む女性像」みたいじゃん?(笑)
男性に、「強さ」や「包容力」や「創造性」とか、私はあまり求めていないのに気がついた。そういうのは私自身に一杯あるから間に合ってるのだ(爆)
私は、ただ一緒にいて安らぐ、そんな人を所望。

今週3回も行ってしまった、Al Qasa Resort Hotel。 6.5つ星ホテル!(笑) ちょっと前に完成したのですが、ここ、前は砂浜と砂漠だったんだよね。全て、人工で「手作り」(笑)
今、一番好きな場所です。

昨夜、友人の気分転換のお出かけにお付合いして、クランベリージュースなんか飲んでみました。眼下に運河がゆったりと流れ、素晴らしく優雅な空間でござんした!!


d0025733_22101231.jpg

[PR]
by almarai | 2005-09-28 22:09 | ヨガ-私の祈り

家の掃除をしていたら!!好条件の再就職先が決まった!

今年になって、数回面接をし、履歴書も何回か送った、が全部回答はNoであった。

面接の結果がNoだと、最初はクジケタけど、そのうち、「OKって行ってくるとこが、私の行き場所。」もし、面接の結果がNoだったら、お見合いと一緒で、もっといい条件のがやってくる!と思って、大して気にもせずに、ヨガに熱中する(笑)日々を過ごしていたのである。

私は意を決して、私のボスにも「営業への配置転換」を依頼したのである。それは、6ヶ月も前の話。私の勤めてる会社の業種は、ちょっと専門職に近いので、私みたいなシロートがふらりと参入できるもんでも無いのである。
それは重々承知だったけど、私は「可能性」に賭け様と思ったのである。当然、ボスも「うーん。専門性が高い仕事だからねえー。女性というのもハンデだしねえー。」との反応であった。

しかし、ボスは本当は心優しいおっさんなので、私の要請後、配下の駐在員にメールを出していた。私になんか適当な仕事があったら、その旨考慮するように、と。
当然、音沙汰なんかなかったけど、私はコレでいいと思った。私はボスにこの要請をする勇気を出すのに数ヶ月を要したのだ。その勇気を出しただけでヨカッタのである。
ナニゴトであれ、私は自分から人にお願いするのが苦手なんである(笑) その私が「仕事」のためにお願いごとをする。。。画期的な出来事であったのだ。

私はやったよ。こういう自分が最も苦手な、他人にお願い事をするために、ボスと会議室にいる間、何故か、目じりに涙がたまったものだ。できれば逃げ出したい(笑)そう思っていた。

そして、私は知人にも「仕事を探している」と告知していた。狭い世間で、私が職を探してるのがボスの耳に入るかも、と思ったけど、私は既に「申し立て」をしているし、それは本気なので、当然、他で私が可能性を追求する自由はあるわけで。耳に入れば、私が本気なのを思い知るであろう、そう思った。隠すようなことでもない、かと言って、わざわざ知らせる事でもないけど。

そして、何通かの不発な面接と、履歴書を送っても返事がない、なんてのを繰り返してるうちに、「何とかしなければ!」という焦りが消えた。
そして、やーっと、「どうなってもいいや」という一見投げやりな、実は、宇宙にお任せ(笑)の心境になったのである。

そして、予期せず「私が存在すり理由」が、おぼろげながらも把握できてきたのである。なんか、私の人生が活性化していると感じた。
現実の生活は、活性化に反して、今まで親しかった人と距離が生じていたり、滅多に会わなかった人と煩雑に会ったり、結果、案外静かな生活、でも安定した日常になってきたのである。
活性化、精神的安定をもたらしたのである。

ボスにも要請し、友人にも話し、私の出来る事はだいたいやった。私の責任の範疇は果たした。あとのプロセスは私のコントロール下ではない。それは宇宙というか、神様というか、その範疇なのだ。

ある日、年下の友人が求人情報を教えてくれた。なんだか、へんなのー、って言いながら一応応募した。すぐ連絡があり面接の段取りに。
面接に行ったら、予想に反して、とても若い人が出てきたので面食らった(笑)そして相手が大人しい感じの若い人だという事で気が緩んで、今までの面接で言った事ないような事をペラペラと喋ったのであった(爆)

「ココで、Civil エンジニアで英語ができて、なーんて人は私しかいないですよ。」(爆)本当の話だが。。
サラリーも「高いと思うでしょう。当然です。私にはそれだけの価値があり、雇ってみて、その価値に必ずや満足するハズです。」(爆)

まだ社員一人の小さな会社。海外進出は初めて、という。面接した人は「私、英語なんか全然だめでして・・・。」この国の商習慣も予備知識無し!
そして何よりも、私が昔日本で働いていた業界の人である。なんか相通じるものを感じた。
そして営業職という「未開地」に行きたい私に「どうぞ、どうぞ!」と言ってくれるのである。今までで、一番、条件の面ではいいと思う。

ここなら、私の経験、知識、魔術(爆)、ネットワークをフルに生かせるのである。だって、前例が何もないんだもん(笑)

面接した人も、なんだか私と相性が良い人だな、と思った。なぜなら、非常に女性的な人だから(爆)私が会社の駐在員と相性が悪いのも、多分、男性的な性質がクラッシュしてしまうのではないかと思う。
私の中途半端なエリート意識(爆)とか、昔から、男性を立てる、という事を一切しない私は、そういう意味で可愛がられない。賢い女は男を立てる、なんて言うがウソだ(爆)自分の利益獲得のための手法に過ぎない。男を立てているのではなく、金に、地位に、権力にパワーに、頭を下げているだけだ(爆)そして、そういうのを保持した男は、自分の価値をその付加価値で評価されようとする。まー、それで世間が廻ってるので、それでもいいんだけどね、別に(笑)

男性的な男性は、そういう付加価値を喜ぶ取り巻き或いは、追いかけたくなるようなプリンセス以外の女性は、イジメの対象にしかならないらしい(爆)極論!だけど、対日本人は、特にそう思います。
男性的な部分を多く持つ女性は、「可愛げがない」と評価される。私なんかウンザリすほど聞いてきた言葉である(笑)

私の敬愛する友人マリガリータも、ソコラ辺の男性より男性的な一面を持ち合わせているから、男性的な人とは激しくやり合うタイプ。そして絶対、負けない(笑)負けるくらいなら、思い切り引いてしまう(私の得意戦術)のである。そんなマルガリータのBFは、女性的なタイプ。女性的といってもクネクネしてるんじゃなくて(笑)、俺が俺が俺様があー!という感じではないタイプ。受容的なタイプ?とでも言うのかな。
面接の人も、男性的ってタイプではなかったなあ。。クラッシュする事はなさそうに見えた。良かった、良かった。

そして来月、私は様子を見て退職を通告する。その後、短い休暇を取って、愛しのネパールへ行こうと思うのだ。

なんか大きなウネリが来るなあ、という予感はしていた。
そのうちに、なんかあるだろうと、仕事のことでは思っていた。
私が取り組んでいない分野は「仕事」だと、ずっと思っていた。
豆腐屋を開業するには、このプロセスが必要なのである(笑) だから営業なんである。

しかし、ちょっと前まで私のココロを被っていた結婚願望はすっかり消えた(爆) なーんだ、ホントはそんなに強い願望でもなかったのねー、なんて思う。
自分の事って、ホント、分かってるようで分かってないねえ。

でも、今年の家賃更新での家賃急上昇、現在、この国の不動産のバブルは天井知らずで、レントも100%とか、つまり2倍になるところも珍しくない。来年の更新で値上げされたら、非常にまずいのでその前になんとかして欲しいのう、と思っていた。
でも。この家賃高騰とか、厳しい条件が無ければ、私はこの「ぬるま湯会社」で、ずーーと目覚めないままであっただろうと思う。皮肉な話、人生を真剣に考える原因は、「家賃値上げ」(爆)だったかのも知れない。
家賃値上げ、が宇宙からのメッセージ?(爆) ホント、予想つかないことしますねえ。

そして、最近してなかった「まじない」関係も、少ししてたよね。その最大なものは「掃除」かな、やはり。風水関係のオマジナイもしたけど、こういうのって、「なんとなく」直感で、「ああ、私は私の夢を宇宙の法則に則って引き寄せているな!」と思えるもんである。そういう予感が沸き起こる場合、多分、その夢はまもなく現実となるのであろう。
現実化しない場合は、オマジナイしてると、ちょっと空しくなるんだよね(爆)でも、自分には「ダイジョーブ」と言い聞かせるけど(笑) 言い聞かせる、つまり説得する必要があるという事は、そういう事なんだよね。

そうは言っても、新しい仕事は私にとって未知数である。今まで蓄えてきたパワーを総動員して、前進していこうと思う。人と接して初めて、魔術の効用もあるというものだ(爆)
ウヌボレかも知れないけど、ぬあーんとなく、上手く行く気がするんである(^^)

転職先が見つかって嬉しい!というより、流れに乗っている、のを実感できて嬉しい。転職が決まった途端、ずっとできないでいた「早朝の瞑想」がしたくてたまらなくなった(爆)なんなんだろう、この心境。
まあ、なんであれ、感謝、感謝。


こんなに早く再訪できるとは思ってなかった、ネパール。でも、必ずまた来る、と思ったネパール。


d0025733_20531650.jpg

[PR]
by almarai | 2005-09-26 20:52 | 雑感-できごと

変革の波の中で、私はヨガさえしてればいいかと思ふ(^^)

あれ?なんか様子が違うよね。そして、そんなのを「あ、そうなのねー。ふんふん。」と観察している私がいる。
このような「うねり」が、地殻を刺激して、大陸が浮かんでくるのかな?(笑)

◆うねり1 会社で
私の会社は、物凄くいい加減で、私は為す術もなく「見ないように」してきた。でもさー、これ、私の内面の現れ、なんだよね、おそらく。んもうっ!ヤダヤダ!次の瞬間、無視!(笑)というコドモみたいな事をしていた、が。
何かが決壊した、かも。

秘書が休暇中で、私が雑用を仰せ付かっている。ま、良い。そして、常日頃、私が「見ないように」(笑)している、悪徳運転手(社員)の悪徳ぶりが、天下に曝されたのである。
私のボスの運転手券パシリ(笑)なのだが、本人、マネジャーと世間にうそぶき、ボスの用事以外しない。会社にも来ない。ボスが出張中だと、終日、顔を出さない。
他に日本人駐在員も在籍しているが、みんな「ミリオン USダーラー!」の商談しているビッグビジネスマンなので、インド人の運転手の不正にかまってるヒマは無い、という態度。

私はそういう態度の日本人も、ウソツキインド人も、両方嫌いだよ!(爆)

インド人の提出した小口現金関係なんて、見もしないでサイン。でも、私は、こういうセコいインド人の思考回路を熟知している。
ガソリン給油。レクサスを運転しているが、週に3回も満タン給油をしていた。ドバイみたいに、半径30Km以内に全てがある地域で、TAXI運転手でもない限り、そんな給油はしない。

一応、よそ様に聞いてみたら、「そらー、ちょっと変!」とのお答え。
私は領収書にメモをつけてボスの机に置いておいた。「週に3回の給油ですか????」というメモ書きつけて。
その後、「そうだ、問題提起だけでなく、ソリューションも提起しよう!これが7つの習慣!うっしし。」なんて思い、「マイレージ、運行記録表をつけさせてはいかがですか?」なんてくっつけた。
一応、社内規則では、運行表の記入が義務つけられてるが、メンドクサイのでないがしろになっているのが、現実。

その翌日。東京本社より毎年行う「点検」実施の通知が来た。それには社有車管理において、運行表の記入、が明記されているのだ!(笑)なんという、偶然。

そして、私とボスは世間話をしない。まったく話さない。かといって、苦手とかそういうのでなく、それはそれで上手く行っているのだ。私はこの不思議な語り合わない関係に、満足している(爆)

そのボスが!運転手を別室に呼び出して、激怒!どなる!叫ぶ!すげえええ!
しかし!一筋縄でないインド人(爆)!憮然としながらも、絶対!非を認めない。次から次へと、バレバレのウソをつき、そのたびに、ボスが絶叫しながらそのウソを簡単に暴く!

私はメモに「インド人は不正をしている。」なんて一言も書いていない。週に3回の満タン給油はありえないので、それを「報告」しただけ。
私ができるのは、ここまで。後は、ボスの判断次第である。

でもさ。ボスの罵声を聞いてるとき、インド人がカワイソウになったのも事実。
私はインド人が嫌いなんじゃない。その「行為」を白日の下に曝して、ボスの判断を仰ぎたいだけ、だったんだなと思った。罪を憎んで人を憎まず?に近いかな。
でもさ。
こんな環境、精神衛生上、良くないよなあ、、と思うのであった。

◆ヨガ教室のシャワーに譲り合いの精神を見る
ヨガの後は必ずシャワーを使う。私は屍のポーズもそこそこに、シャワーに突入するのです。3個しかないので(笑)しかし、すぐに後続が入ってきて、シャワーの水量がガクンと激減する。
うー、、、と思っていたが、そこで「は!」っと思ったよね。私がしばし、シャワーを止めればいいのだ。
そうすれば、他の人の水流の勢いが良くなり、さっさとシャワーを終えて、私も勢いのいいシャワーを気持ち良く使えるのだ、と(笑)
んで、実行してます。

◆重なる接待、バンクアカウントが淋しくなる一方ですが、「与える人」になれた事に感謝!
今日から土曜まで、毎晩、ディナーの御予定が・・・。 私は身分不相応な高いレストランにしか行かないので(笑)出費がかさむよなー。
で、ほぼ、御馳走しなきゃならないケース。
でも。楽しい時間を過ごせて、お互いハッピーになれる機会がやってきた、ってんで有り難く接待させていただく事にしました。

◆ダビンチコードが日本語で読めた!
偶然、会社の人が持ってたたので借りて読む。面白かった!1日で読了。なんか、テンプル騎士団とか象徴とか(笑)私の好きな分野が登場して嬉しかった!映画になるといいなあ。
この本は「読むぞ。」と思っていた本。本から接近してきた(笑)

何がどうなってもいいや、もう(笑)という、諦めではなく「お任せ」な心境。
私はヨガが毎日できれば、それでいいと思うのだ。
まだまだ、ヨガができなくてもいいや、という心境には達しませんが(笑)
[PR]
by almarai | 2005-09-21 18:50 | ヨガ-私の祈り

敬愛する友人から学んだこと

最近、ヨガが少しばかり上達し、同時に、自分のカラダの癖に気が付く。

魔術で言われるとおり、いや、密教とか他でもあちこちで言われているが、「一時は万事」「自分に内在する小宇宙が、自分の存在する大宇宙の雛型」なんである。
自分、が観る何か、ソコに感じる何か、は自分の反映、なのである。
私はコレを実感しまくっている。

例えば、肉体と精神。これも違うようで一緒。精神の歪みは、肉体に現れ、逆もまた起こり得る。
健全な肉体に健全な精神が宿る所以。
私はヨガを通して、自分のカラダの癖が、自分の性格を反映している事を、痛いほど知りました(笑)

手が短いため出来無いポーズ、と何年も思っていたけど、少しずつ、手が長くなってるわけはないのに、できるようになってきた。
それは、私が少しずつハートをOpenできるようになった事と比例する。私は自分を守るため、にかなり胸がCloseされていました。
だから、前かがみで姿勢が悪く、腕もまっすぐじゃなかったのね。 

なので、頑張って矯正に励んだ。背中を伸ばすと、胸も自然にOpenする。意識で言えば、体操選手が演技の前に背中を大きく伸ばして挨拶する、ああいう感じ。あれをヨガ中はずっと鏡で確認しながら、背中に意識を向けてきた。

胸がClose,つまり、なかなか本心を他人に見せないという性格、それが肩から背中の筋肉を思い切り萎縮させていたのである。
手が短い、というよりも、背中が固まっていて、手が伸びていなかった、のが事実みたい。

別にOpenでない性格でも一向に構わない。人、それぞれ、である。
が、私はレッスンとして、この性格を越える必要があるみたいだ。だからレッスンは果てしなく続く。
私がOpenな人になるまで。

敬愛する友人、マルガリータ。彼女は非常にそういう意味でOpenな人である。もちろん、その開けっぴろげな性格と裏腹に、傷付き易い一面もあることは、ある(笑)
思った事はズバズバ言うし、ヘジテイトしない。「わたし」というのが、ハッキリ定まった人である。
一方、そういう彼女なので、苦手な人は、物凄く苦手だと思う。
私も、知り合って最初の頃は、なんてうるさくて、自分中心な人なんだろう、と思っていた(笑)

今年の初め頃、もう既に記憶の彼方であるが、何か私がとても嫌がる事件が起きた。友人関係、だったと思う。ちょうど休日だったので、私は昼頃からビールを飲んで落ち込んでいた。
物凄く落ち込んでいた。
その日、電話したい、と思ったのが、何故か、マルガリータだったのである。それほど、親しいという関係では無かったと思う。

私は号泣してマルガリータに電話をする。彼女は仕事があるにもかかわらず、10分で来てくれた。酔っ払っていたので覚えていないが(笑)私は、ものすごく癒されたのである。
私は、自分自身が他人に対してそんな自分を見せた事に大いに驚いた(笑)
他人を信用している云々ではなく、私はそういう深い部分は誰にも見せなかったから。
感情的な部分を見せないようにしていたし、まして、人前で無くなんて!
例えそれが感動の涙でも、私は泣くことが出来なかった。

ワークショップで泣いたりする人を目の辺りにすると、対応に困った。私の辞書には無い行為だから。自分がした事ないので、一体、どうして慰めていいのか困った。
黙ってハグして相手を包み込む、なんて事は、私には出来かねる事であった(笑)
感情を吐露する人に対して、ホントに、どうしていいのか途方にくれていた。

そんな私がマリガリータの胸で号泣したのである。画期的な出来事であった。
私はそんな自分を「恥ずかしい」とは思わなかった。ただ、相手がマルガリータでなければ、起こり得なかった、と思う。

そして、その件を境に関係が急激に深まる、という事も無く(笑)自然に、お互いを理解してきたと思う。彼女もそんなことを言っていた。

最近、何かを読んでいて、とある一文が目についた。
「弱点や愚かさや欠点をさらけ出せない人間関係、そこには心の安定やくつろげる空間はない。」
私は咄嗟にマルガリータを思い出した。あれほどまでに開放的な人は私の周りにいない。だから私も安心して自分の恥部をさらけ出せたのだろう。
マリガリータは特別小難しい事を言ったりもしない(笑)でも、私にとって、なんだか妙に安心感のある人物である。
それは、このOpennessによるのだなあ、と気が付いた。

一方自分はどうだろう?私は自分に対して、評論家、批評家を長い事続けてきた。という事は他人の事も同様に扱ってきたというわけだ。
ナルホドね(笑) 最近、ウケが良いのは痩せたからではなく、この「心の解放」が原因みたいだな。

大丈夫、大丈夫だよ!と自分を励ましながら、私はヒヨコみたいにおそるおそる、世界を覗いている。
私が心をOpenにしても、誰も傷つけたりしないのだから、安心して。そう、自分に言い聞かせているのである。

光の違いでこんなにも違う!Burj Al Arab。今年の新年パーティはここだった!1泊、40万円ざます!

d0025733_17364184.jpg

[PR]
by almarai | 2005-09-19 17:38 | 修行日記

よく考えたら、こんな週末ばかりだったか?(笑)さて、次!

Mangoというちょっとハイカラ(死語?)なブティックで買った白い長いコートブラウス。試着しないで思いつきで買ったので、家で着てみたら、「医師の白衣」みたいで、全然おしゃれじゃなかった。
これを友人マリガリータにあげようかと思っていた。誕生会の場所からマルガリータの勤務するホテルまで比較的近い。その日は、私のタンゴ友人が食事&踊ってるので、誕生会が早く終わったら、ホテルに行こうかと思い、プレゼントの準備だけはしていた。

が、何となく誕生パーティを出れない感じ。一応、タンゴ友人に携帯メッセージを送ったら、「これから皆はサルサバーに向かうが、私は帰って寝る。」との事。

私は友人と一緒に誕生会に出かけたので、最初の待ち合わせパブ付近に車を止めていた。
午前2時過ぎ、パーティも終わり、友人に送ってもらった。車を止めた場所と家の中間点にサルサバーは存在する。
たまたまビクラムヨガクラスの隣り。
ちょっと顔だけ見ようか、と思ってサルサバーに寄ってみる。いたいたいた!ホテルの円ターティナーのミュージシャン、シェフ、ダンサーetc、、とラティノ達がドッサリ!

そしてお馴染みPの顔がそこにあった。ケチで有名なPが(笑)珍しくビールを御馳走してくれた。
そこでサルサを踊ったり、バリ島で開催されたタンゴワークショップの話をしていたら、あっという間に閉店時間。
Pはサルサバーの向かいのアパートメントに住んでいる。「シャンペン飲もう!」という事で、Pの家でシャンペンなんか飲んで・・・・。

不思議。Pとは何が起きても後悔の念は無いし、彼にGFが出来ても、嫉妬の気持ちも湧かない。一緒にいる時は、不思議と心安らぐ相手、だったりする。

翌日、Pの家から、友人宅に直行する。私は友人宅の「癒しのガーデン」でエネルギー補充をしたかったのである。
ガーデンチェアに横たわり、空を見上げ、小鳥のさえずりを聞く。

そこで静かにリラックス。なんか頭と心に詰まっていたものが、溶けて流れ出すような気分。緑の多い、静かな庭。

マリガリータから電話があり、ホテルの彼女がマネージャーとして働くレストランにお茶を飲みに来い、という。
私は昨夜から家に帰ってないし、Pの家で下着が行方不明(爆)になったりして、ちょっとためらったが、結局、OKした。

いつも行ってるレストラン。でも夜しか行った事ないので、昼間の絶景ぶりに唖然。太陽の陽射しに反射するワイングラスが美しかった。
その光の柔らかさ、美しさに脳裏に去来する思考すべてが、どうでもいいか、と思えた。
高層ホテルの最上階、25階からの昼間の眺望は絶景であった。

レストランのオープンは午後7時だというのに、彼女は午後2時からレストランで働いている。準備が多いし、ゲストの予約状況(いつも満席)、マネージメント等との連絡、いろいろあるんだそうだ。
忙しく配下に指示を出しながら、マルガリータとカプチーノを飲んで雑談。
突然、彼女が、「外に出よう!」というので、狭いバルコニーに出てみる。眼下にはホテルのプール、人口砂浜、ヨットハーバー、眼前には7つ星ホテルがそそり立つ。


d0025733_15323860.jpg



アラビア海が太陽の光を静かに反射していた。海からの風は、爽やかで、全身リフレッシュできた感じ。
とてもとても感動してしまった。

d0025733_15321337.jpg



その後、BFとの関係が悪化し、BFが出張で留守中の友人とビール飲み会があった。
もう、ビールが美味しいと思えない異変(爆)が自分の中で起きている。

d0025733_15333944.jpg

[PR]
by almarai | 2005-09-19 15:33 | ヨガ-私の祈り

なんてこったい!の週末、まー、それはそれで宜しいか。。

週末、友人3人の合同誕生会が開催された。

まずは、家の近所のパブで友人と待ち合わせ。私はヨガを終え、家に帰り、リラックスして、「古神道における宇宙のなりたち」とか「黎明」(これはヨカッタ!)なんかを、うむうむと読んでいた。

頭の中は古神道からパブへの転換がとっさにできずに(笑)人込みの中で、一瞬、たじろいだ私。
が、まもなく友人の見慣れた笑顔に、そんな気持ちも雲散する。いつもの会話、いつものビール。

見慣れない顔のオッサン2名(笑)知人の知り合いでスコットランドから休暇で来ている、との事。一人は訛りが激しくて、何言ってるのか、全然わからんかった。
もう一人は、ふつーーーーの人。何が普通なんだか知らないけど、私から見て、物凄い普通の人だった(笑)

友人がその普通のおっさんを指して「彼があなたの事好きだけど、シャイで言えないって!」なんて言ってきた。「私もシャイよ!」なんて言ってみる(笑)
それからみんなで誕生会に向かう。

誕生会のゲストの半分以上は知った顔。随分会って無かった人も多く、私は大勢の人から痩せた!若返った!違う人間みたいだ!とのお言葉を頂く(^^)
そーかも知れない。
名人Yani師匠に髪切ってもらったら、印象が全然違った。そんなせいもあって、かなり印象は違うだろう。

知った顔に会って、あーだこーだ話してると、例の普通のスコティシュがビールを持ってやって来た。私と話すわけでもないのに、黙ってニコニコとビールを差し出す。

なんて、良い人なんだろう!!(爆)

その後も、私は知り合いと話すのに忙しかったが、私のビールが無くなる頃、その「普通の人」はニコニコとビールを片手にやってくるんである。

最高に良い人!(爆)

その後、時間は過ぎ、楽しいパーティもお開きになり、また私達は一緒に帰る事に。
その車中、普通のおっさんは、ポツリと呟いた。

「あなたは、なんてビューティフルな人なんだ。」

うわっ!本当に良い人!!
この人は神様かも知れない?(爆)

その後のスペクタクルは、また明日!
[PR]
by almarai | 2005-09-18 22:23 | ヨガ-私の祈り

続・成功する7つの習慣、そして新!成功する習慣の8番目は?

9月も半ばに差し掛かる。さて、私の「修行」はどうなってる?瞑想もしてないずらねえ~。
しかし、儀式用の祭壇は、ほぼ、材料が揃い、後は聖別を待つだけ、なんである。

儀式の手法も、まー、なんつうか、だいたいの感じは掴めてるし。出来無い理由は何なのか?
最近、何でも調子良くさばいてる私が、儀式に進めない理由は??
それとも、見えない世界で、どっかから横槍が入って、何者かが制止してる?(笑)って事は無いハズである。
これだけは、妙に確信がある。私は魔術もどきをしようが、密教の禊をしようが、「そう言う世界」にアクセスする事は、多分、無い。そう言うことになっている。

じゃあ、なぜ?いつものように自己問答していると、答えがやってきました。それは「法衣」が無いから(笑)
民族衣装を流用しようと思っているが、それを買いに行く時間が無いんだねー。ヨガに行く時間はあるけど(笑)

は?これこそ、First things First!そのものでないか?

私は「7つの習慣」を全部読み終えていない。英文版を読んでいるのだけど、すごく活字が小さくて読みにくいし、後半部分は、なんか心的についていけなくて・・・・というのは、この本、まず最初に「ミッション・ステートメント」を提唱するところからスタートしている。

つまり、ミッションあっての「成功」なんざますわ。ミッションが明確でないまま、本を読んでいたので、この本はかなりハウツー部分が多いので、行き詰まったのでした(笑)

私は既に、続編の「8番目の習慣」も購入済なんであるが、7つの習慣が終えてないので、これは1ページも読んでいない。

友人が大企業(ホテル)勤務で、マネージメント以上(日本でいうとこの管理職か)に、このセミナー・ワークショップが開催されたそうです。当然、社員教育なので料金会社持ち!(笑)
その際に参加者に配布される「ノート」を見て、私は驚いたねえ!

本を読んでいなくても、あの「ノート」に沿って書き込んでいけば、相当、自分自身を分析できるし、方向性を設定できるし、自分自身をモチベートできるであろう、と思った。
特に会社みたいに、大スローガンがある場合は、物凄く有用であろう、と思った。
ちなみに友人の会社のミッションは「全ての面で、世界一のホテルになる!」だそうだ。

私も豆腐屋開業の際は、このメソッドを取り入れよう(^^)なんて、豆腐屋がかなり自分の中で大きくなってたりして(笑)

さて、この著者の新作「8番目の習慣」は、そういうわけで読んでいないので、ワカリマセン(爆)が、本についてたDVDを友人と鑑賞。小さなストーリーとかビジュアルなイメージ画像だったりするんだけど・・・・。

凄く良く出来ている!洗脳が上手だ!(笑)

その最初は、ビジュアル画像で、美しいココロ安まる「自然」をモチーフにした映像をバックに、言葉が出てくるの。

Life is Short。
Love、Live and Lean!

とか。

そして私の心を揺らしたのは、「あなたの、あなた自身の伝説を作れ!」ってヤツ。死んで何を残しますか?お金ですか?地位ですか?なんて、ありがちな(笑)言葉だったけども。
DVDに流れる素晴らしい音楽と、心に染み入る映像で、すっかり五感がOpenになったところで、これ、です。効果抜群!!さすが、アメリカ人ですなあー。

でも。私は感銘したね。「伝説」を作れとは!まさか、この私が伝説なんかの人物になるわけがない・・・って、どうして分かる?(笑・洗脳効果)
何もしてないじゃないの?私が作らなきゃ、誰も私の伝説など作らない、作れないのである。

という事で、伝説の豆腐屋を目指す・・・・違うってば!(笑)

法衣は無いけど、なんとか次の満月までには、儀式を開始したいの。
なんでまた儀式?カルトの世界に入ってくの?と自問したりして。

私が儀式する理由は「浄化」のため。クリアーなスペースを家全体に、と思って。特に何か悪いもんでも家に貯まってる感じはないけど、なんちゅうか、浄化して「活性化」したいなと。
どうせ瞑想したり夜寝たりする家なんだから、エネルギー的に活性化してた方がいいかな、そう思ったから。
いろんなものを「召喚」したりしない。けど、それ、つきものなのかすら?(笑)まずは、浄化して、プロテクションして、そしてエナジャイズ!かな。
[PR]
by almarai | 2005-09-13 19:31 | 修行日記

トマトリゾットを食する朝に、それは突然やって来た!

それは、突然、閃光の如く、しかしながら、ふわり、と宙を舞いながら「腑に落ちた」のである。
かといって、特に目新しいものでもなく、私が「再生記念の日」に泣きながら思った事、そのものであったりする。

再生の日に思ったけど、その日は、その「コンセプト」が、「とってつけた」ように感じた。腑、には落ちていなかった。意味は理解できても「感じる」事が伴っていなかったし、当然、感情も湧かなかったのである。
しかし、そのコンセプトは忘れ去れる事もなく、かといって、繰返し思い返される事もなく、再生の日の哀しみと、空しさと、痛みと・・・・そういう思い出が詰まった「再生の日」を時々思い出すたびに、ビジュアルとして「ふと」脳裏をかすめる程度、であった。

私は、トマト味のリゾットの朝食を取っていた。ブロッコリーなども乗っけて(^^)美しい彩りではあった。
もともとリゾットを作るつもりではなかった。玄米と押し麦を炊いたのだが、一緒に入れた昆布の量が多すぎで、水がドロッっとしてしまったせいか、炊飯器のスイッチがOFFになっても、鍋には水分がグツグツと残っていたのである。当然、玄米は「アルデンテ」以前。ちょっと食するには生すぎ。少し水を足して、再度炊いてみたが結果は同じ。水が残ってるのに、鍋底は焦げている。なのでスイッチがOFFになるのだろう。

私は炊飯を諦めて、冷蔵庫に格納していた作り置きのトマトソースと生煮え玄米を一緒に煮た、のである。そしたら、完璧な「アルデンテ」のトマトのリゾットが、思いもよらずに出来上がったのである。ダシは大量の昆布!!
料理に関してだけだが、時々、自分は天才なんじゃないか?(爆)と自画自賛してしまう事がある。昨日のパスタサラダも逸品であった。味噌を主体としたドレッシング。これが最高であった。友人宅に「石臼」があったので、ゴマをすり、味噌を投入し、ごま味噌だれ、を自作したのである。日本食とかアジア食が得意でない友人であったが、絶賛!かなりな量を作ったのだが、全部たいらげてしまった。

こういう食いっぷりの良い人に食事を作って、満願笑顔で「美味しい!」っと叫ぶ姿を見るのが、好きです(^^)
美味しいって、言って貰ってウレシイ、というのは、「美味しいって言え!」と強要しているのだろうか?いや、違う。私は「美味しい食事」を作っている。笑顔の元を作っている。職人じゃないので(笑)ただ、料理を作ってさえいれば、相手が犬でも馬でも、或いは、食べられる事がなく朽ち果てても構わない、なんて事は有り得ないのだ。
食べらてこそ、人の胃に納まってこそ、食物、なんであるし。そして食のヨロコビは本能的なものであるからして、そのヨロコビの元である食事を、自然の恵みの野菜を頂いて作成させていただけるヨロコビ。それを食べた人も、美味しいとヨロコビを感じ、ヨロコビの連鎖、になるのである。
食、は喜びの変化なんである(笑) だから、たまの断食が心地良いのである。ヨロコビの繊細な部分を感じるために、時折、断食という断絶も必要なのかも。

さて。
トマトのリゾットを食べていた私の脳裏をよぎり、そして腑に落ちたコンセプト。私の再生の日に、どっからかやって来た、コンセプト。言い換えれば、私の人生のミッション、である。
無い、見つからない、思いつかない(爆)と、ずっと苦悩してはいなかったけど(笑)「答えが欲しい!」と思っていた事の回答が見つかった感じ。当然、世にも簡単な事であったりする。

私は何者かに成る - 今の自分でない自分になるー必要もない。
私から、何か余計なものを取り除く必要も、ない。余計なもの、なんか無いのだ。性格に問題有り(爆)としても、それは問題と思う人の問題で、私の問題では無い(笑)
食事作りと違って、他者の反応、も関係ないのだ。自分で無い誰かのために、それは在るのでは、無い。私自身のために、まず、ありき、なんである。私自身が好きな形態で、私自身がウレシイと思うタイミングで。なぜなら、それは私自身の中心から、放たれるものであるから。私自身であるから。

そのための具体的な方策(笑)、ちゅうか。左脳を刺激しながら生きてきた私は、こうして、作用/反作用、アクション/リアクションに代表される相対の世界にドップリ漬かっていたんだけど、それも飽きた(笑) というか、そういうのも、多分、どうだってイイんである。したかったらすれば、いいのである。暇つぶしに、リアクションを想定して、石を投げてみて遊んで見るとか(笑)

不思議と、新しい世界に突入、というよりも、「やーっと思い出した。」という気分。なので、ホッとした気分である。
そのうち気が変わるかもしんないけど(笑)、私が見つけたミッション。今はとても気に入っているのだ。

そんな私は、本日、面接なのであった(笑) まー、ガツガツする気も失せてるので、ちょっと茶飲みに行くか、というような感じで面接(^^) 難しい事聞かれたら、知ったかぶりしないで、「ワカリマセーン!」って言おう、そう思っている。
お見合いと一緒で、イイトコだけ見せてもね、どうせ後でボロが出るわけで・・・。


きょはウェブから拾った写真。これ著作権フリーって書いてあったから大丈夫だよね?
百聞は一見にしかず、見たまんま、目は口ほどにものを言う、etc、、
これが私の The Mission!!なのであーある。


d0025733_19545423.jpg

[PR]
by almarai | 2005-09-11 19:54 | ヨガ-私の祈り

着々と準備が進み、魔術師の誕生間近?(爆)

しかし、何だってこんな事になったのか?(笑)
儀式もちゃんと、可能な限り、トラディションに則って、一度は実践してみよう!と思う。実際に試せば、儀式の意味する所、象形として伝達したいナニゴトかが、理解できるのではないかと、思う。
多分、なんかしら「感じる」と思うのでその後は、その感性に任せようと思う。
が、一度は経験しなくちゃね!!

と言う事で、儀式といえば祭壇!いつか、祭壇作ってみたいと思ってた!自分の家を持つなら、魔術部屋と瞑想部屋とアトリエは必需品と思ってた!
ダイソーでそれらしきものをゲット!気持ちの問題なので、マテリアルや材質にあまりコダワラナイ!つうか、節約第一ざますね!

で、ダイソーで「鏡」「聖杯(つまりゴブレット)」「聖剣(キッチンナイフで代用)」「祭壇を覆う布」なんか買ってみた。キャンドルスタンドを探してたら、なんか、メタル!なものがいいような気がして、キャンドルといってもティーキャンドルを使用するので、インド人御用達の、スチールの食器の小さい器をゲット!なんか、祭壇に飾る道具にも、エレメントを取り入れようと思ったのである。
あ。「棒」を買い忘れた。キッチン用の麺棒でいいか(笑)ダイソーは便利であるな。

儀式用の小道具は西洋魔術系。密教も魅力的ですが、密教専用の小道具が要りまして、確かにカトマンズで迷ったけど買わなかった。シンギングボールしか買わなかったのでした。
ので、いろんな家庭用品で代行可能な、西洋魔術系でいこうかと(笑)
でも、一応、新品で揃える事にしました。

聖水の作成方法もネットでゲット。各種小道具を「聖別」するのに必要。ま、浄化みたいなもんか。
後は、「法衣」(爆)これが、アラブ人の民族衣装でピッタシなので、後で買いに行こうと思案中。
魔方陣、これは作成不可能ですなー。ま、気持ちで行こう!

しかし、ネット上で上っ面の情報収集(爆)してる分には、密教、とうか古神道に私は関心があるのですが、それと西洋魔術(と言っても幅広いけど。私がネットで拾ったもんが基準)に共通点の多いこと。
ま、「神」を取扱うので、似てしまうのか何か。

ネットでの収集。これが難関である。古神道系のサイトは、当地のプロバイダー(1個しかないので、モノポリー状態)にブロックされてて、あまり閲覧できないのであった。
西洋魔術もしかり。
この土地で日本語で、「振魂法」だの「黄金の夜明け団」なんて検索してるのは、多分、私しかいないと思うが?(笑) まー、宗教系に関しては何も意見できないので、仕方ないねえ。

昨日、聖別しようと思ったけど、できなかったので、今日あたりからボチボチと。

うーん。
案外楽しいもんだ(笑) 私はこういう、一見バカバカしいこと(笑)も好きな人間なんだなと再確認(^^)

しかし、アレです。師匠でもグルでも何でも。近所に魔術師が住んでて、教えを請う事が出来たら・・・最高だよね!できればカッコイイ男性で、ゲイじゃない人がいいかな?(笑)
夜中に、ああでもない、こうでもない、と、酒も飲まずに時間があっという間に過ぎるだろうなー。
あーあ!
師匠よ、来たれ!


最近の話題は「粗食及び石器時代食」。遺伝子組替えも、農薬も肥料も使用しない、オーガニック農法があたりまえのネパール。
というか、交通手段は人力だけなので、肥料だの農薬だのより大切なものがあるので(笑)、浸透していない様子。
作物は痩せてみえたが、生命力ありそうでした。
これは田植えまえの準備作業みたいです。


d0025733_212657100.jpg

[PR]
by almarai | 2005-09-06 21:21 | 修行日記

魔術師ってこんな事するのだろうか? 「9月の目標!」

8月も目標設定して、いい線行ったので、今月もやってみよう!!
魔術師たるもの、こんな世俗的な事していいのか?と、多少思ったりするけど、ま、いいや!

本日、新月という事で、今日から調子良く9月を開始するとしよう。
昨夜、気合の入った掃除をして、CDプレーヤーが調子悪かったので、思い切り捨てた!化粧品の使わないのも捨て、寝室においてあった印刷物も捨てる。

とっておきのチベットのインセンスとイラン産のセージで浄化!聖水を撒き、西洋魔術風に儀式など執り行った次第。

朝起きたら、家の輝き方が全然違う!!あー、こういうの使用前、使用後で写真に撮っとけばヨカッタ!と思ったけど、後の祭り!

ところで、今月の課題は「修行」なのであるが、私は何故、今さら修行したいのか自分でも良くワカッテ無い所がある(笑) でも、やりたいのである。
ずっと気にしてはいた。が出来無い理由が山積していた。私は時間をかけて、自分が自ら自分い課した、この「意味など大してない」修行の出来無い理由を、一つ、一つ消して来た。

今や、家も、この肉体もかなり浄化されて来た!(笑) 知識もなんだかんだで集まった!足りないのは、身近で指導してくれる、「師匠」だけである。
いいんだ、別に、密教系でなくても。西洋魔術でも、スーフィーでも。全部、根っこのところはなにやら同じ!と思うから。

文献を漁れば、「単独修行のワナ」とか「道を逸脱し易い」だのと、デメリットが並べられている。まー、確かにそんな一面もあるかもですが、いないもんはいないんだよなー、「師匠」(笑)
いたとしても、数少ないらしいし、ホンモノに巡り合えるのも「運命」としか言い様が無いそうで。

でも、修行、したいんだもん!!!

私は何年もこういう世界に首を突っ込んで、一向に「効果」が上がらないのは、その「疑り深い性格」に拠る所が大きい。
ワークショップで人様がトランス状態になって、なんか言ってたりするのを、「しらー」とした気持ちで見つめていた。 「それがエゴの声でないと、エゴの見せてきたビジョンではないと、どうして言い切れる?」と質問したかったけど、さすがに勇気が無く(笑)押し黙っていたりして。

そんな私に「画期的」なトランスなど訪れる事もなかった。インナーチャイルドはコンセプトがキライで(笑)最初からブロックしてしまうらしく、『場』が来ない。
その説も間違ってるとは思わないけど、確かに、「感情」やトラウマの遠因は過去の出来事にあるかも知れない。
でも、過去は過去だ。終わったのだよ。癒すなら現在の、「過去に囚われてる自分」を癒して解放すべき、と私は思ったりして。

では、私は何故に修行をしたいのか?

今まで辿って来た道が、結局は、この修行に向かっていたのでは?と思うから。
修行の果て得るものは? そんなの、何もないかも知れないし、ワカラナイ!
こういう事をしたい!と思う自分の望みを叶えてあげようかな、と思うから。
脳内で整理整頓されずにいる情報、知識が、系統だつか、或いは、木っ端微塵になるかと思うから。
そして、多分、自分を知る意味で、いい体験になると思うから。
さらには、残りの私の人生のビジョンを確立できるかな?と思ったりして。

日々の生活が、それ自体、修行なんだけど、なつーか、メリハリちゅうか(笑)そんなんで、9月は修行月間にしてみようと思うのだ。

師匠はいない!と思ったけど、いた!それは「私自身」!(爆)
この疑り深くて、分析好きな性格は、サニワ向きかも知れない(笑)間違っても、うぬぼれたり、自分を過大評価したりするような事は無いだろう(笑)

さて、来週当たりを目標に、もう少し、情報収集してみますか。密教系だか古神道だか西洋魔術だか、なんだかそんなの。自然を媒介に、火や水や風と同調する感じで、修行してみようかな。
おもしろそー(^^)

そんな9月の目標は!!

まずは、
①瞑想の実践。これは修行とセットになってますわな。昨夜から開始してみました。もちろん、雑念グルグル!(爆)

②ヨガの継続。8月は25回!通ったビクラム。今月も頑張ろう!バランスのポーズと、木のポーズ2回目、座るポーズでバランスが取れるのを目標!

③修行、修行!まずは「水」による修行から。ペンジュラムが私の聖なる海、ジュメイラ・ビーチはNo!というので、自宅で。そのため、家中を激しく掃除済!!

④仕事。目標つうか。苦手なあの駐在員に対する苦手意識を愛に転化!(爆)これが出来たら、私は世界に敵なし。ちゅうか、誰でも愛せるようになるであろう!
できれば転職を成功させたいなあー。

⑤絵を描く!先月は出来なかったけど、素材は集まった。


と、こんな感じです。

さて。
つい呼ばれて行ってしまった週末のバー巡り(笑) 週末だというのに、女性には「タダ券4枚」が無料配布。なので、女性の数が多い、多い。賑やかでうるさかったけど、「ビール4本タダ!」だったので、ま、いいかと(笑)

盛り上がって、皆さん、バーのカウンターで踊っておられました。

d0025733_14131289.jpg

[PR]
by almarai | 2005-09-04 14:15 | 修行日記