カテゴリ:世界の薬膳( 9 )

食生活の変化2006年

ヨガにエネルギーを注ぐ一方で、食生活自体は、あまり省みられる事がなかった。
とはいえ、長年、私は肉食は滅多にしないし、加工食品も食べない。
ただ、メンドクサイのでどうしてもパスタ、とか、そうめん、ウドンとか炭水化物に偏りがちであったのだ。
そして最大の課題は「飲酒」(爆) ビールとワインしか飲まないけど、量が、回数が(笑) やめたいと思いつつ、、、、現在に至るわけでした。

昨日はヨガを終えてから家に帰って、「ピーマンとじゃこの炒め物」を作って、味噌汁を暖めて(切干大根+干しシイタケ+じゃがいも+たまねぎ+なす、という具沢山)頂きました。お味噌汁の具が沢山あったので、玄米御飯は無しでした。
週末以降、飲酒していないので、目覚めが爽やか!
飲酒すると、アルコール分解に体力使うらしく、カッタルイ気分で目が覚めるけど、飲んでないと、なんともスッキリ!である。

来年あたり、やめないまでも、極端に減らそうかな。。

さて。食の方ですが、基本ベジタリアンだけど、なーんか偏っていた私。 炭水化物中心。貧乏な人の食生活(笑)

そんな私の救済策は、玄米!玄米万歳!なんである(笑)
雑穀がカラダに良いと聞き及んで、さらに、友人宅で御馳走になったら美味しかったので、日本から持って来てもらったりして、玄米及び雑穀の在庫はあったけど、なぜか、玄米を炊いて食べてみよう、実践しよう、そんな気に全然ならなかったのである。

そんな私の目を覚ましてくれたのは、雅子先生!雅子先生の玄米生活ぶりをブログで読んで、単純にマネしてみよう!と思い立ったのであった。
そして、適当に炊いてみた玄米ご飯。これが、美味しい~!
そして玄米を食べていると、ごく自然に野菜のおかずが食べたくなるのである。玄米食べながら、「ちょっとステーキ」とか「刺身食べたい!」とかは、全然感じない不思議。
・・・・って普段から私は全くそう思わないのであった(笑)ので、関係ないか。

食べなかった割には、情報収集に余念が無かっので、私の玄米御飯の内容はチョット凄いよ。
・玄米  約3割
・押し麦 約3割
・残りの3割を、アラマサンス、キノア、赤米、黒米、あわ、ひえ、の混合。
 今回は当地のスーパーで発見した、そばの実、馬のマメ(爆)とかいう、フレックスシードがでかくなったようなヤツ、インド食材コーナーに売ってたので、多分、レンティルの仲間であろうと思われる。御飯に混ぜて炊くと、コリコリして美味しい。
この穀物MIXにひじきを一袋、天然塩少々、しょうが少々、オリーブオイル少々を入れて炊くのです。

穀物は案外、カタイので、押し麦以外は(押し麦は長時間水に浸すとグチャグチャになる。)36時間くらい浸水させている。モノによっては発芽なんか始まる。
私はこの発芽の瞬間のエネルギーを頂く、というのが案外好きである。

これをまとめて炊いて、後はお弁当にしたり、晩御飯で頂いたり、としている。
玄米には不思議な作用がある。それは、野菜というか、伝統日本食が食べたくなるのである。フキの煮たのとかね。フキは無いけど、私の台所には長年に渡って蒐集してきた、切干大根、高野豆腐、ひじき、があるのである。
これに、ローカルで入手可能な人参や玉ねぎ、ナスなどをアレンジして、野菜おかずを毎日食べている。美味しい!!
私は滅多に日本食屋なんかに行かないし、白米とか無くても平気なのだが、そんな私が積極的に食べるのが日本の伝統食、というところがイイ!

しかし、必要なものは全てココにある、って本当で、必要なものは全て私の台所にありました(笑)昆布とか干しシイタケ、手作り味噌、梅干とかね。

それと並行して、全くといって良いほど、加工食品を食べなくなった。 マヨネーズとかケチャップとかね。結構好きでしたが、無くても全然平気です。

料理好きなので、何かアイデアを!と思って日本語のレシピサイトを良く拝見するのですが、まー、マヨネーズ使用頻度の高いこと、そして麺ツユ、とか。
日本のマヨネーズって、開封してから常温にほっておいても、なかなか腐らないんだよね。
何が入ってるか、恐ろしいです。
マヨネーズなんだから卵とか入ってると思うけど、腐らないもんね~。
私は、そういう意味で腐らない、不自然な食品、いわば、化学薬品ドッサリの食品は殆ど食べないのでした。

そして何か変化があったかというと・・・・・わかりませーん!(爆)

でも、生活が楽しくなったかな?最近は味噌汁なんかもマメに作っていて、これには、自分でも驚いています。
私は料理はとても好きだが、「人を喜ばすため、笑顔を見たいため」であって、自分のために料理しようという発想は、全く無かった。
だから、自分一人の食事は、簡単でお腹いっぱいになるもの・・・・パスタとか、そういうもの中心だったのである。
隙間を埋めれば、何でもいいや、って感じで。

そんな自分が、自分のために味噌汁を作るというのは、大事件でした(笑)

大した事ないような事でも、全部、どっかで繋がっている。
以前に読んだ記事が、未だにアタマに残っている。

私たちはそれぞれが神様  (爆・なんかアヤシイですかね。)
私たちが住む家は神の住む神殿。そう思ってお掃除をしましょう。
私たちが頂く食事は、神様へのお供え(笑) 毒の無いものを頂きましょう。

なんか、そんな感じね(笑)
まあ、自分を神格化するか否かは別問題ですが(笑) 住まいをキレイにしたり、要らないものはドンドン捨てて、キレイな波動の家具・調度品に囲まれて暮すとか、それは大切な気がしている。

私は今年、玄米食を通じて、やーーっと、そういう基本のキ!が出来るようになった、と思っている。
これもネットで知り合いになった人や、知人、友人のお陰。
ありがたいことです。
[PR]
by almarai | 2006-12-13 18:13 | 世界の薬膳

簡単でシンプルなものほど、美味しいと評判 クッキングウィーク その2

そして昨夜、師匠の教え子やクライアント多数を招待しての親睦パーティ。
私はフィンガーフード、いわゆるツマミを作ることに。立食パーティなので、そういう簡単なものという事になった。

私はこういう催しモノがあると、大体、料理を担当している。毎回、似たような顔ぶれなので、私が何かしら台所で格闘していると、みんなやってきて、いろんなコメントを述べる。
だいたいが、料理教室を開催して教えたらどうだ、とうのと、ケータリングしてみたらどうだ、という意見。

んー。どうなんだろうな。料理って、私は分量とか量らないで、適当に投入してしまう。この辺は勘なので、教える事は可能なのだろうか?友人の主婦、必ずキッチリと分量を聞いてくる人がいるが、毎回、テキトー、と答えている。そのテキトー、が分かる人には分かるが、ワカラナイ人には永遠に分からないのである。

昨夜のパーティ料理は冷めても美味しくて、簡単なもの、に限定。またまたベジタリアンでした。

パーティのメニュ

◆野菜スティック
日本人ならば誰でも知ってると思うが、ガイジンには案外驚かれるのが、生で食する野菜は事前に氷水に放してシャッキリさせる、とういう点。
人参、きゅうり、セロリの野菜スティック。ディップはスーパーで買った「ホムス」という中東で一般的なヒヨコ豆のペースト。自作のディップはヨーグルト+パセリ+おろしニンニク+胡椒。
私の自作ディップの方はほぼ無くなっていたので、人気があった?(^^)

◆チーズの春巻き皮包み揚げ
チェダーチーズを春巻きの皮に包んで揚げたもの。チリソース作ろうかと思ったけど、メンドクサイので却下。
冷めても美味しいけど、揚げたてが美味しいので、皿を持ってパーティ会場を巡回。大好評でした。サウジアラビア産の春巻きの皮が優秀で、冷めてもパリパリ。
大量に作ったけど、パーティ終えてみれば、2本残ってただけ。一番売れ行きが良かった。

◆オニオン・バジ
ラマダン中。日中の断食を終えた最初の食事は、甘いチャイとこのバジと呼ばれるインド風天ぷら、というのがポピュラー。パコラとも言うかな。
実は初めて作ったのである。これ簡単で美味しいので、これからの定番メニューに加えようと思った。
ヒヨコ豆の粉、ベイスンパウダー、或いはGram Flourと呼ばれてる粉を使う。ふわふわに揚がって、とっても美味しかった。スーパーで粉を買ったら、「バジの作り方」が乗ってて、そのレシピを基準に作ってみた。
タマネギみじん切り、コリアンダーみじん切り、グリーンチリみじん切り、クミンシード、チリパウダー、塩をベイスンパウダーに混ぜて、タネを少し置いてから、油でカラリと揚げる。
スパイシーなのがダメという人が多いので、マイルドな仕上げに。
塩が入ってるので、何もつけずにそのまま頂くのです。美味しかった。

◆ツイスト・ペストリー3種
オーブンの温度を間違えて&焼いてるのをうっかり忘れて(笑)、それが幸いしてカリカリの仕上げになったペストリー。味は最高!(笑)
市販の冷凍パイシートを買って来て、粉ひいて麺棒で伸ばし、そこに味付けを練りこむというもの。自分で美味しいと思ったのは、インドスパイスの絶品(と私が思っている)「マドラス・カレーパウダー」を練りこんだカレー風味。
友人は、パルメザンチーズを練りこんだ「チーズ風味」が最高だと言っていた。
また、アラビック・ハーブのZattarを練りこんだのも作った。
適当に練りこんで、生地を薄く伸ばし、きしめん状に切って、ひねってオーブンで焼いただけ。
私のイメージとしては、パイ生地なので、柔らかふかふか、だったのだが、温度が低すぎ、長時間オーブンに放り込んで忘れていた(笑)ため、カリカリの出来上がり。逆にそれが良かったけど。

これは、いろんなバリエーションで作れますね。
ゴマ味、醤油ニンニク風味、チリ風味、パセリ風味・・・・何でも来いって感じ(笑)

こうして創意工夫して新しいメニューを作るのが、最近、とても楽しく感じるのであった!
昨日のパーティで「大学いも」を作ろうと思ってサツマイモを買って洗っておいたけど、なんかメンドクサクて作らなかった。
今日は、あのサツマイモで「松蔵ポテトもどき」を作ろうかと思う。
サツマイモを茹でて、バターとクリームでマッシュして砂糖入れてオーブンで焼く!美味そう!!!
そしてタロットリーディング!楽しみ!!!
[PR]
by almarai | 2005-10-08 17:03 | 世界の薬膳

料理をたくさん作って楽しかった1週間! その1

先週は、クッキングウィーク、という感じであった。料理を作るのが趣味な私は、とても楽しく料理が出来た。

誰かのために作って食べて貰う、というのが私の場合、重要なコンセプトで、「作れればいい」という達観した心境には至っていない。対象もなしに、料理を作って楽しめる人なんかいないよね、多分(笑)

水曜日は仕事を休んで、ベジタリアンディナーを作成。お皿別ではなく、みんなが好きなものを好きなだけ食べる「大皿料理」にしました。これなら当日の参加者数の変更にも、柔軟に対応可能です。

この日のメニュ
◆そばサラダ
師匠のために料理したので、師匠の好物、ソバをサラダ感覚で。
人参、キュウリ、セロリを千切りにし氷水にさらし、シャキシャキにして、茹でモヤシなども投入。
ソバは普通に茹でて、中華ドレッシングで和えました。ベジタリアンでなければ、ここに錦糸タマゴなんか入れると美味しいのでした。簡単なのでしょちゅう作ってる、私の定番メニュー。大好評でした!

◆モヤシの胡麻和え
なぜか、大量の「すりゴマ」入手したので、茹でモヤシに醤油・酢で簡単な1品。そばサラダと味が似てるので、細切り生姜で印象を変えました。

◆切干大根
ちょっと古くなっていたため、色が黒くなっていた(笑)切干大根、家にたくさんあるけど、変色したのは、かなり風味が落ちるので、早めに使い切ろう。当たり前の味で、まあまあの出来。

◆てんぷら
野菜の天ぷらを最後に作ったけど、時間が間に合わず、大汗流しながら大奮闘。メンドクサイので、てんつゆパスしようかな、ガイジンだし気がつかないだろう、と思ってたら「天ぷらのソースは?」と聞かれてしまい(笑)、仕方なく作ったのであった。
サツマイモの天ぷらが大好評。タマネギ主体のかき揚げも好評。自分的には「モロヘイヤ」がヒット。大きなグリーンチリとかピーマンとか、時間がなくて&量が多かったので揚げなかった食材多し。

◆豆腐ローフ
ローフにしようと思ってたら、量が多くてローフ型に入りきらないで、えい!っとばかりに、大きなパイレックスで作りました。そのままテーブルに出せるのでこれで正解でした。
人参、コーン、フレンチビーンズ、干しシイタケ、ヒジキ、カシューナッツ(これ大正解)、ネギを炒めて、潰した豆腐に混入。味付けは迷った末に、塩と醤油を少し入れてみました。豆腐を白いまま出したかったので、あまり濃い味付けにしなかった。
ピーナツソースを作ろうと思ったら、なんと、スーパーに塩味でないピーナツが売ってなかったので諦めました。発想を変えて、「マスタード&味噌」を混ぜてみたけど、イマイチ(爆)ソースはなくても美味しい、というのが皆様の感想でした。
これがこの夜のメインディッシュでしたが、大成功!!
つなぎのパン粉もあまり繋ぎになってなくて、取り分けると、崩れ落ちる感じ(笑)ローフ型で焼いていたら、型から出したら粉々になっていたでしょう。パイレックスにして、ホント、ヨカッタ!

◆雑穀ご飯
私はとても気に入っているけど、メニューが多かったので、あまり評価されない雑穀ご飯でした。
黒米+玄米+ひえ+押し麦に、生姜と昆布少々、塩とオリーブ油数滴垂らして炊き上げました。モチモチしてて、美味しかった!

◆ナスのイタリアン
自分が食べたいから作った一品。ナスをオリーブオイルたっぷりのフライパンでこんがりキツネ色に焼き、揚げ立てにバルサミコ酢とおろしニンニクをかけただけ。塩は酢の風味でなくてもOKなのです。
これも私の定番で何度も作ってますが、必ず「美味しい!」の声が聞ける一品です。冷めても抜群に美味しい。トーストなんかに乗っけて食べても美味しい。
イタリアのレストランで良く出てきた付け合せを、自分でテキトーに再現したのであった。

デザートは今回は、頂きもののスイートがあったので、それを消化。

外国人の方々は、日本食の食べ方も独特というか、日本流で無いので、「あああ!だめよそれ!」と思う事も多いけど、最近、「ま、それもありか。」と、めんつゆを雑穀ご飯にかけている人を暖かく見守る私でした。

参加者みなさんに、大変喜んで頂き、私も疲れたけど、とても充実した夜になりました。自分が好きだから、というのもあるけど、ベジタリアンメニュを創意工夫して作るのが、一番楽しいかも知れない!
食べてくれたお客様、ありがとうございました。

○○余談
お客様の一人のフランス人女性が「透視能力」があって、目の前の人の未来が「見えてしまう」のだそうだ!私、大好き、そう言う人!(爆)なんでも、コントロールできない(ビジョンをシャットアウトしたり)そうで、どんどん流入してくるんですと。
そういう人って、好奇心で質問されるのイヤなのかしら?と師匠に聞いたら、「彼女はOKよ!」と言ってくれた。
師匠の言葉添えのお陰で、私は今日の午後、その人が私のためにカート(タロット)をオープンしてくれるそうだ!
ヤッターー!!(^^) たのしみ!
[PR]
by almarai | 2005-10-08 16:27 | 世界の薬膳

納豆製作に成功!庭に24時間放置でOK!あまりに簡単で、おいしい納豆!

8月の目標の一つを達成!納豆を自作したのだっ!(←越後屋調)
越後屋さんのレシピで作りました!!!!

越後屋さんはAUSで今は誰もいない冬、だそうで「保温器」を自作しておられましたが、越後屋さんの「40~45℃に発酵温度をキープ、に私は「そりは、ここの気温じゃないかい?って事は、外に放置しておけば、自然と納豆が?」と思ったのです。

一人よりふたり、と思い、友人の奥様を誘いました。乗り気になってくれて早速実行。奥様は気の遠くなるような日本食ストックをお持ちで、その中に、「自家栽培大豆」があったのだ。奥様は、その貴重な「ヤマト大豆(私の命名)」を差し出してくれたのだ。

が、実は、私も少し前、大豆とヒジキを炊こうと思って大豆を茹でたけど失敗(笑)、奥様も大豆を蒸した事も煮た事も無い、というので、ちっと不安なままにスタートしました。

蒸し器が無かったけど、良くある取っ手付きのパスタ茹で上げ用穴明きステンレスボールを鍋に入れたら、ピッタシサイズ!ああ、これは上手く行くな、と私は何気に思ったのでした。

ただ、蒸しても蒸しても大豆が柔らかくならず、奥様から越後屋さんに、是非、蒸し時間のアドバイスをお願いします、とのリクエストがありました。

大豆は蒸したら、楕円形になってしまいましたが、最初は丸かったそうです。
蒸した大豆をケーキ型に空け、納豆を混入した後、庭のヒサシの下、直射日光の当たらない場所に置いて終わり。
「こんなんでできるのかしら?」と二人とも不安でした。

翌日、奥様から連絡。「腐ってるわあ!とーっても臭いんだけどー。」あれこれ相談し、取りあえず、会社終わってヨガ教室終わった後に、納豆と初対面、という事になった。

世界納豆自作普及協会会長の豪州在の越後屋さんによると、納豆は「五感」で味わうとの事で、発酵食品でもあるので、「おや?」と思ったら無理して食わない等の注意書きがあった。
奥様は「なんだか怖くて」という事で、味見が出来ずにいたのである。
私が到着するや否や、奥様は冷蔵庫に鎮座していた「自作納豆」を取り出して来た。

臭いを嗅いでみる・・・むむむ、納豆である!
スプーンにて掻き混ぜてみる。 なんと粘り強い!!
そして口に放り込んでみる・・・・な、な、納豆だああ!!!!

「奥様、大成功!!」そのまま私は奥様が用意してくれたごはんに納豆を降り注ぎ、美味しく頂きました!!
奥様もおそるおそる食べてみる。 「あらー、おいしいわー。」
見た目はチョットですが、初体験としては上出来だと思いました。奥様は「明日、引き割りにして食べる!」と言ってました。
私はモロヘイヤと納豆を混ぜてお弁当にしました。さっき食べ終わったばっかり!!おいしかったよ!!

今週末、また挑戦しようという事になり、先ほど、韓国スーパーに行って「韓国大豆」をゲット。
これで今週挑戦します。

それと、奥様の日本食ストックに、大量のアズキがありました。Mathaさんのブログで「水ようかん」を見かけたので、コレだあ!と思い、奥様に言ったら、早速作ろう、という事になりました。

納豆は当地でも売ってるけど、冷凍だし高いし、多分、とても古いと思うので、自作に踏み切りました。水ようかんは、甘いもの苦手、特に和菓子が大嫌い(笑)な私が、食べてもいっかな、と思う数少ないスィート。ちょうど暑いし、いいね。

それに。
何かを自作する、というのは、とてもいい刺激になり、完成して食べる瞬間って、なんとも言えないドキドキ感がありました。
実験、という感じ???

今回は良い体験が出来て、御丁寧に作り方を教えてくれた越後屋さんに、感謝!でございます。

お味の方は、私がカトマンズでふらりと入った日本食屋の自作納豆に似ていた。ちょと固め、にできるみたいです。

これが「砂漠納豆」 ちょっと粒がデカイしら??でも、自作というだけで、とても美味しく感じました!!


d0025733_2054656.jpg

[PR]
by almarai | 2005-08-16 20:07 | 世界の薬膳

初公開!これが魔術師弁当(爆)

いああ。私の好物モロヘイヤを、遠く離れた日本でせっせと食してるMathaさんに敬意を表して、私のモロヘイヤ弁当も公開しよう!と思ったのです。

しかし。なーんか地味じゃーん?(笑)
これ、残り物のひや麦も少し入ってるざます。普段は粉製品(小麦粉製品)とか炭水化物とかは、ほとんど食べないのですが、週末金曜日は「何でもありデー」なので、なんか冷麦を茹でたのでした。

冷麦を使用したけど、通常はココに「トマトの串切り」とか、茹でたオクラとかが参加します。基本的に1品のみ。だって、メンドクサイじゃーん。味付けは塩味(笑)にすりゴマとかチリパウダーとか、気が向けば醤油。
今日は冷麦が入ってたので、醤油を投入。そのせいか、なんか色が汚いじゃないの!

そうそう、写真では見えないけど、今、はまってる「フラックスシード」をオーガニックshopで買ったので、ソレを挽いて混ぜてます。

フラックスシード。これ、最高!!!日本名は「亜麻の実」つうだそうです。
私は毎朝コレを大さじ(カレースプーンってやつね)に一杯口に放り込んで、それから、ずーーーっと噛んでいます。30分以上?会社に行く支度して、運転して会社まで(といっても7分程度)行き、やっと飲み込む感じ。

何が良いって「唾液」がたくさん出るのだ。そしてフラックスシードの食物繊維が、私がSWFでも味わえなかった「感動」(爆)を与えてくれたのだよ!!
こりゃ、すごいです。
世間の詰まってるアナタ、これが最後の秘密兵器!と私は思うです。でも粉砕したりせず、せっせと噛んで、唾液を多量に分泌する事が、なんだかカラダにスゴくいい事なんじゃないか、って思うのです。

昔と違って、今は咽越しの良い食品、なめらかなテクスチャーの食品とか多いから、噛まなくなったのではないかと思うのです。私個人で推進してるのテーマは「石器時代食」ですから(笑)

今日は朝、ビクラムヨガへ強行に行ってきました。今は日本が夏休みシーズンなので静かなのと、中東湾岸の富豪の皆さんは7月~9月上旬までは、涼しい国(スイスとか南フランスとかの欧州が人気ね。)の別荘に避暑休暇でいないので、私のボスも、ビジネス相手がいなくて、ヒマにしてるのだ(笑)
なので、たまにはいいかと。で、夕方もまた!いっちゃうもんね。


初公開。魔術師のお弁当!容器はTake Awayで何かが入ってたヤツね。丁度良い大きさなのだ。ボスが今朝、日本の雑誌をくれたので、それをバックグランドにしてみました。



d0025733_18194955.jpg

[PR]
by almarai | 2005-08-08 18:19 | 世界の薬膳

長崎ちゃんぽんとビビンバが象徴するもの考

女性が一人でレストランやカフェに入るのって、勇気が要るんじゃないかなあ。

私はビールが好きだけど、一人でパブに行って飲む勇気は無い。いや、最近、ビクラムヨガで汗を噴出した後、どーしてもビールが飲みたくて、たまたま教室の3軒隣りにあるサルサClubでビールを飲んだ事は数回ある。
ソレは早い時間で、お客なんか来ないので「サルサレッスン実施中」であった。私はかつてそこでサルサをレッスンしてたので、ちょっと知った場所なので一人でもいけた。

その他は全く、一人で行った事は無い。take awayして買って帰る程度である。カフェも私は一人でいけない。もう大人なのに。

そんな私が日本で唯一行けたのは「長崎ちゃんぽん屋」。家の近くにあった、何の変哲も無い無名のちゃんぽん屋。ここのデラックスちゃんぽんが、最高に美味かった!!あまりに美味しいので、時折、ふらりと一人でも行っていた。ビールとデラックスちゃんぽん。手持ち無沙汰なので、その辺に置いてある「東スポ」をめくったり・・・オヤジな世界(笑)

ちゃんぽんは美味かった!白いスープで。アサリ、イカ、海老、豚肉、さつま揚げ、白菜、もやし等々、具がたくさん。

あの長崎ちゃんぽんから、雲泥の月日(そんな日本語あったか?)が経過し、住む場所も、遠く離れてみたけど、一人で飲食店に行かない習慣はそのまま。案外、人のプリンシプルって変わらないもんだで。

そんな私が、物凄く久しぶりに「一人で」レストラン・・・・ちゅうか、食堂に入ったのだ!快挙??
その日もビクラムヨガの後で、私はどーーーしても「ビビンバ!」が食べたかったのだ。
韓国食堂はサルサクラブの隣(爆)
数回行った事がある食堂。客は韓国人ばっかり。働くオバチャンの愛嬌の無さが、また極端でイイ(笑)

でも、久しぶりのビビンバはあんまり・・・・MC終えたらビビンバが好きでなくなっていたのだった。
私の人生でいまんとこ、一人で行けた「レストラン」は、長崎ちゃんぽんとビビンバかあ・・・なんか、、アレだわ(笑)

しかし写真で見ると、なんつーシャビイ場所なんざましょ?



d0025733_19144428.jpg

[PR]
by almarai | 2005-08-07 19:15 | 世界の薬膳

モロヘイヤ中毒

友人の悩める主婦が、「モロヘイヤ寿司」というのを御馳走してくれた。最高に美味しかった!
寿司米はオーストラリア産というハンデキャップをも、見事に吹き飛ばした「モロヘイヤ寿司」!
カッパ巻きのカッパ(キュウリ)が茹でたモロヘイヤに変っただけの寿司。

私は海苔巻を包丁で切れない、という病気を患っており(爆)お寿司は、手巻き寿司しか作らないのです。包丁を酢につけようが、水につけようが、海苔巻が切れない!日本にいた頃からそうでした。

悩める主婦の友人は、サクサクっと海苔巻を切っていた。さすが主婦!これも一種の才能である。少なくても私には出来ない。

この「モロヘイヤ寿司」に端を発して、私はモロヘイヤ中毒になってしまった。
思えば10数年この土地に住みながら、つい最近まで、生のモロヘイヤを知らなかった!という信じられなさ(笑)
それは日本に10年住んで「ネギを見たことが無い。」に匹敵するかも?(笑)

大昔に一度、シリア人宅で「モロヘイヤとチキンのスープ」を御馳走になった事がある。あれはラマダンの夕食だったか?私はチキンを食べないので、ちょっと不快な気分になりながら、モロヘイヤだけ頂いていた記憶がある。友人は「コレダ!」と言って、ダマスカスから持って来た、というモロヘイヤの乾燥した葉っぱ・・・ワカメみたいな・・のを見せてくれた。

私は最近「食養にハマッた主婦」と情報交換するようになるまで、ずっと西洋人向けスーパーしか行かなかったのだ。
たまに刺激を求めて(爆)インド人向けスーパーに行ったりしていたが。
そう言う場所には、モロヘイヤは存在しなかったのである。

モロヘイヤやアラブ人御用達のスーパー、生協(Co-op Islam、イスラム生協)で売っていたのだ。食養主婦の影響で、野菜ジュースを摂食するようになって、Co-opへ行き出した。
アラブ人、特にローカルと外国人が呼ぶ地元のアラブ人は大家族のため、食料品でも何でも大量買い。ニンジンでもジャガイモでも10キロ入りの麻袋のままお買い求めになる。
最初にそういう大量買いを目撃した頃は、「この人、馬のエサでも買ってるの?」と思ったほど。

果物を良く食べる習慣のアラブ人、当然、箱買いです。今はトルコの桃が旬ですが、1箱50個は入ってるもんね。
オレンジも箱買い。昔の日本のみかん箱程度の大きさね。

Co-opには果物が箱でズラリと並んでいます。量り売りもあるけどね。
イスラム生協なので、豚関係は売ってません。

そうそう、ココで売ってる「さばいて切り身を作った後に余った鮭の頭とか背骨」が凄く安いのです。いつか鍋にして食いたい!石狩鍋を作りたい!と他人を勧誘してるのですが、色良い返事を貰っていません(笑)
昨日、悩める奥様に話したら、「今度やろう!」とポジティブなお返事!ヤッタ!長年の夢がかなうぞ(笑)

で、モロヘイヤ。
奥様に聞けば「今が旬」との事で、生で食べられる時期にたくさん食べておこう、と思って大量に買って茹で保存。8束くらい買うので、巨大な鍋で茹でて、1週間持ちますね(笑)
自宅の台所では狭いので、友人宅のでかい台所で茹でさせて頂いています。

茹でて保存したモロヘイヤをレンジで温めて、ゴマとか醤油入れて、お箸で掻き混ぜると、納豆みたいに粘り気が出て、泡みたいなのがネバネバといい感じ。
ネバネバ感はオクラよりずーっと強いです。ちゅるちゅる、って感じの食感(笑)

奥様も言ってたが、モロヘイヤは「強い」ので、虫が食った形跡がありません。
スープにしても美味しいと聞いてるが、何せ、茹でて保存しちゃうので、どうしても「醤油味ぶっかけ系」という豪快な食べ方一辺倒になってしまいます。

炒めるとどうなんだろう?今度、実験してみよう。

日本から来た家族の滞在最終日にモロヘイヤを買って、茹でて御馳走したら感激していました。日本に帰って探したら八百屋で発見との報告がありました。
日本でも売ってますね、最近。栄養価が素晴らしいそうで、夏バテ前に「モロヘイヤ」!

以上、モロヘイヤ拡販協会より(^^)


久しぶりの画像。
アル・カサという高級ホテルにお茶を飲みに行きました。私はシティホテルより、こういう豪華絢爛キラキラホテルが好きです(笑)


d0025733_19262631.jpg

[PR]
by almarai | 2005-08-02 18:54 | 世界の薬膳

マスタークレンズへの準備は着々と。

昨日、当地で唯一のオーガニックshopへ行った。イタリア製の玄米買占めようと思ったけど、良く見たら量り売り(産地不明)もあって、イタリアンの半分の値段。これだけあれば、売り切れないだろうと安心して、買占めは中止!(笑)

食養にはまってる奥様に、メープルはどこで手に入るかね?と聞くと、お買い物に良く行かれる奥様ですら、「そういやー、あんまし見ないわねえ。ここはハニーが人気だしねえ。」というお答え。
しかし!天の采配で巡ってきたマスタークレンズだす!ないわけないじゃーん!ふふふ!ありました、ありました、グレードB、私の欲しかったヤツ!!

でも、52Dhsもした!たけええええ!って日本円で、1,500円くらい?USドルで14ドル!!これって高い安いは、個人の価値判断によるのだけど、私は基本的に一人分しか買わないから、単品で30Dhs(1,000円程度)以上のものなんて、食料品じゃ滅多に買わないずらね。
牛ヒレ肉1キロが60Dhsのこの国で、メープル、オーガニックとは言え、高すぎ!プンプン!!

でも、1,500円のメープルシロップ(約900ml入り)に、高いと不満を漏らす私の生活って、一体?(笑)
先日のランチパーティで購入した海老1キロも55Dhsくらいだったな、確か。
うーん、海老とメープルがほぼ同じ価格って・・・・・意味不明。

オーガニックな玄米は1キロ6.5Dhs 約200円。まあ、これだったら許せる値段?(笑)こんな価値観になると日本へ帰れないね。
たまにくる姉が、「日本では今キュウリが高くて、1本148円もする。」と言っていた事がある。当時はJudy Coleに会ってなくて、冷蔵庫に私の好物キュウリが必ず常備してあったのだ。

キュウリ1キロ100円(笑) 1キロも買った事はありません。

さて、メープルをゲットした私は野菜コーナーへレモンかライムをゲットしに。あった、あった!!
しかし。

たかーーーーい!!1キロ23Dhs(700円) 普通のレモンの7倍!!
セコイ私は買う勇気が起きず、また、ビクラムヨガへ行く直前だったので、結局買わなかったのでした。

その後、奥様に報告すると、「あなた、2週間ソレしか摂取しないんだから、それくらいの贅沢は許されるんじゃないのー?結局、自分で食べるんだしさあ。オーガニックでない柑橘系って、農薬とかの残量が凄いらしいわよ。オーガニックでないモノを期間中に摂食するなんて、クレンジングしつつ、一方で毒を取り入れてるも同然じゃないの。」と諭され、んだす、んだす、という気分に変りました。

さて、勤務中は会社でレモネード作って飲もうと思ってますので、も一回、オーガニックshopに行って、会社用のメープルを1,500円の大金出して買って来ようと思うのでした。
あと、隣のモールに入ってるDAISOへ行って「じょうご」を買って。準備は着々と進んでいるのでした!

コレが噂の高い高いメープルシロップ カナダ産。隣は今読んでるパウロ・コエーリョにの「The Zahir」たまたま手にしてたので一緒に撮影。この本はとても面白いです。はい。


d0025733_13415243.jpg

[PR]
by Almarai | 2005-07-07 13:42 | 世界の薬膳

人参ジュースとターメリックが私を救う??

最近やっと見つかった(笑)私の夢。

この都市に「薬膳レストラン」をOpenする事(笑)

やりたい事、なーんか無いかなあ、と思ってた矢先に、久しぶりに専業主婦友人に会ったのである。専業主婦友人は奥様M、この国の人と結婚して20年以上この国にお住まい。もう子供も成長し、専業主婦はディテールに凝るのである。

「あなたは、いつも「ただの」専業主婦ってバカにするけどねー、それなりに忙しいのよ!」

が彼女の口癖(笑)バカになんかしてませんって!奥様(^^) 
奥様は最近、愛車のメルセデスs320を定期点検に出され、御主人の用意した代車が「ホン○のシビック」だったそうで、3日しか運転しなかったけど、「何かしら~。あの車、ペラペラでまるで紙で出来てるみたいだったわよぉ。」とのたまう奥様(^^)
奥様はそのビッチイとも取れる言動で世間を狭くしておられる御様子ですが(爆)私はあまり気にならなかったのである、最初から。まあ、相性ってんですかね。

彼女は外国人と結婚してながら、驚くほど日本流を保っている。食事なんか日本食だし、家に置いてあるお菓子も日本製。日本に住んでるような錯覚を起こす。ま、彼女が日本食好きでそうなったのだろうが。

久しぶりに会った彼女は私がJudy Coleを紹介してコンサルを受けた後、食養の世界にハマッているらしい。日本から雑穀なるものを輸入して、毎日食するご飯は赤米とかヒエとか押し麦とか玄米とか、いろんなのが入ってて、そりゃ、美味かった!のである。

私は、ピーン!と来た。「奥様、最近は日本食ブームで当地でも日本食屋が林立してるし、西洋人向けスーパーには信じられないほど不味い(爆・食べた事無いけど、見て分かる!)寿司のランチボックスが売ってるし、オーガニック食品への関心も高まってるし。
こりゃあ、薬膳レストランOpenしたら繁盛するし、人の役に立つと思うよ!ね、やる気ある?御主人反対しない??

「そうね、夫は出資したい、って言うかもよ。」ありがとう奥様(^^)現時点では、この程度で充分。
そして間も無く、また別の「悩める専業主婦」に奥様の家で会ったのだが、この悩める専業主婦、お菓子関係に関してはバツグンのセンスの持ち主で、その日は当地でゲットした材料のみで作成した、という「イチゴ大福」を持参。
売れるよ、これ!ってな出来栄え。

ホント、専業主婦を侮っちゃイケマセンね!素晴らしいっす。

しかし、悩める専業主婦を薬膳レストランのお菓子部長にしようかと思ったけど(笑)、奥様と相性がイマひとつ、なんである。んー、関係ないか私には(^^)

外国人と結婚して外国で暮らし、ちょっと行き詰まった感のある専業主婦の皆様に、薬膳レストランはいい刺激になると思う。
手芸好き(主婦の趣味といっても凄い人は凄いもんね。)には、コースターとか座布団とか作っていただき、書道の達人にはそれを壁に飾らせていただく。

コツコツ話を聞くカウンセリングも悪くない。
が、かの環境の専業主婦には環境の変化と社会に参加してる意識、自己重要感、そういうのを一気に与えてくれるのが「仕事」ではないかと思った。
あ、私も含めてね(^^)

奥様が毎日飲んでるという人参ジュース。これがとても美味しくて、早速私も真似してみた。美味しいより何より、生まれてからずっと悩みだったトイレ問題が解決した(爆)
出さないと、ね、何事も。
ターメリックカレーも毎日食べている。調子はいいような気がする。

変容は肉体から!始まる事もあるのかもねー。
[PR]
by almarai | 2005-05-21 16:02 | 世界の薬膳