カテゴリ:直感コメント( 13 )

引き寄せの法則!こりゃー、面白い!The Secret、ですがな。

雅子先生に教えて貰った本、The Secretを読んでいます!!これは、大変面白い本です。
私はこういう見えない世界が大好きなんですが(笑)そういうのの、集大成と言っても過言ではないかも。
読書が趣味な私は、その分野に関連してはかなり情報収集してるので、最近は、目新しい説(笑)とかにほとんど、出会っていない。既にどこかで語られていたり、何かで読んだり、という事が多い。

というか、私は知識として蓄積はもういいから(爆)、実践の課程に進まないとね!って感じなのだ。
オレンジを見たことも食べた事も無い人に、ああだ、こうだ、と延々説明するよりも、食べて、味わって、感じて貰うのが一番、だと思うが、その際、ある程度の知識は、感じ方を深めるのに役立つ、よーな気がしませんか?(笑)

それで、The Secretなんですが、チョットしたクレンジングの技とか、潜在意識の活性化の方法とかが、さりげなく散りばめられていて、まさに、至言満載の本。
古今東西のトラディションから、数多くの言葉を引用しているのですが、それは聖書の言葉だったり、ヒンズー教に伝わるコトワザだったり、いろいろなんだけど、そういうのを読んでると、古代の賢人たちは、もっと、宇宙の秩序、法則を深い所まで知ってたんでは?なーんて思うのだ。

新しい事は、多分、何も無い。それは既にどこかで語られていたり、受け継がれていたりしていて、誰かが最近発見した!って事は無いのだ。
たとえば、ニュートンが法則を発見する以前から引力は存在したわけで。
宇宙に秩序も法則も厳然とそて存在し、私たちはソレを、見つけていく作業をしてるだけなのかも知れないな、とか思ったり。

秩序や法則は万人にあてはまり、例外は無い。そういう意味で、人はあまねく、法則の影響下である。(と思う)
が、一方で、感じ方、味わい方は各人各様で、おんなじ、ってーのは無いのかも。傾向、はあると思うが。
そこに、個人として存在する意義があるのかな、なーんて思ったり。

最近、主食の雑穀+玄米ご飯に入れてる「押し麦」が切れていて、韓国スーパーに買いに行かなくちゃ、って頭の隅っこで思ってから、「韓国」がやって来た!(笑)感じです。
ありゃりゃ、と思ってたら韓国スーパーのそばに用事ができちゃうし(笑)
彼は韓国スーパーをもの珍しげに見ていた。家に帰ってきてから、「あの、キムチ?ってやつ。冷蔵庫で売ってたあれ、何?」と聞いてきた。
韓国の漬物で発酵食品である、と説明したら、「次、絶対に食べてみたい!食べさせて!」とお願いされてしまった(笑)
そうです。私は「キムチを引き寄せ」ているのです(笑)

彼は私の懸念をヨソに、あっさりと玄米雑穀・ひじき入りご飯を受け入れてくれた。やれやれ(笑)
しかし、スコットランドに戻っていた2週間の間に、拘置所暮らし(笑)で激痩せした体重が戻っていた。戻ったというより、もっと太った?感があった。
「何~?せっかく痩せたと思ったのにぃ!あっという間に戻っちゃったわけ?」と詰め寄ると、「ハギスのせいだ、ハギスの!」とスコットランド伝統料理ハギスに責任転嫁していた。
ちなみに、私はハギスは大嫌い(爆)

オーガニックスーパーで、美味しそうなパンを衝動買いしてしまった。私は滅多にパンは食べないけど、彼はパン好き。なら、少し高くてもカラダにいいものを、と。
しかし。
彼のモンダイ(笑)は肉食ではなかった。バターの摂取量のせい!!
目の前で、彼はバターを1センチくらい切り取って、ちぎったパンに乗せていた。そして、バターはデンマーク産に限る、とか薀蓄を垂れていた!(笑)

「バターって?私は滅多に食べないけど、食べるとしてもうすーく伸ばすから、バターの味なんかしないよ!」って言うと、彼は「ふんふん」と聞いてるフリして、さらにバターに手を伸ばしている。

「ねえ、アナタはパンを食べてるんじゃなくて、バターを食べてるのね?バターにパンを敷いてる?って感じよね。」と言うと、「玄米ご飯もバター乗せたらもっと美味しいよ。」と反論されてしまいました(爆)

その後、彼が咳き込んでると「ほーら、原因はバターの取りすぎよ!」
朝起きれずにホゲホゲしてると、「バター摂取過多で目覚める神経がやられたのよ!」
運転してて道を間違えると、「バターの食べすぎで血管が詰まって脳が動かないからよ!」
と、ネチネチと私に嫌味を言われている(爆)

早くも、「うっとーしー女だな?」なんて思われてたりして?(笑)
イカン、イカン、そんな思いを引き寄せないよーに、ラブラブでいないとね!(笑)
[PR]
by almarai | 2007-02-27 19:29 | 直感コメント

12月 新月のお願いと12月の目標設定!

2005年度最後、12月の新月宅配便オーダー一覧!

早いもので、今年も最後の12月。何気に始めた「月報作成」(笑)仕事でもしてますが、「目標」がある場合、進捗状況が把握できて、私は案外気に入っています。
仕事では「経費予算の達成度合い」「営業予算の達成度合い」と二つおの数字がメインです。いくら稼いでも、経費かかっちゃ意味ないですから(笑)これを「魔術」に応用できないかと思案中。
さて、2005年最後のオーダー!(笑)思い切って行こう!!

◆ロマンチックなクリスマス!を迎える!
毎年,誕生日とクリスマスパーティの顔ぶれが、日程が接近しているため、同じになる。しかしながら!諦めずに「ロマンチック」を追求したいな!舞台設定は「砂漠」。砂漠で赤ワインで「清しこの夜」!(爆)
魔術師見習として、私は行動予定をプログラムしたら、後は「何もしない」事しかする事はないと達観したぞ!(笑)

◆楽しいニューイヤーズパーティを迎える!
毎年、サウジアラビアの小富豪(日本基準では大富豪・笑)の知人のパーティに参加。5スターホテルのペントハウスにお泊りの富豪夫妻。シャンペン飲み放題、つまみはベルーガのキャビア!店で買っても高いのに、5スターホテルでの価格って凄いんじゃないか?と庶民の私は感じるのであった。このパーティは賑やかに,楽しく!

◆ヨガ!!
日課になってるヨガ教室。新しい先生も来るという事で、益々精進しましょう。今月の課題も「固い腰まわりを何とかする!」なのであった(笑)毎日行ってると、「調子」の波が良く掴めないという難点がある。が、私は毎回「これが最後のヨガ!」ってな感じで、精一杯やっています!(笑)固いところを柔軟にしたい、その一心で今年もヨガ、頑張ったよなあ~。。

◆仕事
某イラクの仕事が舞い込みますように!私はいつの日か、解放されたバグダッドで、ガヤガヤと仕事をするのだ。それが私の長きに及んだ中東ライフの総決算、なのだ!仕事の内容は何でもいいが(笑)、日本と関係ある事だろうなあ、きっと。ODA?(爆)今年は、ちょっとでもその芽が出るといいな!

◆友人関係/人間関係
タンゴのレッスン再開しよう!タンゴ練習会にも復帰しよう!ヨガの無い日だけね(笑) 趣味の会はとりあえず続行。男友達がとても増えてきた(笑)良い傾向である。既婚者が多いのが難点ではあるが(笑)
新しい友人を開拓したい!
将来の豆腐屋開業関連のための、何かしら布石を打ちたいな!採算も大切だが、私は救済プログラムとして(笑)豆腐屋を開業すると決めている。

と、毎月同じであるな(笑)

そうだ、今月はこんなのも!

◆お金!
何だか知らないけど、現金がどんどんやってくる!(笑) お金の事をあまり深刻に考えないのだけど、是非、どんどん来て頂きたい!(笑)ウェルカムですよ!
[PR]
by almarai | 2005-12-01 16:34 | 直感コメント

火星が大接近の日、私は・・・。

今日は、記念すべき火星大接近の日であるらしい。が、瞬間が修行な魔術師見習としては、特に星を見に行くツアーも挙行せず、フツーの暮らしを粛々と継続するのみ、、ちゅうのは、ちょっとしたエクスキューズで(笑) 

最近、爆発的な不動産開発ラッシュで、そこら中工事中なこの国。そのせいか、妙にホコリっぽくて、なんか視界が悪いのだ。
星を見に行くのもいいが、アレだねー、砂漠なんか障害物が無くて見物に丁度いいのかもですが、4駆ないしねえー。
それに、夏の最中で、暑い!

という事項が重なり、特に何かする事もなく、普通に友人に会い、本日のお題目は「切干大根製作」なんである。
友人は韓国スーパーで「韓国からし味噌」をゲットしたそうで、どうやら焼肉屋でサンチュに巻いて食べるあの「味噌」ではないか?という事で、本日、食すことになっています。

火星が接近しようが、こうして私の日常は日常として、そこに存在しつづけるのであった。

その後、例によってビクラムヨガクラスに行く予定。
ヨガ先生の親分、ブライアン先生に、最近は毎回「誉められて」(笑)いる私。なんつーか、毎回、マジメに限界に挑戦してるワタクシですから。
ワシのポーズを終えた後、ブライアン先生は私の側に来て「素晴らしい集中力だ!ワンダフル!」と言っていた。

うーん。確かに集中してるけど、巻いてる足(笑)が、立ってる足のふくらはぎ、に巻きつかないのである。クラスを眺めてみると、初心者であれ何であれ、殆どの女性はコレが出来ている。
出来てないのは、私と、凄いO脚のイラニアン美人と、男性だけ(笑)
私はO脚ではない。が、フレキシビリティに欠けるのか何か、全然、足が巻きつかないのよ。
なので、いくら「集中力」を誉められてもさー、満足出来無いのであった。

以前は少しでも手を抜いてると、ブライアン先生はスーっとやって来て「厳しく指導」するので、私は最近、あまり手抜きもせずに、精進している。そのせいか、クラスの後には、だいたい「Well Done!」とか声をかけてくれるのであった。

若いハイジ先生には、「ビクラムのトレーナーコースに参加しないか?」と勧誘された。そりゃ、毎日せっせと通ってる私を見たら、そう思うのかも知れない。
私は「いやー、チベットの山へ行こうと思って、これはそのトレーニングなのよー。」なんて答えていた。

人に教える、という選択は私の辞書に無い(笑) 考えた事も無い。ヨガに至っては、未だに究極の初心者と自己認識しているので、教えるなんてトンデモない。
ワシのポーズも出来無いし、木のポーズから座って片足でバランスを取るのも、まだまだ、両手を床につけていないとバランスを取れない私なのである。

ヨガは自分が「気持ちええ!」と思ってるから通ってる。それだけ、なんであるね。この修行が山行へのトレーニングになるような気は、あまりしないし。

私のストレッチ体操のようなヨガでは「三昧の境地」なんかに、至る事も至難のワザのような気がするけど、ヨガの奥義ってば、


≪ヨーガの成就 ≫

湖面のさざ波が月の姿を正しく映さないように、

私たちの心のざわめきが真実を覆い隠している。

ヨーガによって心のざわめきを静めたなら、

真の自己は自ら輝きでるだろう。


=====================

そんな心境になってみたいもんだねえ(笑)


さて、これは「ガジャランタ」という名前だそうである。私がネパールで最初に感動した「出会い」。
この街に一箇所だけガジャランタが存在しているが、この気候のお陰で、先日もガジャランタの花が咲いていた。3ヶ月前にも咲いていたが・・・(笑)
これは、私の癒しの花、なので、火星接近の日でもあるし、ココへ置いて置こう。

ネパール、モンキーテンプルのガジャランタ

d0025733_17201375.jpg

[PR]
by almarai | 2005-08-27 17:23 | 直感コメント

マスタークレンズに向けての心構え

さて、思いつきのマスタークレンズ!(笑)ボチボチ準備でもすっかな、っと。
今日はビクラムヨガが8時からなので、その前にこの都市唯一のオーガニックshopへ行って、メープルシロップとレモン、ライムをgetしようかと。
そういえば、ここで買ったイタリア製の玄米は、とーっても美味しいので、真空パックで長持ちしそうだし、早速、買占めておこうかと思ってます。買占め、大好き!(爆)

マスタークレンズは2週間を予定してるけど、2週間食べないと思うと、普段食べないよーなものが妙に食べたくなる不思議。
今日は忙しくてランチが午後4時。私はお弁当持ってきてるけど、なんだか妙にタッブレ(パセリを刻んでレモンとオリーブオイルで仕上げたポピュラーなアラブ(レバニーズ)料理とホムス!(ひよこ豆のペーストでアラブ料理の定番)を隣のモールのフードコートに行ってテイクawayしただす。

2日前は玉子焼きなんか作ったしな(笑)お腹空いてないのに、思考が意識がセコくなって欲しがる、という感じ。

クレンズするのは肉体だけでなく、古い思考パターンや、思い込みや、蓄積した体験に基いた「ジャッジメント(判断)」とか、そういうのもキレイさっぱりしたい感じ。
思い込み、そんなものがたくさんあるのに気が付いた。
空になりたい、無になりたい、心からそう思うのである。そう思うのに、通常の自分はその逆、溜め込み、詰め込み、ひぃひぃしてるから、人間って良くワカランねえ。

でも、このクレンズが大きなブレイクスルーになる、というか仕上げであり始まりなんだなあ、と確信を持っている。
だって、全てが、そういう流れになっていて、あちこちに落ちてたパズルをかき集めると、「浄化」という文字が出来あがった、感じがする。
クレンズする前に思うから、期待、なのかもだが、なーんとなく、私はこれで深酒人生(爆)ともお別れね、という気がする。もう、たくさん飲んだからイイや、って感じ(笑)

私のカラダもね、アルコール分解に多大なエネルギーを毎日毎日費やしていたので、もう、解放してあげよう、そんな気がするのだな。肝臓、とても丈夫でありがたいけど、ここ数年、肝臓君もオーバーワークでございました。すまんのうー。

喫煙は、ヨガ強化月間に入ったら、いつのまにか止めてました(笑) まあ、私は会社では吸わない、家の中でも吸わないので夜、人の家とか飲み屋でしか吸わないのですが。
毎日飲んでたので、毎日喫煙してたんだよね、結局。
で、ヨガで汗流すと、汗がタバコの臭いがして、凄く気分悪かった(笑)おえおえーって感じ。やめよう、なんて思ってないのに、タバコ自体が思考から、意識から消滅しました(笑)

私は常々思うの。世の中、人の道は振り子のようだと。右の限界まで振れたと思ったら、反対側、左の限界まで行く。左右の、対極の限界を知って、はじめて「ニュートラル」が位置できるのかな、と。あくまで、私にとって、のニュートラルですが。

散々飲酒に明け暮れ、そして今度は反対側へ。忙しいな、ヒトの人生って(笑)
以前、数回実行した断食では、結構飲んでいたのよね、実は(笑)私にとって、ビールは水と一緒、というとんでもないエクスキューズに導かれ、固形物は摂食しなかったけど、ビールは飲んでいた。誘惑に負けていた、のであった(恥)

今回はね、2週間アルコールもさようなら。2週間飲まない、なんてここ数年の私には考えられない事である、、って、まるで「ヤマタノオロチ」みたいじゃないの、アタクシ(笑)

メープルとカイエンペッパー入りのレモネードを飲むのを今から楽しみにしている。結果に対する執着は捨て、ま、経過を楽しみたい(^^)
食に充当していた時間を瞑想やら、他の活動に割当てよう、とか。あれこれ考えてるだけで楽しい(^^)

今は、いろんな出来事が、結局は一つの流れだったのねえ、という感じかな。上手く出来てるよね、宇宙ってーヤツは。
これもね、魔法使いの儀式ですがな。浄化、浄化。

友人に私は既にヨガ強化月間開始あたりから、玄米食も並行して開始してるので、随分とクリアーにクレンジングされてるのでは?と言われた。なので、純度が高まると余計にネガティブを感じるから気をつけなはれ、と。
うーん。それは考えてなかったな。以前の私はネガティブが恋人(爆)みたいな否定的な人間だったから。
それに比較したら、格段に前向きになってネガティブを引き寄せなくなったと思う。これも、振り子現象ですかな(笑)
ネガティブな念を取り込まないように、自分をプロテクションするのも大切だもんね。

ヨガまであと2時間。消化は終わるのか?ランチが遅すぎ消化が・・・(笑)

明日はもう週末!ブラジル系フィンランド人の若い兄ちゃん、というか息子?(爆)と晩御飯食べてから、友人の家のHouse Cooling Partyにいくです。
この家、COTN TOWERという平屋建て(爆) たくさんの仲間内のパーティしただすなあ。テーマナイトやら、ミステリーナイト、友人のポップスライブ演奏会、おなじみBBQ。何故か太平洋戦争開戦記念パーティ、(私は50人分のカレー、牛肉のたたき、鳥から揚げを作り、寿司の出前(高かった!)をアレンジし、疲労困憊し、パーティの途中で寝てしまった(笑))、クリスマス、誕生会、様々な思い出がいっぱいの家。
8月で取り壊される事になり、最後のパーティという事なのである。

家主も、ハッピーな独身生活中に、キュートなGFが出来て、ラブラブだったけど、ある日彼女が他の男に走り、その男と婚約してもずっと待ち続け、婚約が破棄されて彼女が彼の元に戻って、数ヶ月で結婚したのである。
私とは気が合って、良く話してたので奥さんには随分あけすけに嫉妬されたもんだす。
彼女が婚約までしてたのに、どうして待てたの?と聞いたら、「わかんない。」(笑)そんな彼も今はパパになって、しみじみしてました(笑)
気が強そうで自分勝手そうな彼女がお母さんになったら、別人になってしまいました(笑)

人生、いろいろあるから、おもしろいですね。
[PR]
by Almarai | 2005-07-06 23:11 | 直感コメント

魔法使いとオームの指輪とブラーミン様とクローズしたカルマの環

ゴタゴタした日常に戻ると、ネパールでの短い休日が、随分昔の事に思えたりする。

昨日、本屋へ行って、欲しかった本をゲット!実は先週行ったけど、「つり銭がない」を理由に売って貰えなかった!(爆)そんなのアリ?
でゲットした本はパウロ・コエーリョの新作、「The Zahir」。私はこの人の本は全部読んでいます。読んだ事の無い人も名作「アルケミスト」一読の価値ありです。私はアルケミストとチョプラ博士の「The way of Wezard」を読んで、魔法使いになろーと決意したほどだ(笑)

新作は・・・ちゅうてもまだ30ページ程度しか読んでないけど、著者の私小説風になっている。だから全部を読んでる私には、「うんうん、あれね!」という感じでスイスイと読める。
ブラジル人の著者はポルトガル語でオリジナルを作り、英語版は翻訳物になるらしいけど、英語が平坦でとても読みやすいです!
チョプラ博士の英語はね、なんかちょびっと難解な言い回しを多様してる感じがするけど、パウロの本は絵本みたいです(笑)

余談ながら著者のパウロ・コエーリョは、どっかの魔術集団のメンバーらしい。The Pilgrimage、邦題「星の巡礼」なんか、魔術儀式そのもの、という感じがしたもんね(笑)一気にファンになっちゃいました。

そして、この本を読みながら、急に「オームのペンダント」を思い出したのである。

それは私がアタフタとネパール行きのパッキングをしていた出発当日。私は普段はルビーのペンダントをつけている。ほぼ毎日ずーっとつけている。というかメンドクサイので外した事が無い。
ネパール行きに当たって、何を思ったか「そうだ!ネパールはヒンドウー教の盛んな国でもあるので、オームペンダントを付けて行こう!」という発想がよぎったのである。

私が前パートナーのブラーミン様とこの国に来た頃、初めてみる「インディアンジュエリー」に圧倒されていた。22金の黄色さも去る事ながら、そのデザイン、細工、どれをとっても素晴らしいものであった。ブラーミン様は、いつも台所廻り品ばかり買いたがる私に呆れていた。そして「ガラクタを買わずに、もっと価値のある、、例えば金とか、を買ったらどうだ、」と言われていた。
彼には台所用品はガラクタ、であったのだ。
なので、なんかあると、バングルとかネックレスとかを買ってくれた。私といえば、宝飾品には全然関心が無くて、相変わらず皿だとかティーポットの事を考えていたのである。
余談だが、紅茶を飲まない私、ブラーミン様と別れる時にカップボードを覗いたら、ティーポットが6個もあった(爆)
そしてかなり大きなキッチンであったが、もう物が入らないほどに在庫に溢れていた(爆)料理に使うものなら、何でも揃っていた。

宝飾品に関心は無いとはいえ、日本から持って来た少しばかりの宝飾品はあった。パリやチューリッヒの有名店で買ったので、価値は無いにしろ、値段は高かったんだぜ、ってな逸品(笑)
パリの三越で前夫が買ったアンティークのステンドグラス風のペンダントヘッド、チューリッヒの有名店、なんとかクリフで買ったサファイアの指輪、バンコクの免税店でやはり前夫が買った、大きなネックレス。そして私が蓄財と思って買っていた24金のクルーガーランド金貨!金貨とそのフレームとネックレス、、etc、、まあ、支払った金額は100万円を越えるだろうと思う。

私はこの国に来て間もない頃に、ブラーミン様に何かの機会にギフトをあげよう、でもギフトだから自分のお金で買わなくちゃ、と思い、全然使わなかった上記金品を持って、ゴールド市場へ行ったのである。
私はそういうトコにはいつも彼と行っていたので、一人で行くのは初めてであった。何しろ現金が欲しかった。それで彼にオームのペンダントヘッドを買いたかったのである。

私なりに価値のあった小物ジュエリーは、なんと、全部いっしょくたにされて「計り買い」であった。そう、インド人に18金のアンティークだ、パリの三越だ、チューリッヒのバン&アーベルクリフだ、と言っても何のインパクトも無いのである(爆)
確か、二つのオームペンダントと金のネックレス(22金)を買えた程度にしかならなかったので、3万円程度だったろと思う。

私の「こころを込めたプレゼント」に感謝の言葉も無く、ブラーミン様は、一人で市場を知りもしないのにゴールド市場に行って騙されたこと、彼に言わずに一人で行った事に激怒していた。
なんとも悲しい思い出ではある。
私が彼のお金でなく、自分のお金で彼に何か買ってあげたい、というナイーブな気持ちはあっさりと捨てられたのである。

私もこういう事で学べばいいものを(笑)、ブラーミン様とはその後も、似たような事件が星の数ほども起きて(爆)関係は「終焉」「破壊」に、果てしなく向かなくかっていったのである。

オームペンダントはその時に自分に買ったもの。その後もずっと肌身離さず身に付けていた。オーム(サンスクリットで一文字)を円でかたどったもの。とても素敵なデザインで、多くのインド人から誉められたものだ。(除くブラーミン様・笑)

ちょっとした富豪だったブラーミン様は、そこそこ宝石を買ってくれていた。あの人も不思議な人で、洋服のセンスとか無いのに宝石とか、金細工とか高額なものになると、なんだか突然センスの良い人になる(笑)
彼が私に買って来たダイアモンドとサファイアをちりばめたブレスレットとか、そういうのを見た友人女性はみんな「あなたのセンスで買ってきて欲しい!」と言っていたほどだ。
私は当時、不毛の専業主婦をしていて(爆)、宝石なんかには全く関心が無かったのであった。

ブラーミン様はその後、ビジネス世界で暗黒時代に突入。同時に私もエンジニアとして働き出した。その頃、ブラーミン様の娘が入れ替わり(二人いる)、遊びに来た。しかし、暗黒時代のブラーミン様は、かつて富豪だった頃に娘に買い与えていたような事は出来なくなっていた。
娘も状況は把握していたと思う。
でも、私は他人だ。そして日本人。「手ぶら」で娘を帰せなくて、タンスのこやし化していた宝石類を少しずつ娘にプレゼントした。もちろん、ブラーミン様に了解を取ったけど、渋い顔で「君にあげたものだから、君の好きにすればいい。」と言われた。あなたの娘にあげるんだから、いいじゃない!喜んだらどうなの?と言うと、「娘達にはもう充分すぎるほど買い与えてある。」との事だった。

しかし、一つ、また一つと娘に献上し(笑)、最後には米国留学した娘に会いにブラーミン様が渡米する頃、バングルをそれぞれの娘に、とムッとする彼を尻目に渡していた。
ちなみに、ブラーミン様みたいなオールドファッションageだと、バングルは半ダースで買う。6本セット(同じやつ)だ。要りもしないのに(笑)買ってくれたので、結構貯まっていたのである。

結局、ブラーミン様からいただいた宝飾品は、一つ残らず、彼の娘の手に渡った。還元、とでもいいましょうか?(笑)

オームのペンダントがルビーにとってかわり、全く使わなくなっても、こればかりは人に上げることもできずに、私のちいさな宝石箱で埋もれていたのである。
何故かネパール前にそれを思い出して、身につける事にした、のである。

私はカトマンズからポカラへ行く国内線で、知人に劇似のネパール人女性に会う。会った夜に食事に行き、私のブラーミン様との生活、カタコトのヒンディ語とかで大いに盛り上がった。
そして、私は胸からオームのペンダントを外し、そのネパール女性にプレゼントしたのである。
彼女が感激した事は言うまでも無い。

あー、このオームペンダントは彼女に会うために、あの出発のドサクサに私を呼んだのか、と思い納得したのであった。私にしても、今後使う事もないであろうオームペンダントを、最適の人にプレゼントできて本当に良かった、と思った。
後で聞いたら、彼女の家の小さな祭壇(ヒンドウー教の人はだいたい家に持ってる)に飾ったと、特別な感じがする、ととても嬉しそうであった。

ネパールから戻り、ブラーミン様とは帰国を報告し、良かった、良かったと電話で話をした。別れて2年が過ぎた今まで、ブラーミン様とは会わないまでも、電話でよく話していたし、彼に中国人のGFが出来ても、私は別に嫉妬もせず、逆に、「私の後じゃ、誰でも大変だろうな。」(爆)なんてオゴリ高ぶったりしていた(笑)

ネパールから戻って以来、そのブラーミン様にパタリと電話しなくなったし、彼からも全く電話が無いのに昨夜、パウロの本を読んで気が付いたのである。

やっと、カルマの環が閉じられたのかな?と思ってしまった。最後まで残っていたオームのペンダント。あれが「象徴」だったのかもなあと。

d0025733_15173129.jpg

[PR]
by almarai | 2005-06-26 15:17 | 直感コメント

宇宙からの贈り物は、Oshoの言葉?

いろいろな思いが交錯する中、早朝ヨガはちゃんと続いている。
今日も朝ヨガ教室。私はアタフタするのが苦手なので、結構早い時間に行って「ヨガ文庫」を読むのが好きです。
ヨガ教室の待合スペースに本や雑誌が置いてあるのです。

今朝は、なぜか「Osho通信」を手にとってしまった。私はOsho苦手なのにもかかわらず、だ。
Oshoが苦手、なんじゃなくて、Osho関係の人、さにやしん、とかが(日本人しか見たことないけども)、結構苦手。

何故か手に取り開いてみると、Relationshipに関しての記述があった。概略すると、

一人でいる、つまり他者と深く関与しない環境に自分を置けば、問題も無く、煩わしさにエネルギーを消失する事も無い。
が、一方で、他者との関係から挫折や失敗、苦い思いを経験しない人間は、いつまで経っても子供である。
全く失敗や苦しみの無い人間が(いたと仮定して)いたら、それはそれは些細な事で人生そのものが崩壊してしまうだろう。
人間は人間が必要だ。その関係のコンフリクトから何かを学び、成長していく。問題は大きければ大きいほど、学びも大きい。
だから、小難しい相手を選びなさい。難しければ、難しいほど良い。

そんな事が書いてあった。ナルホド。みんな「優しくてお金持ちで運が良くて笑顔でセクシーで背が高くてユーモアがあって」なんて思うけど、「難しい人」とは考えないからな(笑)
なんか、こうして視点を変えていくと、ホント、身の回りの「問題」って実は問題でなく、問題視する自分の発想に問題の原因がある事が明確になる。

ミゲイルの過激なアドバイスは「S君に言いなさい。S君をセックスの練習台にさせてくれと。」

さすがラティノでゲイとなると、発想が違うね。練習、って、あーた(爆)
さらにミゲイルは言った。「あなたの人生、これから先もずーっと一人!だからさ、その辺に男が登場したら楽しみなさいよ。楽しめない男はパス!」
ミゲイルにS君との週末の話をすると、「アナタ、彼と結婚したいの?」「え??そんな、まだ良く知らないし・・・。」「そ。いいわ。知らないなら知ればいいのよ。セックスが一番男を知れるわよ。」
「はあ・・・。」 ミゲイルは何度も「アナタがリードして、あなたが方向性を決めるのよ。」と言う。

それを聞いていたエレノアに、後で言われた。「ミゲイルはミゲイル。ちゃんと自分の価値観で判断してね。」と。ありがとう、友よ。

でも、仮に私がS君に「練習台になってくれ!」と言ったらどうなるんだろうか?(笑)非常に感心がある。言いたいような気さえしてきた(笑)
S君は私がヨガに夢中だったり、師匠のワークショップの手伝いしたり(スピリチュアル系ね。)、なんか禅の瞑想だどうしたこうした、なんて話を熱く他人と語ってるのを垣間見てるから、そんな私がそんな発言すると思ってないから、さぞや驚くだろうなぁー!

で。
練習相手をお願いしても、まさかNoって言わないよな?(爆)
そんなS君から月曜のパーティのお知らせメールが来ていた。私は今ヨガ強化月間中で月曜の夜もヨガ、毎日ヨガ!だと返事したら、「遅れてもいいから、ヨガ後においでよ。」と。

でもあれだな。私のように基本的にマジメな人間(爆)には、ミゲイルみたいなアドバイスで気楽に柔らかくなる必要があるのかもです。
とブログがS君一色になっちゃった。。。 てへへ。


私のこころはヒマワリ♪


d0025733_18254434.jpg

[PR]
by almarai | 2005-06-25 18:25 | 直感コメント

つらつらと思う未来

明日の夜はカトマンズ行きの飛行機に乗ってる私?うげ!なーんもしてないねえ。
パッキングリストも、その下資料も何も無い。こんなに無防備な旅は初めて。
今読んでる本を数冊持っていく。何かあったらずっと読書してりゃいいしな(笑)いくらネパールでも本屋くらいあるだろうから、そこで買ってもいいし。

ネットで魔法使いとか仙人とか検索したけど(笑) そんな自分を「くすくす」と笑う自分もいとおかし(^^) でも、会えたらいいよね。遥か遠くのヒマラヤの山頂から光に乗って現れる仙人(笑)で、魔法のクスリくれるとか、秘密のマントラを伝授するとか、、、、(笑)
いや、わかんないよ、世の中何が起きるか!

楽しい一人旅!になる予感。ネパールだからインドを山の上に持っていった感じ?(笑)ま、何でもいいや。
昨夜、電話でタニヤやSの事を「彼は魚のよう。」と表現する。サカナ、ねえ(笑)感情が無いって言ってたなあ。以前は「カラッポ」って言ってたし(笑)
まあ、良い。彼の行為につべこべしないんだ。だからまたどっかで会ったらフツーにするだろう。

ん?これってPと一緒じゃん!
Pは昨日メールが来て「あなたのアドバイスを受け入れて、土地料金の支払いは自分が直接キャッシュ持って再度スリランカに行き、手渡します。」ってあったのでネパールへは行かないと。
飲んで話してた時に、スリランカへの送金は危険を伴う、騙されるケースも多い、国中が腐敗してる、、って話になったので、飛行機代安いし、心配なら直接持っていけば?お腹の空いた人の前に御馳走を出して「食べるな!」というような行為は止めようよ、と話していたのである。

私は今、7Habits、多分、日本語では「成功するための7つの習慣」という題名だと思うけど、それを読んでいて、とてもインスパイアされている(単純)
ナニゴトも「じぶん」という視点から、そして自分はクリエーターで、「私という宇宙の生産責任者」であると。自分のMissionを理解し、それに沿った行動を常に意識する、と、そんな感じ。
なんでハマッてるかというと、前はその逆だったから(笑)

でも、プロアクティブを意識して行動していると、なんか自分の中心がハッキリするような気がする。同時に周りの人に対しても、思いやりというか慈悲の心で接することが「自然に」できるような気がする。
私は一切自分から電話したりメールしたりしない人だった(笑)のだが、それを180℃転換したのである。

何で何もしなかったかというと、「起きるべき事はただ、起こる。だから何もしなくて良い。」と勘違いしていたのだ(爆) リアクションの人、だったのです。だから他人の行為・言動に振り回されていたのであーる。

今度は180℃の転換。知り合いに久しぶりに電話したり、メールしたり。ボスに賃上げ要求してみたり(笑)今までしなかった事をしてみたら、来る来るリアクション!当たり前ですよね、私が波紋を投げてるのですから。

以前の勘違いは、「与えたものが、受取るもの。」「自分から外に向かったものは、何であれ自分に還ってくる。」という宇宙の法則、エネルギー平衡の法則を無視していた。
私は何もしない、何も問い掛けなかった、からマジで何も起きなかった(爆)そら、そうだよね。
愛は与えるもの、なんだからさ。

私が投げかけた「問い」が還ってくる。それは何であれ、問いと同等だと思う。そこで何かが完結する、そんな気がする。
賃上げを要求したらボスはなんだり、かんだり言っていた。まあ、良い。それが私が投げかけた問いに関する、彼のリアクション。私は暖かく、有り難く受け入れる。
が、受け入れるという事は、カルマの完結という意味で「彼の言いなりになる。」という事ではない。
ボスの言い分に対して「あー、そうですか。そうお考えですか。ワカリマシタ!」それだけ。

そこには判断も、それに対する感情も、アタシが6年も奉公してきたのに云々とかいう愚痴とか(爆)一切、無いのです。無くしたの。「ワカリマシタ!」という結論を選択するのは「わたし」だから。
賃上げを要求したのは私の自由意思で、それに対してのボスのリアクションも彼の選択。そう、そういうレベルで全く同等、与えたものが還ってきた!だけの事なんですね。
そこでガッカリするのは、結果を期待するから。あらかじめ、こういう風にならんかいな、という結果を期待するから、なんですね。
チョプラ博士が、「執着を手放す、とは結果に執着しない、という事だ。」と言っていた。博士!さすがあ!その通りですね(^^)

私が決めた私の行為は「賃上げ要求」。でWhatever回答が来ても、それはそれ。私のシゴトは「賃上げ要求」を伝える、それだけなんである。
そして、ボスの機嫌やら、会社の状況とか「外的要因」で、私のコアが揺らぐ事はないし、そういう要因で私の幸・不幸も決定されない(^^)
って心境に満月を境になれました。あー、スッキリ!!

インスパイアされる本って新刊でも何でも無い。でも素晴らしい、完璧な順番でやってくるんだな、これが(笑)
コア・トランスフォーメーション、そして7 Habits、この順番でないと意味が無いちゅうか、なんちゅうか(^^)
[PR]
by almarai | 2005-05-24 16:37 | 直感コメント

Intuitionは週末の朝にかく語りき

うーん。
物凄く忙しいけど、これだけは記録しておこう。

人は「不変」な何かに到達するために、変化を繰り返していく。

相手のリアクションで左右される事のない思い、あるいは決意。
そういう思いを持ち続けよう。まずはS君相手に練習だ(笑)
それは恋愛だけでなく、生きるわたしの根源と繋がる「コンセプト」かもなあ。

自分のコアに自分を見る。
お金やパートナーや成功や名声ではなく、
わたし、というobject。

うーん、面白い!
あー、イソガシイ!!!!
[PR]
by almarai | 2005-05-19 15:49 | 直感コメント

成仏と覚醒と

ネット・シンクロフレンドにインスパイヤ-されて、成仏について考えた。

私の心の中で成仏した友人Y子。それなりの計らいもしたので、お陰様で風のウワサも聞こえて来ない。
もちろん、どこかで元気に活躍されているとは思いますが、私の中では「成仏」されたのです。
なので、良いも悪いもありません。全ては御心によって出会い、エネルギーの交換を繰り返し、
お互いの(一方的では無いと思うのです。)役割が無事終わった時点で、「成仏」となる。
だから、多分、来世で再会する事も無いような気がする。

かなり深く親交してたような気がするが、もう、あまり記憶に残ってないから不思議だ。実は先日、偶然どっかで会ったらしいが、私は彼女の隣に座っていた友人Pとハグしてペラペラ喋ってたけど、Y子には全く気がつかなかったのである。
まあ、場所が薄暗かったし、Pが立ち上がった、というのもあるしでね。
私の心の中、意識の中に、彼女と共鳴するものが消失した、そんな感じがするのである。

このケースは一見、一方的なように見える。私が一方的に関係を断ち切ったかのように表面上見える。が、違うのである(笑)これ、多分、深い部分でお互い納得してるんだと思う。この収束の仕方、でなければ成仏できないのである、きっと。
そう。どんな人間関係のカタチにしても、私が一人で勝手に全部思い通りにしてるわけでは、無い。必ず、どこか深い部分で「アグリーメント」が交わされている、と私は思っている。だから、何か気分悪い出来事が発生しても、「ま、私もOKしたんだし、しゃあないわい。」と比較的、アッサリと執着を手放せるのである。

ってなことを、「恋愛成就の作戦」みたいな文章を読んでいてヒラメイタのだ。その文章はパラレルワールドに言及していて、「意中の彼(彼女)と成就するパターンもあれば、そうでないパターンもあり、そのどの結末(ま、過程ですが)を選択するかはアナタ次第!」みたいな事が書いてあったんだな。
ナルホドなーと思った。私が経験、体験できる現実は非常に限定されているけど、この局所限定的な現実なんて、宇宙の大きさ、規模から比較したらもう、話にならぬほど、小さい範囲なんだろうと思うの。
そして一方で、このミクロな世界そのものが、宇宙なんですな(笑)自分が選択した現実、取りあえずその世界だけ考えて行こうかと。どっかで展開されてるであろう、違う世界の私とは、どこかでシンクロするかも知れないが、取りあえず、知覚が簡単な「いま」に意識を向けようか、と。

成仏するのは人ばかりとは限らない。出来事も、成仏するのである。イヤだなーっとずっと記憶にあった出来事とか。後になって、その意味を知る、ともう思い出す事も無く、記憶を呼び覚まそうという努力をしない限り、思い出す事も無くなる。成仏、するのである。

つらつらとそんな事を考えて、自分自身を振り返ると・・・・楽しい思い出って思い出そうと努力しないと出て来ない。なぜなら「あー、楽しかった!」で成仏してしまったから(笑)記憶にこびりついてる過去って、悔しさとか悲しさとか、そんな「カワイソーなわたくし」とか、「理不尽な出来事」とか、そういう「成仏できてない」事象なんではないかと思うのだ。
そっか。私は自分自身で何だってこんなネガティブな記憶ばかりなのか、って思ってたけど、成仏、がキーワードだったのね!(^^)
成仏してない思い、意識をないがしろにせず、ちゃんとその「意見」(笑)に耳を傾けてあげようかと思うの。そして最終的には、成仏していただく。

成仏が行き渡ると、なーんにも無くなり、やっと「いま」が見えてくるのかも知れないね。

トラック・バックの方法が良く分からないので、記事の引用が出来ませんが(^^)まいど、スバラシイ視点を与えてくれるネット・シンクロフレンドに感謝でございますどすえー(笑)
[PR]
by almarai | 2005-05-17 20:37 | 直感コメント

5月、6月は肉体の浄化月間と決定!!

ここ1週間、俄然、浄化に関心が高まっています。
それは友人が御馳走してくれた、「自家製雑穀ご飯」に端を発しているのだが。
その友人が「ニンジンジュース」を毎朝作って飲んでると聞き、実際に作って
くれたのだが、とても美味しかった!ので、私は「ミキサー」を購入して早速、
毎朝ジュース三昧、なんである。

友人のレシピは、ニンジン、パセリ、レモン、しょうが、そしてりんごジュース。
私は市販のジュースとか飲まない主義(笑)なので、水を入れてます。
りんごも入れてますが、りんごのパルプのせいで、ジュースというより、野菜
ペーストになってます。
が、味はなかなかイケル!

忙しい朝に、ニンジン1本バリバリ食べてたら時間かかるけど、ジュースなら
あっというまに摂取でき、消化もいいのであーる。
マクロバイオティックを少しだけ(笑)いじってみた私は、「食物は丸ごと!
頂きましょう!」に共感してるので、ジューサーでなくミキサーで、食物繊維
まで全部たいらげているのである。

私はクエン酸にも関心が高いので(笑)、ネットで調べたら、「グアバ」が最大の
含有量(ビタミンC)を誇ってるのを知り、すぐ!グアバ箱で買いました。って
一箱30個くらい入って、250円程度(^^)
今朝は、ニンジン、グアバ、パセリ(私はパセリ大好き!)というコンビネーション。
予想は見事に的中し、グアバの強烈なキャラクターで、パセリの存在も人参の
存在も消し飛んでいた。
こりゃ、エグイ感じのものを食する時は、グアバだな、と思いましたです。

そんな私が気になってるのは、「うこん!」そう。ターメリックである。
ターメリック、激安なのだけど、一体、どうやって摂取したものか思案中。
とりあえず購入して、スープでも作って振り掛けてみるとか?(笑)
キャベツ炒めに相性はいいのだけどね。キャベツと、ココナツ、クミンシード
なんか入れて炒めるだけ!
そうだ!先日、素晴らしい「ニガウリ」をスーパーで発見し、衝動買いしたの
だが、あれをターメリックで炒めよう(^^)

こうして「入れるもの」に細心の注意を払ったら、やはり、アレはまずいよな。
せかっくの努力が水の泡、ってもんだがにー。。。
カナダから古い友人が来て、1週間ほど滞在してるのだが、この友人、かつて
チムニー(煙突)の如くの喫煙家だったのに、カナダは煙草が高価なのと
禁煙運動が行き届き、吸う場所が無いので禁煙して5年!!!あんなに
吸ってたくせに(笑)自分がやめたら、喫煙者を目のカタキにする身勝手さ!
私に「ガン、ガン、ガーン!」と5分おきに、喫煙に因る健康への害を説くので
あった(笑)
もう、メンドクサイので吸ってない。そう吸ってないのである(笑)

残るは、酒!(笑)昨日は飲んでないよなー、そういえば。
ま、このまま一生飲まないなんて事は無理なので「2ヶ月」期限限定で浄化
をしてみようかと思い立った。

全ての野菜をオーがニックで、というわけにもいかないので、ま、朝の
野菜ジュース、ランチは玄米ご飯、夜は無し(笑)という感じかな。
3食食べれればいい!なんてのは神話に過ぎないのだ(笑)
私は少量でも3食なんか食べたら、大変な事になってしまう・・・。(笑)
ヨガの副作用(笑)で、プラーナからエネルギーを吸収できるようになったので
そんなに食べなくてもOKなのであった。

さて、5月6月は浄化月間と設定。
酒を減らし、煙草は禁煙の方向へもって行き、外食しないで、玄米ご飯を
弁当で持っていく!

これならできそうである(^^)

そして、出きる限りヨガ教室に通うのだ。
ビクラムヨガとハタヨガを併行して続けようと思う。

肉体浄化はこんな感じ。
精神的浄化は、やはり瞑想であろう(^^)そういや、最近してないので
また復活しなくちゃ。

これが「魔術修行」というのは、これといってしてないけど、私が私に戻る道、
それが私にとっての魔術修行に他ならない、そう思っている。

さて。
これがモスクの尖塔。ミナレットですね。
なかなかヨサゲな建築仕様でございますな。




d0025733_18223064.jpg

[PR]
by Almarai | 2005-05-02 18:25 | 直感コメント