またもカトマンズに行ける僥倖

諸般の事情で、休暇を取得せねばならない状況に。
ケープタウンだのサイプロスだのと候補が上がったが、結局、カトマンズにした。
カトマンズは私の選択である。ネパールの政情は良く知らないけど、タイよりはマシ?(笑)

今回は山登り無しで、カトマンズ1週間。適当に瞑想教室とか通って、モモ食べて、っと。
私がカトマンズで瞑想三昧に明け暮れてる頃、Pは自身の盛大な誕生会を開催してるハズ。

私がいなくてもPは死なないし(爆)、Pがいなくても私は死なない(笑)当たり前だわな。
でも、私がいなくなれば、私は「死ぬ」のである。
これが私が長年願ってやまなかった事である。自我の死。

でも。
自我を殺しちゃ、元も子も無いみたい。
そんな気がする。

聖人になりたい一方で、どう考えても、私と思考の方向が全然違う人に惹かれる。
中途半端に(私みたいに)こんな情報、無いほうがいいのかも。

However、私は今年中に婚約しますから(爆)
However、大切です(笑)
[PR]
by almarai | 2009-04-17 07:43 | 修行日記
<< 老眼鏡をたくさん持って、いざ!... 願望の向こう側にあるもの >>