カバラ2周目!!

人は自らを罰し、貶め、イタブリ、足を引っ張る傾向があるのか。
人、というより私自身のことだが(爆)

先週、ハートにざざざぁーと荒波を立てながら、結構、耐える1週間であった。耐えなきゃいけない理由は、自分で蒔いた種、Such As泥酔事件(爆)のリセット、なんだけども。
常日頃から、マメではないし、メンドクサガリで小心者なので、メールを出せば返事が来るかどうか気になり、返事が来ればそのサーカスティックな内容に一喜一憂したり(笑)ココロ休まるヒマがなかったんである。

おっと。これは自分で蒔いた種が発芽して、成長しただけじゃないか?
こんなもん、イラナイ!! じゃあ、そういう種、蒔くのやめよーっと。

と単純な発想のもと、一切のコミュニケーションを自粛、したのである(笑)もともと、そんなに頻繁にメールなんか送らないが、パッタリ、とやめた。
Pはある意味、積極的な人でな無いので、何の連絡も無かった(爆)
まあ、それっきり、って事は無いと思ったが、この場合、「私の汚点を払拭する」という狙いがあったので、まず、アクションを
取るのはPである事が必要だったのである。

木曜、ここでは週末であるが、残業でテンパッていた矢先にメッセージが来たが、私は携帯をサイレントにしてたので気がつかず
仕事に忙しかった。
午後10時頃携帯を見たら、Pより、丁寧な挨拶と、週末の予定はなんですか?例の宴会には参加するの?という内容のメッセージが
3時間も前に送付されていた。

あんなに心待ちにしていたのだから喜んでいいものを、残業で集中しすぎて、感情が沸き立つ元気が失せていた。
「おー。来たか。」という感じ。
ま、適当に返事して、「明日の宴会って、何それ?」という白々しい返事、というか、小難しい(私には)係争関係の書類の翻訳をしていた
ので、脳が切り替わらず、「宴会って何だったっけ?」 だったのである。
Pからは返事が無かった(笑)

やっとこさ残業を終え、家に帰ってホッと一安心。我に帰って「今、やっとこさ家に着いて、念願のビールにたどり着けました。
じゃあ、明日ね!」と爽やかなメッセージを送ったところ、Pからは速攻で、私のメッセージに対するジョークと「明日ね。」。
Pとメッセージ交換(当地では携帯によるテキストと呼ばれるメッセージ交換が主流)で、X(キスを意味する)をPがくっつけて
くるまでに3週間を要している(爆) 最近は全部Xで終わるけど。

そんなわけで、週末は2週間ぶりのデート?今回もさらなる発見というかプログレスが見られた。あまりスイートな事を言わない、
どっちかというと乱暴者を装っているPが、先週会えなくてとてもさびしかった。I Miss You、とのたまったのである。
まあ、誰もが簡単に言う言葉だけど、Pはそういうのが慎重というかシャイなのか、私に気が無いのか(爆)皆無だった、というか
あったのかもだが、私は泥酔していて記憶が無いんである(笑)

なかなかナイスな時間を過ごした。毎回そうであるが、PはPの身の上に起きたこと、離婚とかの要因やら遠因やらを
こと細かに話してくれる。私は聞き上手なので、「はー、そうなんだー。へー、そういう事もあるんだー。」と合いの手を
打ってひたすら聞いている。
話したいんだろう、と思って。私は男には話さないが、女友達には微に入り細に入り話してある、のでP関連は
セクシュアルな部分の話を細かくしてしまい(笑)、もしPと仲良くなって、友達に紹介、ってなったら、こっぱずかしい!
と最近思うよ(笑)ま、いいけど。

私は過去に囚われない、というとカッコつけすぎ。実際はメンドクサイので思い出さない。終わったことはほじくり返さない、
後悔はしない、と決めてるので、話さない。逃げた同居人だけは、趣味の会が同じなので経緯を語ってみたが、それも
他の話をしていて、「そういや、こういう事があってさー。」で、出てきただけ。

Pはどんな意図で過去を語りたがってるのか私にはわからない。友達と思ってんのかな。そういや、メイト、とか言うしな。
あれ、男性が男友達に使うので、私はあまり好きじゃないのだが、やめてくれ、ってのも面倒で言わない(笑)

確実にPとの関係が進捗している。
月末の山奥のキャンプ。私のスポーツカーは車高が低くて、ガタガタ道に不向きなのよね。なので、Pに「ねえ、一緒に
乗せていってくれます?私の車、オフロード全然ダメで。。」というと「もちろん!」
「あのさ、朝早く行けば前泊の人たちまだ寝てるから、気がつかないよ。それにテント別々に張れば、そんなに目立たない
し。。。。」
Pはしばし沈黙。
「僕はね、他人が何を言おうが気にしないからいい。でも君がこだわるから。。。。」

昨日の趣味の会。Pはとっても元気そうだった。何かいい事があったみたいに(笑)
その原因は、多分私なんだが(爆) 私は流れが速くなりそうなPとの関係になぜか
「これでいいんだろうか」とか思い始めている。
趣味の会は早々に退散。
黙って帰っちゃうのも何なんで、Pに「帰る」と言い残しさっさと帰宅し、9時には寝て
しまった(笑)


今朝方思ったこと。
不幸の種探しをするの、やめよーぜ(笑) 
こういうのも「選択肢」なので、選択しなきゃいいのだ。なんだってこういう風に破壊的
なんだろうか。

よい事を探せば、それなりにあるわけで。

まず、自分自身のハピネスに注力したいわなあ。。
[PR]
by almarai | 2009-02-09 13:32 | 修行日記
<< 願望の向こう側にあるもの 恩寵 >>