恩寵

さて、サクサクと2月。
今年、私の修行は大変充実しており、世俗的な事に変化が多く、蓄積してきた知識なんて、屁の役にも立たず、を痛感してる日々である(爆)
相変わらず、イヤだ、イヤだと抵抗しながら、リアクションの高波に呑まれております。
あ、そうだ、抵抗もする必要ないんだった!もう「癖」ですね、エンドレスなこの反応。

一方で、私の「聖なるビーチ」での体験は、世俗的な体験によって発生しがちな「厭世観」「自己嫌悪」(これ、大好き!爆)が大きく私を引き下げるわけだが、そんな私を「瞬間」で私に戻してくれるくらい、パワフルである。
まあ、覚醒とかにフォーカスをあててはいないけど、そういう種のものなのだろうと思う。ありがたいことである(笑)

世俗にまみれ、一方で、魂にやすらぎを見つけるという、良くワカラナイけど、何か「楽しいよ!」と思える日々を淡々と過ごしつつ、私はあることを決断した。
ま、単純なんだけども、カバラ本に「確実性」について書いてあったのよね。
自分で「決断」せよ。そして、それが「在る、いまここに在る」事に、一縷のダウトも持つな。なぜなら、それは「確信」であるとあなたが宣告したからである。

というような内容の事が書いてあって「なーるほど」と思ったのだ。意思のチカラね。

ので、ある事を年内に達成!!!!!と設定。いや、確定。そうなる、そうなっている。
それを達成する私のとるアクションは?と考えれば、何かしら楽しいかも知れないと。
節分だし、ちょうどいいや、と思ったの。

そしてある人の切なくも美しくも現実って厳しいよねえ、という文章を読んでいて「恩寵」という言葉がぐわーーーーん、と私の魂に響いたのである。

恩寵

私は恩寵に預かりながら(笑)年内達成に向けて、プロセスを開始したのである。ありがたいことである。
日々の生活には、達成したい目標、願望実現の「じゃま」「ブレーキ」になるようなものも散見する。エゴの仕業だ(笑)
散見する、というより「じゃま」だらけだ(爆)

そういうのをね、ひとつひとつ、炭火で何か焼く時みたいに、きれいにひっくり返していくのだ。
エゴ → 歓喜、へと。

全て表裏一体、なんだもんね。
そう、大きないわしを焼く時みたい?秋刀魚でもいいかど。
エゴの面がキレイに焼けたら、菜ばしでそうーっとひっくり返す。焼けてないと皮が網にくっついちゃうね(笑)
そして、きれいに両面焼き上げて、美味しく頂くと(笑)

私は今、エゴ面を焼いてるのかな(爆) そして、まもなくもう反面も美味しく焼き上げる。
焼き上げたら「美味しくいただく」わけだけど、もともと同じものなのだから、エゴが出てきた時点で「おいしい」ものには変わりないのよね。
焼いてる面が違うだけで。

そーかー、そういうことか(笑)

私は「恩寵」の助けを借りながら、こうしてゴールへと進んでいる。なんか楽しいです。
リアクションの前に、「ああ、これはこういうことか」と考える余裕も少し出てきたかな。
現実には、ものすごく些細な事で、会社で3時間くらい何も出来ない状態になってるもんなあ(爆)

今日からは「ああ、秋刀魚のエゴの面を焼いてる所です」って認識すればいいだけだ。そのうち焼けるでしょう(笑)
やけたら、そおーっとひっくり返せばいいのだ。

設定した目標。達成へのプロセス。今のとこ、楽しい!が勝ってるのでいいのかな、これで。ザワザワした感情だって思い切りあるけど、転換可能なので、大事に至ってないというか(笑)

昨日はがんばって何の連絡もしなかった。今日もしない。明日もしない。金曜の朝まで!!
理由は、少し沈静化が必要と思ったから。
ええ、その泥酔事件とか、私に不都合な事件(爆)を成仏させる期間が必要かなと。
そして、よーく考えたら最初の1週間、私は何の連絡もしなかったのだ。
そうだ、私の基本はソコだ!と思い出したのだ。リアクションしない。ここね。

それに今の私は何か、不用意に事象に振り回されているので、グランディングが必要なのです。ちょっとした軌道修正、リセット。

まあ、相手のあることでなんだけど、4日くらい連絡無いから終わる関係なら、それで終わってよし(爆)

ってなー、おい(笑)恩寵、とか言っておきながら(爆)
[PR]
by almarai | 2009-02-03 10:28 | 修行日記
<< カバラ2周目!! リアクションの波に呑まれて >>