チャイニーズニューイヤーとイスラム新年と魔術修行と。

明日はチャイニーズ・ニューイヤー。そして今年は、イスラム教の新年もこの新月である。

イスラムではヒジラ暦という太陰暦を使用している。確かヒジラ暦14xx年だったと思う。預言者モハマッドがイスラム教を開始したのが、7世紀、と言われている。
で、この太陰暦、月の運行を元にしているので、グレゴリアンカレンダーより、10日程度短いのである。さすがに中東でもヒジラ暦は使用していないが、宗教上の祭礼、記念日は未だにヒジラ暦を使用している。
ので、断食も巡礼も毎年10日ほど「早まって」いく不思議(笑) ちなみに今年のラマダンは10月辺りらしいが、私がこの土地に来た頃、ラマダンは4月に行われていたんである。

そんなイスラム暦とチャイニーズカレンダーの新年が合致するというのも、滅多に無い事である。きっと、エネルギーの流れも、変化してるのでは?と思いつつ、今日もヨガ教室に行ったら、美青年ベン先生も同じ様な事を言っていた(^^)

私のヨガは、ここにきて「目覚しい成長」を遂げている、と私は思っている(笑) 苦節4年、毎日のようにヨガをしてきて「腰があるという感覚」がやっと掴めたのである(爆)それから、「肩の感覚」も実感できるようになった。以前は、背中の上は肩かな?(笑)といった感じだったのである。そして、生涯において初めて味わう「私の背骨」感覚(笑)
背骨は生まれた時からあったけど(爆)、背骨に対する「意識」は持った事がなかったんである。

私、ものすごく凝ってた?(笑) ビクラムヨガは基本動作しかしない。それだけに、「正しいポーズ」が要求されるわけで、ビクラムに邁進していたら、カラダの各部の感覚、というのが実感できるようになったのである。大変な進歩?(笑)
まだ、感覚が戻らない部位は、「仙骨」と「ヒップジョイント」。さすがにストレッチして「痛い」という事はもうない。けど、例えばアジャストして貰っても、「それ以上動かない」という感じでびくともしない(笑)し、「い、痛い」という事も無い。無感覚?(笑)これを、今後、柔らかくしていくのだが、まあ、人生短し、ヨガは長し(笑)である。

私の取組んでる「鷲のポーズ」も、微妙に進歩してる「感じ」(笑) これが出来る頃、私はどうなってるんだろうか?(爆)

さて、ヨガと瞑想。日本古来の食事なんかをして、魔術師見習いらしい生活ぶり(笑)かな、なんつって。昨日はヨガの後家に帰り、さらに家の掃除をし、なぜか大嫌いなアイロンかけ(笑)を嬉々として実行してみた。「いつもしない事をする。」新年ね。

何かの目的を具体的に掲げているわけではないが、最近の修行の進捗度に合わせて顕著な変化といえば「私が世界の中心でいられる。」という事。これは個人の個性、性質に拠る所が大きいが、私は他人の心理を深読みしたり、気を必要以上に使うタイプで、相手のリアクションに敏感(爆)なので、案外、心落ち着く事がなかったのである。
先週末、酔っ払いのアイルランド人に絡まれたが、以前だったら、「憎悪」の感情を持っただろうが、何故か私はなーんとも思わなかったのである。そのアイリッシュ女は酔っ払ってたみたいで、私は「時候の挨拶」で「御主人元気?息子は元気?」と聞いただけなのだが、(以前、このアイリッシュは延々と旦那の愚痴を言っていたし、溺愛する息子の話もさんざん聞いていた)「あんた!私の旦那に関心でもあるの?そうなら、そう言いなさいよ!なんで旦那の話なんかするのよ!」と、こんな感じ。
私は謝罪して、非礼を詫びた。すると彼女はさらにエスカレートしたが、後はもう相手にしなかった。まあ、虫の居所ってやつ?かいな、と思ってオシマイ。

こういう理不尽な出来事が多いのが人生であるが、かつての私はかなり気分を左右されていた。一喜一憂、ってやつですね。そういう修行を選択して実践していたわけではないが、他人の行動にリアクションをして、その自分のリアクションに自分が感情を刺激される、という事が減った。激減した。
ナニが起きても変わらない、「不変な何か。」を自分の内側に見出す事ができて、実感する事が出来た、ような気がする。

これは「自己」という、不確実なものでなく、多分、普遍的に「ここにあるもの」ではないかと思う。

この「確たるコア」に触れる事ができると、多分、魔術修行にもかなり好影響を与えるはずである。なんというか「同調」「共鳴」という基本事項が素晴らしく向上したような気がするのである。
不思議なもんで、「できる状態」になったら「欲しい状態」から遠くなってしまった(笑) 良く言われる事だが、願望を持つというのは「欲しい」状態を確定する事である、と。欲しいというは、今無い、と同義語である。
私の魔術への憧憬も「無いから欲しくて憧れる」状態で、「魔術師になりたい」という要求ではなかったのかも?(笑)と思ったり。

魔術修行も何かの体系に沿ったものではなく、「じぶん流」でいいかな、と思っている。まずは瞑想を日課にし、断食をもう少し頻繁にしたいなと思う。で、どんな魔術師になりたいのだろう自分?(笑)
その辺から、考えてみよっかな。


ヨガ教室の前の道ばた(笑) デーツの木がそこら中に植栽されてるのです。


d0025733_2154589.jpg

[PR]
by almarai | 2006-01-29 21:54
<< 瞑想の風景 魔術師修行に光明?やっと混迷か... >>