私のヨガ事情-2006年冬版

ビクラムヨガも2ヶ月前にハイジ先生がコロラドに戻って、ティーチャーコースを終了したばかりの美青年、ベン先生が教えている。キャリアの長いハイジ先生は、自分の経験から多少、「ハイジ流」に手を加えていた様子。たとえば、開脚して前屈のポーズ、ハイジ先生は「背中をまっすぐに!」を優先順位第一位としてる教えなので、「ヒザを曲げてもいいから、背中を伸ばせ!」と指示していた。座っての足を揃えて伸ばしての前屈でもしかり。背筋を伸ばしてれば、足が曲がってもOK。

ベン先生は、多分、ティーチャ-ズコースを終えたばかりなので、ビクラムの教えに素直に沿って教えていると思われる。ので、開脚前屈も、「ヒザを伸ばして!」と元気良く叱咤してくれる。ハイジ先生のレッスンでは足と状態が重なり(ほぼ)額が床に付く事は無かったが、ベン先生に変わってから、足(ヒザ)も背中も真っ直ぐで、額が床に着く様になった。イヤー!感激!(笑)最近、あまり「進歩」が無いので、こういう事が起きると、非常に励みになる。

そして、最近、パッタリとコーヒーを止めて、「オーガニックルイボス茶」に切替えました。その影響なのか何か、ビクラムヨガで出る汗が半端でない。お茶を飲み始めて、すぐにこういう変化が起きたので、お茶の影響?何しろ、上に着てるノースリーブのTシャツ(ヨガトップというのか?)が、汗を吸収して「重い!」と感じるほど。
そして、足元は、ヨガマットにバスタオルが敷いてあるのだが、これが汗でびっしょりになって、足をずらすと、水分が溢れる音がするほど、なんである。
汗が噴出してる感じ?ビクラムを始める前の私は「汗をかかない人」だったのに!!カラダって変わるもんだねえー。

ところで、クリアヨガって何だろう?秘伝、らしいのだが、「あるヨギの自叙伝」を読んだ限りでは、呼吸法に特徴があるのかな?と思った。呼吸を停止する?技法なのかなー、ってなんとなく思っている。妙にそそられる(笑) こんな国に住んでると、グルに巡り合える可能性は難しい・・・・というか、「犯罪」に近い扱いを受けるので、公式には何も活動できない。ヨガはいいけど、「瞑想」はアウト。
でも。それが私に起こるべく事柄ならば、グルに巡り合えるだろう。そう思っている。どんな環境に身を置いても、「起こるべき事は起こる」のである。

先日、50台前半にしか見えない英国人で趣味でヨガを教えてる友人に会った。彼は実は69歳なのだが、若い若い!(笑)ヨガの話をしていて、「私は未だに鷲のポーズが出来無いよ!」と愚痴ったら、「俺だって出来無いよ!」(笑)と言われて、何か凄く安心した。
ソファに腰かけて、足を組み捻って「鷲のポーズ」を足だけしてみ?と言われてトライしたが出来なかった!(笑)友人に「座って出来無いのは立ってできるわけが無い!人のカラダは個性いろいろなんだから、出来無いポーズがあってもいいんだよ!」と慰められ(笑)、とても気分が和んでだのでした。

という感じで、ヨガの合間に雑用したり仕事に行ったりしている(笑)生活。
やればやるほど好きになって行くヨガって不思議!

砂漠のホテル。キンキラなホテルが多い中、ココは伝統的な建築様式で、ホッとする空間。とても好きになりました。


d0025733_222054.jpg

[PR]
by almarai | 2006-01-16 22:04
<< 2006年 ベジタリアン元年??? 素晴らしい出会い、素敵な人々! >>