魔術師の聖地、ロンドンに行って来た!しかし・・・

ひょんな事から、ロンドン行きが決定し、行ってきましたよ。
ロンドンは西洋魔術が盛んだったらしいけど、事前準備無しの旅だったので、西洋魔術に触れる事はございませんでした(笑)

アイルランドに10日。帰りの乗り継ぎでロンドンに2泊。アイルランド行きを決めた頃、カバラに関心が高かったので、「そうだ、ロンドンに行って、カバラセンター訪問しよう!」そう思ったのである。
ロンドンでは5つ星ホテルに泊まったのだが、カバラセンターは中心街にあるのでホテルとも近かったのだ。
ボンドストリートにあるのだが、物凄い人ごみであった。

都会に慣れてない、人ごみを歩くことに慣れてないため、ロンドンでは観光する気さえ起きなかった。
大英博物館とバッキンガム宮殿しか行ってない。あとはホテルの部屋で、大好きなBBCを観ていた。
一人で誰も知らない都会にいるって、物凄く寂しかった(爆)
サビシイ!って思ったのは、人生初かも知れない。私の携帯は海外で使用できないので、メッセージも送れない。
メンドクサくてネットカフェにも行けない(笑)
話し相手もいなくて、凄くさびしい思いをしていた。

んで、行ってみました、カバラセンター。
地味な看板。売店も狭い。
美形の店番が寄って来て、あれこれ説明してくれた。人と話すことが無かったため、嬉しくてオシャベリしてたら、「毎週月曜の夜にゾハール勉強会があるけど、明日、来る?」という事になって即決定。
翌日の夜、勉強会に参加しました。

勉強会で、この国に住んでて、1度だけ会ったカバリストに遭遇。驚いてしまった。聞けば休暇で3週間ロンドン滞在との事。
富豪の彼女は、当地の超高級アパートメントのペントハウスにお住い。一度訪問した事があったが、圧倒されてしまいました(笑)

勉強会に来てた人は、なんか、見た目もぱりっとしてて、成功してそうな感じの人が多かった。
ユダヤ教徒も多く、あの小さい小皿のような帽子をかぶっていた。
私は小寒いアイルランドからロンドンへ渡り、ロンドンは多少暖かかったけど、それでも冬物ジャケット着用し、くたびれたパンツとセーターという軽装で、ちょっと異彩を放ってしまったよ(爆)

勉強会は面白かった。
この国で開催されてたら、毎週行くのにな~、と残念に思ってしまった。
ロンドンのカバラセンターは、マドンナが寄付して大金をかけて改装したんだそうだ。

私はカバラセンターで、本やらCDやらをドカ買いしてしまった。これから、細々とした暮らしで帳尻合わせないと。。。。
[PR]
by almarai | 2009-08-07 14:31
老眼鏡をたくさん持って、いざ!... >>